邦画【は行】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」★★★☆ あなたの職場は大丈夫…!?

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない ポスター 小池徹平 田辺誠一 マイコ 池田鉄洋  品川祐

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」 やっと観た~。
しかし、いつ見ても長いタイトル笑


 あらすじ
中卒でニートだった大根田真男(小池徹平)は母親の死をきっかけに始めた必死の就職活動で、何とか採用された零細システム会社に就職する。希望に満ちた出社初日、真男はこの会社がブラック会社であることを知る。
・定時などあってないようなもので、長時間の残業が当たり前
・同僚に異常にスキルの低い社員がいる
・精神的に不安定な社員がいる
・経費が落ちない
・人員の出入りが激しい
ブラック会社を見分ける5つのポイントすべてが当てはまっていた…。
しかし、真男にはここしかない。横暴で理不尽なリーダーの阿部(品川祐)、腰巾着でスキルがない井出(池田鉄洋)、阿部と井出に酷使されまくり、精神的に不安定な上原(中村靖日)、経理担当で社長のオンナと噂の瀬古(千葉雅子)、美人で一見常識人ぽいが実はおかしな派遣社員の中西(マイコ)、大手IT企業からある野望をもって転職してきた新人の木村(田中圭)など問題アリの同僚たちに囲まれながら、しかし仕事もできて何かと真男をフォローしてくれる頼れる先輩の藤田(田辺誠一)の存在を励みに、無謀な納期の仕事をこなすためデスマ(デス・マーチ、死の行進。死ぬまで歩かされる奴隷のように、徹夜続きで限界まで酷使される状況を、プログラマーの世界ではこう表現する)の日々を懸命に耐えるが…
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 小池徹平  品川祐田辺誠一 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 小池徹平 小池徹平
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 小池徹平 田辺誠一ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 小池徹平


プログラマーは、ただでさえ過酷労働と聞きます。
納期前やトラブル発生時は徹夜やお泊りなど当たり前、的な…
なので、デスマとか、妙にリアルでこわい。。。

ウチの会社もIT関係で残業体質なので、ちょっとドキッとした。

藤田さんみたいなステキな先輩がいれば頑張れる…のかな!?
少なくとも救いにはなるね!!


デフォルメして描かれてはいるけど、なんだか自分の身近にありそうな職場の縮図って感じで、妙に現実味があるの。
現実味を感じない方は幸せ者だね。
身につまされながら観てみてください…!

ところで、海外でもブラック会社ってあるのかな?
それとも仕事虫の日本特有?


「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」
2009年 日本 101分
鑑賞:2011/9/23
2011年 58本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「武士の家計簿」★★★ 風変わりな武士とその家族が困難を乗り越える

武士の家計簿 ポスター 堺雅人 仲間由紀恵
「武士の家計簿」観てきました。
幕末の時代、加賀藩で刀ではなくそろばんと筆で一家を支えた武士の人生を描いた映画。
監督は森田芳光、主演は堺雅人、共演は仲間由紀恵松坂慶子中村雅俊西村雅彦などなかなか豪華!


 あらすじ
加賀藩に仕える猪山家は、代々藩の金の出入りを計算し記録する算用者の家である。8代目の直之(堺雅人)は計算が合わないことがとにかく嫌いな生真面目な性格と秀でた算用の才能で、若くして重用される。剣の腕はからきしだが、剣道場の娘お駒(仲間由紀恵)と結婚し息子も生まれ猪山家を継いだ直之。
武士の家計簿 堺雅人武士の家計簿 堺雅人 仲間由紀恵
しかしほどなくして猪山家には積もり積もった多額の借金があることを知る。今まで返済を先延ばしにしてきた両親たち(中村雅俊松坂慶子)のやり方に賛同できない直之は、借金完済を決意し、徹底的な節約生活を敢行する。
普段の生活に必要なごく最低限のもの以外はすべて売り払い、粗末な衣食生活を送る。
息子の
家族の反発を食らい、ご近所や親戚・同僚から奇異の目で見られたりとさまざまな障害に会いながらも、質素倹約を貫く直之とお駒たちの生活を描く。
武士の家計簿 堺雅人 仲間由紀恵武士の家計簿 堺雅人


時代劇だけどアクションもなしの穏やかな生活ドラマ。


今、CSで放送している「篤姫」を観てるので、個人的には将軍(堺雅人)と幾島(松坂慶子)だーー
と勝手に喜びながら観賞。
今作では母子の関係。
篤姫 堺雅人篤姫 松坂慶子


仲間由紀恵
仲間由紀恵って、演技どうなのか。
って思っていたけど、今回ちょっと見直した。かな。
おお、頑張ってんな!って、息子のために泣くシーンで感じたので。

そして相変わらず着物姿が美しい。
「大奥」の時も美しかったです…)



大きく膨らんだ借金に苦しめられ、立ち向かう。
時代に関係なく普遍的なテーマなので、とても自分に引き寄せて考えられる。

決して派手な作品ではないけど、出演者は豪華で見ごたえがあって、ある意味贅沢な映画だね。
頭を使う作品観るほど元気じゃないけど、コメディ観るほど盛り上がりたいわけでないってときにいいんじゃないかな。



「武士の家計簿」
2010年 日本 129分
鑑賞:2010/12/8 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2010年 59本目/目標120本
→allcinemaで詳しく見る



「ゼロの焦点」★★☆ レトロな中谷美紀を観る

ゼロの焦点 松本清張 犬童一心 広末涼子 中谷美紀 木村多江

今週は「ゼロの焦点」観てきました。

松本清張生誕100年記念作品。
清張作品はたくさん、そして何度もドラマ化・映画化されているけど、今まで一回も観たことなかったな。
本も1冊も読んだことないし。。。

 あらすじ
戦後、復興し高度経済成長を迎える日本。
お見合い結婚した東京の夫婦。金沢から東京への転勤を控え、金沢へ出張した夫(西島秀俊)だったが、期日になっても東京へ帰って来ず、結婚一週間後にして行方不明になる。
妻(広末涼子)は夫を探しに単身金沢入りし、会社や得意先など夫のことを知る人々に話を聞いて回る。
夫のことを何も知らないことを痛感しながら捜索を続けるうち、夫と、彼の過去に深く関係した女性二人が金沢で再会していたことが明らかになり…

ゼロの焦点 広末涼子 西島秀俊 ゼロの焦点 広末涼子 ゼロの焦点 広末涼子 中谷美紀 ゼロの焦点 中谷美紀 鹿賀丈史ゼロの焦点 広末涼子 ゼロの焦点 広末涼子


中谷美紀 なによりも見どころなのは、中谷美紀!
中谷美紀は、すんごい美人なのにホントに女優!だよねぇ。
彼女は美人過ぎるのと独特のふわっとした上品なしゃべり方で、普通の現代劇とかだと少し浮いちゃったりするけど、逆にこういう時代もの(”レトロ”が似合うパンダ照) やドラマチックなサスペンスとかはピッタリ。
彼女が、木村多恵と崖の上で対峙するシーンで、彼女のギッと鋭い眼光が映されるシーンは、画的にはかなり往年のサスペンスものな古臭さと陳腐さがある(昔の少女漫画にまで出てきそうな雰囲気なの)んだけど、彼女の容貌だとそれがよくハマっててOK!って思えちゃうんだよね。


木村多恵 そして 木村多恵
今回の映画では、広末涼子・中谷美紀よりはサブな役柄だけど、優しくて控えめなキャラが良く似合うよねぇ。
実際はもっとアグレッシブなキャラクターも幅広くこなす女優さんだけど。
この映画の舞台の金沢の人たちは語尾が伸びて抑揚がつくというなまりがあるんだけど、
そんな話し方をする木村多恵かわいい笑は-と

肝心の主人公、広末は相変わらずあんまり表情がかわらないというか…う~ん…
顔立ちはかわいいかわいい言われるけど、やっぱり30歳目前だしそれなりに年齢が見えてくる顔立ちになってきたので、今回の役はもうちょっと若い子でも良かったんじゃないかなーとか思ってしまったり。。


映像的には、戦後の復興期の雰囲気をしっかり出そうとしていて、しかもかなり成功してる!と思う。
なかなか気に入りの映像でした。
これは犬童一心監督の力量なのかしら…?


ストーリーは、映画の時間制約のせいか話がまとまりすぎちゃってて、ちょっと置いてかれそうになる部分もあったのが残念。
後半の謎解き(?)部分とか、もうすでに謎解きというよりも主人公による解き終わった謎の解説みたいになっちゃってて、盛り上がるべきところがカットされちゃってるーービックリ絵文字名を入力してください
なんだかなぁ。。


「ゼロの焦点」
2009年 日本 131分
鑑賞:2009/11/18 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2009年 140本目/目標150本




「ハッピーフライト」★★★★★ 怒涛の飛行機コメディ

ハッピーフライト 矢口史靖 綾瀬はるか 田辺誠一


「ハッピーフライト」を観ました。

ウォーターボーイズ 矢口史靖 妻夫木聡 スウィングガールズ 矢口史靖 上野樹里 監督・脚本は「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」矢口史靖
どれも軽くって楽しくドタバタ、説教くさくなくスカッと見れる作風が、今作にも発揮されてます。


羽田発ホノルル行き1980便のフライトを描いた映画。
あらすじは、説明するとごちゃごちゃするけど映画を見れば群像劇として楽しめます。
キャストも大充実だし、ぜひ観て確かめてくださいな。
(キャスト→田辺誠一、綾瀬はるか、時任三郎、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、田中哲司、岸部一徳などなど。すんごいチョイ役で小日向文世、柄本明、竹中直人なんかも…)

ハッピーフライト 田辺誠一 時任三郎 ハッピーフライト 綾瀬はるか 吹石一恵 ハッピーフライト 吹石一恵 ハッピーフライト 岸部一徳


飛行機(もしくは空港)ってこれだけ多くの人が関わって運行されてるものなんだ。
という、ちょっと圧倒されてしまう大きな運営機構を見せていただきましたってかんじ。
大勢のスタッフが一つの目標に向かって、それぞれ役割分担しながら連携を取り合って仕事を遂行していく様子は、良い意味で「会社の歯車」というイメージでした。
大きなことを成し遂げるには大勢の力が必要だから、必ずしも「歯車」は悪いことではないのだなぁ。
と教えてくれる映画でした。

個人的に気に入りキャラは田畑智子。


「ハッピーフライト」
2008年 日本 103分
鑑賞:2009/9/13 
2009年 119本目/目標150本



「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」★★ ストーリーのツメが甘くて残念

ホッタラケの島


もう9月ですね。
1年の3分の2が終わってしまいましたねぃ……

9/1は映画の日。
「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」を見てきましたよん。

新宿バルト9に観にいきました。
22:30-24:15という遅い回にもかかわらず、80席しかない劇場ですが7割くらい埋まってました。
この時間なので当然子供はいなくて、みんな大人。
もっと客少ないかもと予想していたのだけど、結構良い入りじゃないですか。
やはり、なんか気になる要素があるのね…キューピーとニヤニヤしながら鑑賞開始。

 あらすじ
幼いころに母を亡くした高校生の遥(綾瀬はるか)は、母からもらって大事にしていた手鏡を気づいたら無くしてしまっていた。
あるとき遥は神社で、おもちゃの飛行機など人の忘れものを拾って持っていこうとする妙な人影を見つける。子供の頃母と一緒に読んだ、人々がほったらかしにしたものを持って行ってしまう狐たちの絵本を思い出した遥はその人影を尾行するが、不思議な世界に迷い込んでしまいう。
ホッタラケの島 ホッタラケの島

そこは、人々がほったらかし(=ホッタラケ)にしたものが山と積まれた世界。
ここに住む生き物たちは人間のようにものが作れないため、人間の世界からホッタラケにされたものをこっそり集めてきてそれで家や乗り物、そのほか身の回りの物を作り生活している、ホッタラケでできた島だった。
遥は母の手鏡もここにあると確信し、遥が尾行していたその世界の住人の一人、少年"テオ"と一緒にその世界で手鏡を探しだすことを決意する。

ホッタラケの島 ホッタラケの島


遥が子供時代に持っていたぬいぐるみの"コットン"との再会(ホッタラケの島では鏡は貴重で、鏡を物に埋め込むと意志を持って動き出す。コットンも鏡を埋められてしゃべったり動いたりする。遥のことも覚えている。)や、ホッタラケの島を支配する権力者"男爵"も遥の手鏡を狙ったりと、賑やかな冒険が続きます。
ホッタラケの島←コットン。かなり頼もしい。


映像的にももうちょっと工夫が欲しかったかなぁ。
ホッタラケの世界はかなりカラフルでさぞや手間がかかっているだろう。
でも、町並みや建物などに使われてるのは全部人間の世界にあったものだよというような描写がもっと徹底してたら面白かったなぁ。
家の部品が、人間が普段の生活で使っているものを組み合わせて出来てる。こんなものを家の部品に使うとは!みたいなのを絵で見せてほしかった。

ストーリー的には、もうちょっと詰めてくれたら良かったのに…という感じ。
ふむ、まぁこんなもんかねぇ。。


まぁ、ちょこちょこ不満はありますが、
綾瀬はるかがカワイイから許す!!
ホッタラケの島 綾瀬はるか 綾瀬はるかは、姿もかわいいけど声もカワイイは-と
しかも素は天然ボケボケなのにお仕事(演技)ではしっかりきっちり演じてるところがなお良メガネくんjumee☆love3
今回観にいったのも綾瀬はるか目当てだった気がする。

そういう意味では満喫しましたが、何か?


「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」
2009年 日本
鑑賞:2009/9/1 jumee☆movie1a 新宿バルト9
2009年 114本目/目標150本




自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«10月 | 2017年11月 | 12月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
134位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。