イケメン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」★★★☆ 英国初の女王の伝記ドラマ第2弾!

すんません、アップするの遅くなってしまった。。


エリザベス:ゴールデン・エイジ ポスター ケイト・ブランシェット

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」観ました。
英国の女王エリザベス一世を描いた歴史ドラマ。
前作「エリザベス」(1998年)に続き、9年ぶりの今作でもケイト・ブランシェットはアカデミー賞主演女優賞にノミネート。
(2作とも残念ながら受賞はならず。)


 あらすじ
16世紀、世界最強の国スペインがヨーロッパのすべての国を自国の信奉するカトリックにすると誓いを立て、国と結婚した“ヴァージン・クイーン”エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)が治めるプロテスタント国イギリスはスペインの脅威に晒されていた。威厳あふれるエリザベスは部下たちの信奉も厚かったが、国内の反乱分子であるカトリック信者たち、不義の子であるエリザベスを正当な女王と認めないスコットランド王女のマリアなど、様々な問題も抱えていた。
未開の土地を巡ってきた航海士ウォルター(クライヴ・オーウェン)と出会ったエリザベスは彼に心惹かれるが、もっとも信頼を置く侍女ベス(アビー・コーニッシュ)と彼が結ばれたことを知り、ヴァージン・クイーンとしての孤独に苛まれていたエリザベスは二人の裏切りにひどく傷つく。しかしスペインの巨大艦隊が目前に迫り、エリザベスは私心を捨てイギリス女王として自国を守るためスペイン軍と対決する。
エリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェット
エリザベス:ゴールデン・エイジ クライヴ・オーウェンエリザベス:ゴールデン・エイジ クライヴ・オーウェン アビー・コーニッシュ
エリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ


このシリーズ、前作観たときも思ったけど、ケイト・ブランシェットの演技は迫力あるんだけど、ストーリー自体は…まとまってる…?んん…??と思っちゃう。

それは今作も一緒でした。
…なんで?


ほかは、コスチュームもセットも美しくて迫力満点、ケイト・ブランシェットももちろんだし、脇役のジェフリー・ラッシュ(「英国王のスピーチ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」など)もリス・エヴァンス(「ハリポタ」「ノッティングヒルの恋人」「ヒューマン・ネイチュア」など)も見応えあってよいんだけどなぁ。。


「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
(ELIZABETH: THE GOLDEN AGE)
2007年 イギリス・フランス 114分
鑑賞:2011/12/5 
2011年 79本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」★★★★☆ 予想より面白かった!!

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ポスター ローガン・ラーマン ミラ・ジョヴォヴィッチ オーランド・ブルーム クリストフ・ヴァルツ

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 観てきました!

ド派手歴史アクション、キターー!
面白かったよ~~~!!


予算カットで銃士が解散になってしまい飲んだくれている三銃士たち、田舎から出てきて威勢だけはいいダルタニアン、若くして王座につき政略結婚だが王妃に熱い恋心を寄せるフランス王、その後見として実権を握る野心家の枢機卿、枢機卿の部下で三銃士の天敵である隊長、そしてフランスを虎視眈々と狙うイギリスとの権力者バッキンガム公爵、そしてフランスの二重スパイとしてバッキンガム公爵の元に潜入する美女ミレディ。

なんともにぎやかでスペクタクルなキャラクター配置(笑)
まさにエンタメ映画。


キャスト配置がまた違う意味でスペクタクルで、主役の三銃士とダルタニアンより、枢機卿、バッキンガム、ミレディのほうが断然大スター。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 クリストフ・ヴァルツ
若くて未熟なフランス王を陰で操る野心家の枢機卿役
クリストフ・ヴァルツ
オスカーを獲った「イングロリアス・バスターズ」の影響でかなりアクの強い悪役づいてる彼(私はかなりスキだ。)だけど、今回はかなりまろやか。
ちょっともったいない。。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ミラ・ジョヴォヴィッチ
二重スパイも辞さない悪女ミレディ役
ミラ・ジョヴォヴィッチ

「バイオハザード」の17世紀フランスコスチューム版。ゴージャスドレスですごい頑張ってる。
あのコスチュームであんなにアクションやってる映画観たことない…かも。
役どころもかなりキーキャラクターで、三銃士の一人アトスとかつて恋人同士だったがバッキンガム公爵に買収されて三銃士を裏切り、以来アトスに憎まれている女。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 オーランド・ブルーム
最後に、フランスの領地を虎視眈々と狙うイギリスの権力者バッキンガム公爵役
オーランド・ブルーム

初のヒールらしいが、やっぱり笑うとタレ目が優しい。憎めないオーリーくん。


こんなビッグスター3人を脇に配置し、メインはこの4人。
個人的にはこっちのがツボだった!!
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ローガン・ラーマン マシュー・マクファディン レイ・スティーヴンソン ルーク・エヴァンス
左から、
ポルトス役のレイ・スティーヴンソン
アトス役のマシュー・マクファディン
ダルタニアン役のローガン・ラーマン
アラミス役ルーク・エヴァンス

アトス役のマクファデンが、声が低くてかっこいいの
そしてアラミスが……!!
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 マシュー・マクファディン三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ルーク・エヴァンス



アクションハデでお祭り騒ぎでリアリティなんてそっちのけなんだけど、それなりに話もまとまってて純粋に楽しめるナイスな出来だったよ!
3Dで観る価値ありのアクションだった!


「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
(THE THREE MUSKETEERS)
2011年 フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ 111分
鑑賞:2011/10/27 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 64本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



お絵かき練習 男ヌード


イラスト デッサン ヌード



あんまり描かない男性絵。

だから練習。




今回の練習用に見本にできる写真をネットで探してたんだが、

よのなかにはうつくしいだんせいがいるもんですな。

ナルシストになるのわかる気がする。うん。

男性ヌード男性ヌード
男性ヌード男性ヌード
男性ヌード男性ヌード


おまけ。
美しい男の人・顔編。
モデル 美男モデル 美男

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」★★★☆世界で最初のヒーロー

アップするのが……
おそくなってしまった。。。


キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー ポスター

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」 観てきたよ。

世界最初のヒーローという触れ込みの彼。
要は…一番昔の時代のアメコミヒーロってことらしい。


第2次大戦下のアメリカで、軍人として国のために戦いたいと願うものの体が弱く入隊がかなわない主人公が軍の科学者が開発した血清によって最強の戦士に生まれ変わり、宿敵であるドイツの将校シュミットに立ち向かう。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーキャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー クリス・エヴァンス
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー クリス・エヴァンスキャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー ヘイリー・アトウェル
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー トミー・リー・ジョーンズキャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー ヒューゴ・ウィーヴィング


クリス・エヴァンス
主役はクリス・エヴァンス
肉体美キャスティング…?
いや、全然いいんたけど。


脇役がステキ!
アメリカ軍の科学者は、私の大好きなスタンリー・トゥッチ
アメリカ軍の大佐にトミー・リー・ジョーンズ、そして悪役にヒューゴ・ウィーヴィング
スタンリー・トゥッチトミー・リー・ジョーンズヒューゴ・ウィーヴィング
実力派の面々。



内容は、いかにもアメリカ映画、いかにもアメコミ。

アクションも頑張ってた。
ちょっとレトロな軍服や残忍でマッドなドイツ将校、ハデな戦争シーンはいいとして…

あの真っ赤な悪役はいかがなものか。
あと、個人的にはあんなデッカイ星条旗マークの盾やコスチュームでドイツに潜入ってどうよ。

まぁきっと原作に合わせて作ったらああなっちゃったんだろうけど…。
それにしてもあの真っ赤は、もうちょっと何とか出来たんでは……


真っ赤は、実際に観て確かめてみてください。。




「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」
(CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER)
2011年 アメリカ 124分
鑑賞:2011/10/20 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 64本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」★★★☆ 知能を持った猿と、人間の滅亡はここから…

いーーやーー、仕事帰りに映画久しぶりだーーー!!

猿の惑星:創世記(ジェネシス) ポスター ジェームズ・フランコ

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観てきました。


科学者の主人公(ジェームズ・フランコ)と、彼が開発したアルツハイマー病の新薬を投与されたチンパンジーの話。チンパンジーは薬の作用で知能が驚異的にアップし、自分や仲間の猿たちを蔑む人間たちに怒り、仲間とともに反撃するというストーリー。

2001年のリメイク映画「PLANET OF THE APES 猿の惑星」が記憶に残ってる方もいると思う。
原作は1968年の「猿の惑星(PLANET OF THE APES)」を起点に5作品。
70年「続・猿の惑星(BENEATH THE PLANET OF THE APES)」
71年「新・猿の惑星(ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES)」
72年「猿の惑星・征服(CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES)」
73年「最後の猿の惑星(BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES)」

3作目あたりから低予算のB級に成り下がったらしいけど、これだけ立て続けに製作されているのを観ただけでも当初の人気と話題性の高さがうかがえる。

私も68年の1作目だけ観たことがあるけど、確かにショッキングな内容。ラストで打ちひしがれるね。
(タネあかしはここではしないでおきます。)

で、今作はその原点エピソード。
なぜ猿の惑星になっちゃったか、というそもそものきっかけを描いたエピソード。

猿の惑星:創世記(ジェネシス) ジェームズ・フランコ猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) トム・フェルトン猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)猿の惑星:創世記(ジェネシス)


チンパンジーってホントに頭いいから、こんなことも起こりえちゃうかもしれないよなー。
そしたら運動能力的に人間はどーしよーもないよなーー…
と、ちょっとリアルに思える内容なだけに、考えさせられる。

人間とチンパンジーのDNAの違いは、確か2%とかだったっけ?
その違いゆえの人間のなんと傲慢なことよ。
逆に人間よりも2%優れた知能のDNAを持って生まれてくる生物がいたら、人間はどうなるのかなー。

なんてことを考えながら観てました。


ジェームズ・フランコ
あ、あと、ジェームズ・フランコがおっさんになってきたなぁって思った。
渋いおじさん。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
(RISE OF THE PLANET OF THE APES)
2011年 アメリカ 106分
鑑賞:2011/10/18 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 63本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«10月 | 2017年11月 | 12月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
134位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。