宗教

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・ライト -エクソシストの真実-」★★★ ホプキンスの怪演観るなら

ザ・ライト エクソシストの真実 ポスター アンソニー・ホプキンス

レクター博士ではないよ!
エクソシスト(悪魔祓い)の話です。

「ザ・ライト -エクソシストの真実-」観てきました。

「トゥルー・グリット」と迷ったんだけど、なんかエクソシストとイケメンが観たい気分だったので、マイナーだけどこっちにしてみた。
でも「トゥルー・グリット」もうすぐ上映終わっちゃいそう。
しまったかな… まいいや。。


 あらすじ
神学校の卒業を目前にしながら、自身の信仰が確立できず神の道を断念しようとしていたマイケル(コリン・オドナヒュー)。しかし恩師(トビー・ジョーンズ)からローマで行われるエクソシスト養成講座に参加しろと命じられる。ローマで悪魔祓いの儀式に必要な知識の講座を受けていたマイケルだが、講師(キアラン・ハインズ)から実際の儀式を見るようにと、ベテランエクソシストのルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)を紹介される。
ザ・ライト -エクソシストの真実- コリン・オドナヒュー トビー・ジョーンズザ・ライト -エクソシストの真実- アンソニー・ホプキンス
ルーカス神父の元を訪れる16歳の妊婦の少女の儀式に立ち会ったマイケルは、少女の異様な言動を目の当たりにするが、完全には悪魔を信じきれず、精神科医に診せるべきではないかと主張する。
ザ・ライト -エクソシストの真実- マルタ・ガスティーニザ・ライト -エクソシストの真実- アンソニー・ホプキンス マルタ・ガスティーニ 
少女の儀式は難航する。ついには少女の命を奪い悪魔が勝利する。無力感に打ちのめされたルーカス神父だったが、同時に自分の中に異変を感じはじめる。
ザ・ライト -エクソシストの真実- マルタ・ガスティーニザ・ライト -エクソシストの真実- アンソニー・ホプキンス


これ、実話がベースなのだよ。。
悪魔ってホントにいるのかね…?


てゆーか、アンソニー・ホプキンスがこわい。
演技がというか、ホプキンスそのものが怖いよね、そもそも。


ストーリー的にはわりと典型的なエクソシストのお話。
ネタバレ要素ありなのでこれ以上は言わないでおくね。

ちょっと中途半端、ちょっとアンソニー・ホプキンスの存在感が大きすぎて主役が霞みぎみ、ちょっと女性記者の存在がストーリーから浮いてる…?
まぁ、こんなもんかなーって感じかな。



「ザ・ライト -エクソシストの真実-」
(THE RITE)
2010年 アメリカ 114分
鑑賞:2011/4/20 jumee☆movie1a TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
2011年 18本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「天使と悪魔」★★★★ 原作よりも謎解きメインで刺激少なめ

天使と悪魔


お待たせ!!手
「天使と悪魔」2回目を観てまいりました!

映画館で2回観たんですが、なぜ2回も行ったかというと
私の修行が足りないからですorz

1度目は、ちゃんと鑑賞態勢を整えずに観に行ってしまいました。
前評判や前作「ダ・ヴィンチ~」の出来の良さから来る期待感もさることながら、原作を既読だったので、鑑賞中に思わず原作と映画の間違い探しに必死に…。
原作があまりに面白くてお気に入りだったのです。
映画であの原作の面白さがどれだけ表現されてるかってのを逐一確認したくて、鑑賞中ずっと「原作とここが違う、あそこが違う」とそっちにばっかり気が行ってしまって、映画自体を堪能せずに終わってしまったのでした。。。

未熟者ぉ~うおぉぉおぅ

鑑賞後に自分が完全に落とし穴にはまっちゃってたことに気づいて、悔しくて悔しくて…!!
あんなに楽しみにしていた映画だったのに、ちゃんと楽しまなかったなんて!!マジマジ

てことで、2回目を敢行。
おかげさまで、2回目は1回目よりちゃんと映画に集中できました。
(ちなみに1回目は映画館のポイントが溜まっていたのでタダで観ましたミニーチャン 2回目もレディースデーで1000円だし)

以後同じ過ちは繰り返すまい。。。
と、肝に銘じた苦い経験でございました。



ちなみに1回目に行ったのは新宿の5/17日曜日の15:30~の回でした。
ひいきの新宿ピカデリーに行ったんですが、ほかの話題作も上映中とあって映画館全体もすごい混みっぷり。
とっても混んでました←チケット売り場があるフロア。
もちろん「天使と悪魔」も大人気で、私が観た回は580席の一番大きい劇場がチケット完売してました。

が、2回目に行った5/20(水)の21:30~の回は終演が24:00だったこともあり、同じ580席の劇場にお客さんは多分50人くらいしか入ってなかったんじゃないかってくらいガラガラでした。
以上、これから観にいく方のために混雑状況をご参考までに。


 * * * * * * * * * * *


「ダヴィンチ~」もそうですが、ダン・ブラウン著のこのシリーズの原作小説はとっても面白いです。
その面白さは映画観てから小説読んでも全然面白いと思えるほど!
これはかなりハイレベルではないでしょうかね~。
普通、楽しめるのは大抵最初に観たor読んだどっちかだけですよね。
このシリーズは映画よりも小説のほうが面白いので、個人的には映画→小説の順番がベストです!

小説のほうでは、刊行された順番は今回の「天使と悪魔」が先で、その続編として「ダヴィンチ~」です。
なので、本屋(新宿紀伊国屋)では「ダ・ヴィンチ・コード エピソード1」とかって紹介していましたが、この表現わかりにくいかお


内容的には「天使~」の方が過激です。
血なまぐさいし、どんでん返しも衝撃的。
それでも映画は原作よりも結構マイルドに仕上っていて、惨殺シーンや乱闘シーンがさっくりカットされていたり、とある人物がモニョモニョ(←重要な部分のネタバレにつき自主規制)しなかったりします。小説と同じだとちょっと万人ウケするには過激すぎるからとの配慮でしょうね。
(それでなくてもキリスト教を刺激する内容だからねぇ。
そういえば今回は「ダ・ヴィンチ~」の時のようにキリスト教会が映画に抗議とかあんまり騒がれませんでしたねぇ。教義自体に疑いを差し挟む内容の「ダ・ヴィンチ」に比べれば、今回の内容はそこまで騒がなくても平気ってことかな…?)

天使と悪魔

また、映画では仕方ないことだけど、時間の都合上エピソードや設定をいじったりはしょったりしているので、その分人物描写や人間関係が希薄です。

天使と悪魔 天使と悪魔 天使と悪魔


その他、宗教や象徴学、歴史に関するラングドンのウンチクが小説では映画よりもはるかにたくさん披露されていて、それだけでも興味深いし、作品全体にも深みを与えてます。


また、今作のテーマは宗教 対 科学。
かつて17世紀に科学を弾圧した宗教が現代でその報復を受けるという話だけど、二者の対立の歴史や宗教に弾圧されたことによって科学者の集いである「イルミナティ」がいかにして暴力的で宗教を敵対視する危険な秘密結社となっていったのかなどの描写が薄くなってしまったので、テーマがぼやけがちで残念。

天使と悪魔 アンビグラム「イルミナティ」
秘密結社であるイルミナティのシンボルのひとつ「アンビグラム」。
上下対称のシンメトリーで、どちらから読んでも「イルミナティ」と読める。
作品中ではこのほかに「EARTH」「AIR」などのアンビグラムが登場します。



あとはタイトルである「天使と悪魔」が何と何のことを指しているのかを考えながら、「宗教」と「科学」か、もしくはキリスト教の歴史の中の「光」と「影」、イルミナティの「光」と「影」とか、ヒロインである美しくて聡明な女性ヴィットリアが「天使」で残酷で野蛮な殺人者が「悪魔」かなとか、クライマックスでは一人の人間の二面性…とか色々に当てはまるのを見つけながら作品を楽しんでいくのが楽しいんですが、映画だと謎解きに忙しくてなかなか出来ないです。それも残念。。


まぁとにかく、
映画だけ見てまず楽しむ(十分楽しめます。)
  やじるし
小説を読んでさらに細かいエピソードまで含めて楽しむ
  やじるし
その小説の内容を頭の隅に置きながら、もう一度違う視点で映画を見て楽しむ

と、1つで何度もおいしい作品ですので、時間のある方は十分堪能してくださいねオンプP1






「ANGELS & DEMONS」
2009年 アメリカ 138分
鑑賞:2009/5/17, 5/20 映画館で観た新宿ピカデリー
2009年 60本目/目標150本




禁断の実を食らう少女 - お絵かき

スカーレット・ヨハンソンの小悪魔的魅力を見ていたら描きたくなって描きました。
ぜんぜん似てないけど。


禁断の実を食らう少女
2008/1/4

「聖☆おにいさん」★★★★☆ 神降臨…?(笑)

聖おにいさん


同僚から借りて、1巻読みました。
本屋でよく平積みになってたりするのでご存知の方も多いかと。
ブッタ(左)とイエス(右)の下界生活(バカンス)in立川を描いたマンガです。

タイトル「聖☆おにいさん」は、 「セイントおにいさん」 と読みます。

ブッダとイエスが世紀末を無事に乗り越えて御苦労さまということで天界から休暇をもらって、下界(東京都立川の下宿)で同居生活をするというお話。
あんまりリッチな生活でない(むしろ貧乏)ので、節約家のブッダがちょっと浪費家のイエスを諌めたりする生活です。
基本ふたりとも白Tにジーパン。Tシャツに書かれたプリント(漢字Tシャツみたいに胸に大きく一言書いてある。「シッダールタ」とか「父と子と精霊」とか実に象徴的な一言がセレクトされてます)は実はブッダお手製(笑)
そんな二人の聖人の庶民派生活in立川を綴ったギャグマンガです。


感想。。

日本ってユルーくて、平和な国だよねー。
これ、シャレの通じるキリスト教徒と仏教徒の人に読んでみてもらいたいな。
で、ぜひとも感想を聞かせてほしい。
(シャレが通じないと危険かなー…、決して貶めたりイヤな感じで皮肉ったりはしてないけどね)

なんでこんな物語を思いついたんだろう、作者さんは。

設定自体もチョー大胆で突飛だけど、細かいギャグも散りばめられまくり!
ギャグの一例を挙げたりすることは敢えてここではしません。
その目で確かめてくださいませ。
それが一番の楽しみ方ですから、だまされたと思って!

いやー、この独特の世界観、ハマりますわー。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、作者の中村光さんのオフィシャルサイトがあるみたい↓
結構ステキです。
(ただし、聖おにいさんについてはそんなに触れてないけどね。)
http://www.nakamurahikaru.com/index.htm


自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«10月 | 2017年11月 | 12月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
134位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。