SEARCH : TAG : エレン・ペイジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月 気になる公開作品

今月も気になるのいっぱい!
幸せもんだなぁ、わたしは。
ホントに、どれもかなり見たい!!

でも一番はやっぱりハリポタかなぁ。
だってシリーズ完結編!!!


「ハング・オーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」7/1公開

あの予想外の世界的大ヒットを飛ばしたコメディが帰ってきた~! 今度はステュが結婚。しかし彼らはまたあの大失態を繰り返してしまい……。舞台はバンコクです。

気になる度:★★★★★/5点満点


「マイティ・ソー」7/2公開

秀でた戦闘能力と傲慢さゆえに人間界に堕とされてしまった神ソーの物語。アメコミもので堕ちた人間界も現代だけど、監督はシェイクスピア作品で有名なケネス・ブラナー! ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、浅野忠信も出演!

気になる度:★★★★★/5点満点


「水曜日のエミリア」7/2公開

ナタリー・ポートマンが生まれて三日でわが子を失った悲しみと、夫の連れ子となかなか馴染めない苛立ちを抱えた女性を演じたファミリードラマ。観たいーー!

気になる度:★★★★★/5点満点


「ラスト・ターゲット」7/2公開

クルーニーが殺し屋に扮したアクション映画。きっと内容としてはそんなに目新しくはないんだろうけど、クルーニーの渋くて哀愁漂う観れれば十分…?

気になる度:★★★★/5点満点


「アイ・アム・ナンバー4」7/8公開

世界中に散らばる仲間がナンバーの順番で何者かに殺されていき、次は自分の番。少年は自分の能力を駆使し自分を狙う者たちから逃げることができるのか…?SFファンタジーアクションです。

気になる度:★★★★☆/5点満点


「ハリーポッターと死の秘宝 パート2」7/15公開

ついに世界的大ヒットファンタジーシリーズが終結。

気になる度:★★★★★★★/5点満点


「黄色い星の子供たち」7/23公開

胸に黄色い星のを着けることを強制されたナチス時代のユダヤ人たち。1942年フランス政府によって行われた史上最大のユダヤ人一斉検挙によって親と引き離され過酷な運命を強いられた子供たちを描いた映画。

気になる度:★★★★★/5点満点


「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」7/23公開

個人的にはそんなに好きじゃないんだけど、世界的な大作なので一応掲載。シリーズも第3弾!ミーガンは続投なしで、ヒロインが代替わりしてる。。

気になる度:★★★☆/5点満点


「スーパー!」7/30公開

冴えない夫が、妻を浮気相手から守るため、自前のコスチュームでスーパーヒーローに変身!? エレン・ペイジ、ケヴィン・ベーコン、リヴ・タイラー共演!すごい豪華~!(こんなポスターだけど)

気になる度:★★★★☆/5点満点


「カーズ2」7/30公開

ディスニーの人気3Dアニメに続編が登場!車をここまで擬人化するディズニーはさすがっ!

気になる度:★★★★/5点満点



「ローラーガールズダイアリーズ」★★★ ドリュー・バリモア&エレン・ペイジのガールズ・スポーツムービー

ローラーガールズ・ダイアリー ポスター ドリュー・バリモア エレン・ペイジ マーシャ・ゲイ・ハーデン


先日(というか数か月前…)縮毛矯正かけに美容院に行ってきました。
施術時間が長いとDVDを見せてくれるという、私をイチコロにするサービスを展開しているナイスな美容院なの。

ラインナップはごくポピュラーどころの映画のDVDが100本あまり。
しかし前回よりラインナップが確実に増えているところがスバラシイ

映画のDVDの中になぜか数本「スベらない話」とかのお笑い系が混ざっている。
観たいけど、一人で声あげて笑っちゃうと恥ずかしいので、なかなか手を伸ばせない。

今回は 「ローラーガールズ・ダイアリー」 を選んでみた。
オフィシャルサイトはこちら


ちなみに、
「コレにします!」
と担当の男性美容師さんに言うと、私をいつも担当してくれているほんのり東北弁訛りがキュートな彼は
「これ、僕も見ましたよ。途中までそんなに面白くないかなーと思ってたけど、最後に行くとすごく盛り上がって面白かったです!」
とのこと。
映画とか観なそう(勝手な想像)なのに、わざわざこんなガールズムービー観たの!?
お店に置くからちゃんと観とかなきゃという使命感に燃えて!?
さすが、エライ!!
と勝手にまた点数を加算してしまったのでした。(余談)


 あらすじ
退屈な田舎町に住む少女ブリス(エレン・ペイジ)は、母親(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の期待に添えようと勉強やミスコンを頑張る日々を送っていたが、どうもしっくりこない違和感を抱いていた。
そんなある日、彼女は「ローラーゲーム」というスポーツに出会う。それはミニスカート姿の女子たちがローラースケートでトラックを滑走しながら敵チームを追い抜くことで得点を決める、タフでスリリングなスポーツだった。
ブリスは一瞬にしてローラーゲームの虜になり、母親に内緒でさっそく練習を始める。
ファンは多いが連戦連敗の弱小チームの一員となったブリスは、全くのど素人から猛練習を積み、やがてスピードのある滑走を身につけ才能を発揮するようになる。
果たしてブリスは弱小チームを勝利に導くことができるのか…!?



ドリュー・バリモア エレン・ペイジローラーガールズ・ダイアリー ドリュー・バリモア エレン・ペイジ

女性向けロマンスやガールズムービーが得意なドリュー・バリモアの初監督作品。
製作・出演も兼任。
主演は「ジュノ」「インセプション」エレン・ペイジ
ざ・がーるずむーびー!だね。



アメリカン・クライム キャサリン・キーナー エレン・ペイジ ジェームス・フランコ
エレン・ペイジは個人的には「ジュノ」やコレのような、ヌケ感のある少女役好きだな。

「インセプション」(→レビュー)や、まして「ハード・キャンディ」(→レビュー)は気合入りすぎていてこわい……
ペイジ作品でまだ観てないので「アメリカン・クライム」というのがあるけど、これもこわそーー……


マーシャ・ゲイ・ハーデン
最近、映画でもテレビでもたくさん見るマーシャ・ゲイ・ハーデンがママ役で出演。
私がこの人をちゃんと認識し始めたのは「モナリザ・スマイル」からだったけど、いろんなキャラクターを幅広く演じてるなぁと感心する。
さっき調べていて知ったんだけど、2000年にアカデミー賞助演女優賞を受賞してたらしい。
そうなんだ、びっくりした。


ジュリエット・ルイス
あと、隠れた見どころ(?)は久しぶりに見たジュリエット・ルイス
相変わらず美人ではない。
そして、年取ったなぁ……




ええと、はっきり言って、そんなにめっちゃ面白いわけでもないというか…
出来はまぁまぁって感じの仕上がり。
ローラースケートのシーンとか、もうちょっと白熱してもよさそうな気もしたけどね。

美容院の彼は、評価がやさしめだったかなって感じでした。

あ、でもエレン・ペイジファンは見たほうがいいかも。
ぶたさんエプロン姿は必見!!





「ローラーガールズ・ダイアリー」
(WHIP IT)
2009年 アメリカ 112分
鑑賞:2011/2/20 
2011年 12本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る




2011年 第83回アカデミー賞 ノミネート作品が発表されたよ~!

毎年気になるアカデミー賞!
授賞式まであと1か月。

1/25にノミネート作品が発表されました~。

この中から、果たしでどれが受賞するかな~!?
さぁ、予測しよう! (ノミネート作品全部観てないくせに)


作品賞 ノミネート
去年からノミネート作品が10本になった作品賞。
去年の「カールじいさん~」に続き、今年もアニメ作品が1本ノミネート。
ええ~、これがぁ!?というサプライズノミネート作品は…去年よりは減ったかな(^ ^;A
本命は「英国王~」か「ソーシャル~」、「インセプション」の3本と思う!

127時間 ポスター ジェームズ・フランコ
「127時間」
127 Hours(2010年 アメリカ/イギリス) 2011/6日本公開
監督:ダニー・ボイル
原作:アーロン・ラルストン
脚本:ダニー・ボイル、サイモン・ボーフォイ
出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ
YouTubeで予告編(英語) >>  allcinema >>
2009年アカデミー賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督作。人里離れた大自然の峡谷でのロッククライミング中に落石に右腕を挟まれ、脱出もできず助けも呼べない状況に陥った男が、127時間後に彼が下した決断とは…? 奇跡の生還を描いた実話がベースの映画。
主演は「スパイダーマン」などのジェームズ・フランコ。



ブラック・スワン ポスター ナタリー・ポートマン
「ブラック・スワン」
BLACK SWAN(2010年 アメリカ) 2011/GW日本公開
監督:ダーレン・アロノフスキー
原案:アンドレス・ハインツ
脚本: マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクラフリン
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ
YouTubeで予告編 >>  allcinema >>
白鳥の湖の主役に抜擢されたバレリーナが、演技への不安や他のバレリーナへの嫉妬などに陥るサイコ・サスペンスドラマ。主演のナタリー・ポートマンはこの作品で数々の映画賞を受賞。共演はヴァンサン・カッセルなど。



ザ・ファイター ポスター マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベール
「ザ・ファイター」
THE FIGHTER(2010年 アメリカ) 2011/3/26日本公開
監督:デヴィッド・O・ラッセル
原案:キース・ドリントン、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン
脚本:スコット・シルヴァー、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン
出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ
YouTubeで予告編(英語) >>  allcinema >>
かつては有名プロボクサーだったがある試合に負けたことから堕落してしまいドラッグなどに手を出す兄と、三流アマチュアボクサーの弟が勝利を目指す、実話がベースの映画。
ゴールデングローブ賞でクリスチャン・ベールが助演男優賞、メリッサ・レオが助演女優賞を受賞。マーク・ウォールバーグとエイミー・アダムスもノミネートを果たしている。



インセプション ポスター クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ
「インセプション」 レビューはこちら
INCEPTION(2010年 アメリカ) 日本公開済
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン、 ピート・ポスルスウェイト、ルーカス・ハース
YouTubeで予告編(英語) >>  allcinema >>
若いのに実力を十分に認められたクリストファー・ノーラン監督が、またミステリアスな世界を映像化。他人の夢に入り込み機密情報などを盗む企業スパイの男が、ある企業の重役から強要された困難なミッションを果たすため、彼の夢に現れる妻に悩まされながらも、仲間を集めてターゲットの夢の中に侵入するSFミステリー。
夢の中の世界を奇想天外で複雑に構想・表現した手腕はさすがノーラン監督。そして出演陣がとっても豪華!!



キッズ・オールライト ポスター アネット・ベニング ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ ミア・ワシコウスカ
「キッズ・オールライト」
THE KIDS ARE ALL RIGHT(2010年 アメリカ) 2011/4/29公開
監督:リサ・チョロデンコ
脚本:リサ・チョロデンコ、スチュアート・ブルムバーグ
出演:アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン
YouTubeで予告編(英語) >>  allcinema >>
アネット・ベニング、ジュリアン・ムーアのレズビアンカップルと、彼女たちがそれぞれ匿名の精子提供をうけて生まれた子供たちを描いたファミリードラマ。 娘役のミア・ワシコウスカは「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス役の娘だよ。



英国王のスピーチ ポスター コリン・ファース ヘレナ=ボナム・カーター ジェフリー・ラッシュ
「英国王のスピーチ」
THE KING'S SPEECH(2010年 アメリカ/オーストラリア) 2011/2/26公開
監督:トム・フーパー
脚本:デヴィッド・サイドラー
出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース
YouTubeで予告編(英語) >>  allcinema >>
幼いころから吃音に悩む英国の実在の王ジョージ6世を描いた映画。第2次大戦が始まろうとする時代に、国を一つに団結させるスピーチを彼は行うことができるのか…? 主演のジョージ6世にコリン・ファース、王の妻役にヘレナ・ボナム=カーター、吃音を治療する医師にジェフリー・ラッシュと実力派勢揃い。ファースはゴールデングローブ賞受賞!



ソーシャル・ネットワーク ポスター
「ソーシャル・ネットワーク」 レビューはこちら
THE SOCIAL NETWORK(2010年 アメリカ) 日本公開済
監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:ベン・メズリック
脚本:アーロン・ソーキン
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ
YouTubeで予告編 >>  allcinema >>
世界に5億人の会員を持つ実在のSNS「フェイスブック」の誕生と爆発的な躍進を描いたドラマ。ゴールデングローブ賞では見事にドラマ部門作品賞、監督賞、脚本賞の3冠達成!



トイ・ストーリー3 ポスター
「トイ・ストーリー3」
TOY STORY 3(2010年 アメリカ) 2011/7/10公開
監督:リー・アンクリッチ
脚本:マイケル・アーント、ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ
出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ネッド・ビーティ、ドン・リックルズ、マイケル・キートン、ウォーレス・ショーン
YouTubeで予告編 >>  allcinema >>
アメリカでは大人気のシリーズの第3弾。批評家からもとても高い評価を得ているんだって。
今作ではおもちゃの持ち主の少年はすでに17歳になり、おもちゃたちは保育施設へ…



トゥルー・グリット ポスター ジェフ・ブリッジス マット・デイモン ジョシュ・ブローリン
「トゥルー・グリット」
TRUE GRIT(2010年 アメリカ) 2011/3/18公開
監督・脚本: ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
原作:チャールズ・ポーティス
出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー、ヘイリー・スタインフェルド
YouTubeで予告編 >>  allcinema >>
ジョン・ウェイン主演の69年西部劇映画「勇気ある追跡」をコーエン兄弟がリメイク。父親を殺された少女が大酒飲みの保安官に頼み、一緒に犯人追跡の旅に出る。



ウィンターズ・ボーン ポスター 
「ウィンターズ・ボーン」
WINTER'S BONE(2010年 アメリカ) 日本公開未定
監督:デブラ・グラニック
原作:ダニエル・ウッドレル
脚本:デブラ・グラニック、アン・ロッセリーニ
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント
YouTubeで予告編(英語)>>  allcinema >>
ドラッグの売人をしていた父親が自宅を抵当に入れた借金を残したまま蒸発してしまい、残された病気の母と幼い弟妹を守らなければいけなくなった少女が、父親を自ら裁判に来させるために裏社会に足を踏み入れてゆくヒューマンドラマ。主演はハリウッドの新星の呼び声もあるジェニファー・ローレンス。



監督賞 ノミネート
衝撃!「インセプション」のクリストファー・ノーランがノミネートされず!!
ノミニーズの中でアカデミー賞受賞経験があるのはコーエン兄弟だけ。デヴィッド・フィンチャーもノミネートまでしかしたことなかったんだねー。
今年は果たして誰が獲るのか…




主演男優賞 ノミネート
去年同賞を獲ったジェフ・ブリッジスが今年もまたノミネート、すばらしい!
ジェシー・アイゼンバーグみたいなキャリアがこれからの若手も、良い作品にめぐり会えさえすれば、ノミネート、そして受賞まで果たすこともある。それがアカデミー賞の良いところだ☆




主演女優賞 ノミネート
うーん、どれが有力ってぜんぜん見当つかないなぁ… ってよく考えたらノミネート作品1本も観てないや。
これが毎年残念↓↓ 授賞式前に全部観て予想したいのに~!!




助演男優賞 ノミネート
個人的には、今までいまいちパッとしなかったマーク・ラファロがノミネートされてることにびっくりした!
どんな演技を見せてくれてんの!? 映画早く観たいっ




助演女優賞 ノミネート
「ザ・ファイター」から2人ノミネート。うち1人は私の好きなエイミー・アダムス♪ まぁおそらく受賞は無理だろうけど…
ゴールデン・グローブ賞ではメリッサ・レオが受賞してるけど、アカデミーではいったい誰が…!?




他の賞のノミネートなどはこちらからチェックしてみてね~
all cinema 映画ニュース

「インセプション」★★★★ ノーラン監督の描くミステリアスで過激な「夢の」世界

インセプション ポスター クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ
「インセプション」やっと観てきたよ~!

ディカプリオをはじめ、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、渡辺謙、キリアン・マーフィなどなど豪華キャストが勢ぞろい。
監督は「メメント」「インソムニア」「バットマン」シリーズなど、ダークなミステリー・サスペンスに定評のあるクリストファー・ノーラン

何と言っても予告編の映像がタダゴトじゃないよね。
なんなのこの世界観~~!! これは見ないと……!
と思わせるあの映像には、抗えませぬ……



まずは、エッセンスがぎゅぎゅっと詰まった予告編、ご堪能ください




 あらすじ
他人の夢に入り込みその人間の頭の中にあるアイディアを盗み出す企業スパイの稼業で世界屈指の才能を持つコブ(ディカプリオ)と仲間のアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。彼らはある日巨大企業の有力者サイトー(渡辺謙)の夢に忍び込むが、本人に気付かれ、逆にある仕事を脅迫まがいに任されることに。
インセプション
インセプション マリオン・コティヤール 渡辺謙
インセプション レオナルド・ディカプリオ
インセプション 渡辺謙
その仕事とは、サイトーのライバル企業の後継ぎ息子ロバート(キリアン・マーフィ)に会社を潰させるアイディアを潜在意識に埋め込ませる(インセプション)というものだった。
インセプションは「まず不可能だ」と業界の者たちが口をそろえる非常に難しい行為。コブは、自殺した妻のモル(マリオン・コティヤール)のことで深刻な問題を抱えており、それが仕事にも影響を及ぼしていたが、困難なインセプションを引き受けることを決意する。アリアドネ(エレン・ペイジ)、イームス(トム・ハーディ)、ユスフ(ディリープ・ラオ)などの優秀な仲間を集め、ロバートの夢の中に侵入しインセプションを試みるが…
インセプション マリオン・コティヤール
インセプション エレン・ペイジ
インセプション
インセプション


意表を突く奇抜な要素は、映像だけじゃないんです。
夢に侵入しアイディアを盗むというコンセプト、そして他人の夢という不思議で予測不可能な世界を構築するというストーリー時代が、斬新で創造的。
クリストファー・ノーラン さすがは
クリストファー・ノーラン
監督・製作・脚本作品。



1回じゃわかんない!!ってくらいストーリーが複雑な部分もある。
だけど、
あの独特な世界を考えて表現した挑戦作を観るという意味では、激しくオススメ!!

渡辺謙も重要な役で大活躍(しかもオイシイ役どころ…)なので、そちらも合わせてぜひ堪能してね



「インセプション」
(INCEPTION)
2010年 アメリカ 148分
鑑賞:2010/8/25 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2010年 43本目/目標120本



【トップ画像更新】 映画「インセプション」

やばいやばい、遅くなってしもうた……
トップ画像やっと更新~!!

ブログ部品 タイトル画像 インセプション


7月は「インセプション」



7/17~19に先行上映、全国公開は7/23から。



クリストファー・ノーラン 監督は、「バットマン ビギンズ」や、素晴らしかったあの「ダークナイト」を手掛けた
クリストファー・ノーラン
ウウウ、高まる期待




レオナルド・ディカプリオ 主演は、最近ぐっと渋みの出てきた
レオナルド・ディカプリオ

いや~、昔より貫録が出てきていい感じだよね~。。
最近ホントにかなりお気に入り




そのほかの面々も豪華!
そして個人的に好きな人が揃ってる~~~!!
渡辺謙 マリオン・コティヤール エレン・ペイジ
キリアン・マーフィ マイケル・ケイン トム・ベレンジャー
左上から、
渡辺謙マリオン・コティヤールエレン・ペイジ
キリアン・マーフィマイケル・ケイントム・ベレンジャー


出演陣も良ければ、ストーリーも面白そう!!
とっても楽しみ~~!!


☆   ★   ☆   ★   ☆



観に行ってきたよー!
→→レビューはこちら


自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«08月 | 2017年03月 | 09月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
70位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。