洋画【た行】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チャイナ・シンドローム」★★★☆ 原発のリスクを考える

チャイナ・シンドローム ポスター ジェーン・フォンダ マイケル・ダグラス  ジャック・レモン 

「チャイナ・シンドローム」 観ました。
1979年の公開12日後にスリーマイル島原発事故が起きたことで非常に注目され、当時話題になった映画。
そして今年の原発事故で、最近またちょっと話題になった。
若かりしジェーン・フォンダ、マイケル・ダグラスとジャック・レモンが出演。
ジェーン・フォンダマイケル・ダグラスジャック・レモン

“チャイナ・シンドローム”の由来は…かなり衝撃的。
ただし、別に中国が関与とかそういうんではないよ。


 あらすじ
ニュースキャスターのキンバリー(ジェーン・フォンダ)とカメラマンのリチャード(マイケル・ダグラス)と取材で訪れた原子力発電所で、偶然、地震による事故の現場に立ち会う。事故の瞬間の非常に緊迫した様子をカメラに捉えた彼らだったが、そのニュースは上層部からの圧力で握りつぶされてしまう。
一方、原発の制御室長ゴデル(ジャック・レモン)は事故で施設の安全性に不安を抱き個人的に調査し、欠陥を見つける。ゴデルは発電所操業を続ける危険性を説くが、第2の原発施建設の認可を目前に控えた会社は、彼の訴えを取り合わず彼は気が狂ったと吹聴する。
同じく原発に不信感をぬぐえないキンバリーとリチャードは孤立無援だったゴデルとともに真実を暴こうとするが、会社の妨害を受け…
チャイナ・シンドローム ジェーン・フォンダ マイケル・ダグラスチャイナ・シンドローム ジャック・レモン


“チャイナ・シンドローム”とは、アメリカの原発がメルトダウンを起こすと地球を貫通して裏側の中国まで達するという意味。
恐ろしい言葉だよね。


恥ずかしながら、スリーマイル島の原発事故のこともこの映画のことも、3月の事故の後に知りました。
スリーマイル島原子発電所
いったん開いた安全弁が熱で閉じなくなってしまい、そこから冷却水が流れ出てしまった。しかし計器トラブルで水が減っていることに気付かなかったため、炉心が空気中に露出してしまったという事故。

事故の経緯など詳しくはWikiで。


普段私たちが当たり前のように使っている電気の1/4近くが原子力による電気。
その発電所がちょっとのきっかけでどれだけ恐ろしい事故を起こす施設かを、知らな過ぎたことを反省した。
私、危機感が足りな過ぎるな。



原発施設で働いている職員は毎日とてつもない緊張感のなかで仕事をしてるんだよなってことに、この映画で改めて気づいた。
ひとたび事故が起これば広範囲の地域に何十年もの間最悪の影響を及ぼす危険と常に隣合わせの施設で、何かあった時の責任はとても取りきれるものではない。

でも人間はこの施設を作るんだね。


「チャイナ・シンドローム」
(THE CHINA SYNDROME)
1979年 アメリカ 122分
鑑賞:2011/7/30
2011年 52本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」★★★★☆ 無謀な作戦とド派手アクションでストレス解消にぴったりっ

特攻野郎Aチーム THE MOVIE ポスター

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 観ました~!




Aチームの面々はこちら。
左から
司令塔のハンニバル役 リーアム・ニーソン
二枚目ナンパ男フェイス役 ブラッドリー・クーパー
喧嘩っ早い大男B.A.役クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
飛行機の天才操縦士だがイカレてるマードック役 シャールト・コプリー

リーアム・ニーソン 特攻野郎Aチーム THE MOVIEブラッドリー・クーパー 特攻野郎Aチーム THE MOVIEクイントン・“ランペイジ”・ジャクソ 特攻野郎Aチーム THE MOVIEシャールト・コプリー  特攻野郎Aチーム THE MOVIE

この映画でリーアム・ニーソンがえらい印象変わってるからびっくりした。
ついにニーソンも白髪のおじいちゃん役をやるようになったんだわ。。。

第9地区 シャールト・コプリー
ちなみにシャールト・コプリーは「第9地区」の主役の人だったーー!!
出てるんだ、メジャー作品に……
出るか、これだけ話題作品に出たら。


ジェシカ・ビールパトリック・ウィルソン
フェイスの元恋人役はジェシカ・ビール
この人好きなの~!
ヘルシーでキレイ。

悪役はパトリック・ウィルソン
すっかり悪者役が板について……



男ばっかりのばか騒ぎと派手なアクションがウリなので、内容的にはまぁ…ね。

こういう、頭使わずに楽しめる映画はやっぱいいよね。
サスペンスとか、暗いヒューマンとかは「よし見るぞ!」と思わないと観れない時があるけど、コメディとアクションはいつでも見れる。
いつでも楽しめる!ありがとう!

しかも嬉しいことに、なかなか良い出来なの。
結構ちゃんとまとまってて見応えある。
こういうのが大事だよね!
満足した~



「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」
(THE A-TEAM)
2010年 アメリカ 118分
鑑賞:2011/5/3 
2011年 22本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「ツーリスト」★★★★ 世紀の豪華共演は、アンジーの魅力勝ちです!

ツーリスト ポスター アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップ

「ツーリスト」
やっと観てきたよー!

ジョニデアンジー、“今世紀最大の共演”らしい
今世紀ってまだ11年なのに…(^^;)


 あらすじ
残忍な大物マフィアから金を盗み、政府からもマフィアからも追われるアレキサンダー・ピアースは潜伏中であった。彼のしっぽをつかむため警察は、ピアーズの恋人である美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)を監視していたが、ある日ピアーズからの伝言を受け取ったらしいエリーズはヴェネチアへ旅に出る。
その途中、同じ列車に偶然乗り合わせたしがない数学教師フランクに、エリーズは接触し、しばらく行動を共にする。突然見知らぬ美女と旅行ることになりフランクは戸惑うが、魅力的なエリーズに惹かれていく。
ツーリスト アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップツーリスト アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップ
ツーリスト アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップツーリスト アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップ
しかし突然ほかの男と勘違いされて殺し屋から狙われる羽目になってしまう。
ツーリスト ジョニー・デップ
ツーリスト ジョニー・デップ ポール・ベタニーツーリスト アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップ



とにかくアンジーの美しさを楽しむ映画。という感じ。
スーパーウーマン過ぎて現実味のない役どころとは全然違う、リアルな感じの美女という役どころで発揮されるアンジーの魅力のすさまじいことよ!
あー、こんな美女に誘われちゃったらたまんないよなー!
と思っちゃうもの。

ジョニデは、かっこいいんだか悪いんだかよくわかんない役回りだけど、いつものコミカルさのある役柄をそつなく演じている感じ。

この二人にかき消されて、ポール・ベタニーが出演してるって全然知らなかったよ!
ううむ、ハリウッドを代表する大スター二人の前では、ベタニーなんぞ核が違うんだなぁ……
ベタニーだって、主役とかはっちゃう人なのになぁ。。



アントニー・ジマー ポスター ソフィー・マルソー
ちなみに、この映画は2005年フランス作品「アントニー・ジマー」(日本劇場未公開)のリメイク。
一応ソフィー・マルソーが出ている(アンジーの役)。


監督は2006年にアカデミー賞外国語映画賞をとった「善き人のためのソナタ」フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
「善き人~」はベルリンの壁崩壊前のドイツのお話なので、ずいぶんまた違うジャンルに…という感じで不思議…。




「ツーリスト」
(THE TOURIST)
2010年 アメリカ/フランス 103分
鑑賞:2011/4/7 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 16本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「ダレン・シャン」★☆ 中途半端…もっと気合入れて作ってくれ~!!

ダレン・シャン ポスター ポール・ワイツ

「ダレン・シャン」観ました。
人気ファンタジー童話の映画化。


 あらすじ
優等生のダレン・シャン(クリス・マッソグリア)はクモが大好きな16歳の少年。ダレンの親は付き合うなと言うが、ダレンは不良少年のスティーブ(ジョシュ・ハッチャーソン)と親友同士。スティーブは吸血鬼マニアだ。
ある夜、巡業中の「シルク・ド・フリーク(奇怪なサーカス)」を二人で見に行くことに。ミスター・トール(渡辺謙)率いるそのサーカスは刃物を食べる女やウエストが千切れそうに細い男、蛇男など、世にも奇妙な人々が見られるショーだった。
その中のひとり、クレスプリー(ジョン・C・ライリー)は巨大な蜘蛛マダム・オクタを操る男だったが、ダレンはマダム・オクタに一目で魅せられてしまう。一方、スティーブはクレスプリーは本で読んだ吸血鬼だとダレンに訴える。
ダレン・シャン クリス・マッソグリア ジョシュ・ハッチャーソンダレン・シャン 渡辺謙ダレン・シャン ジョン・C・ライリー
サーカスのショーの後、すっかりマダム・オクタに夢中になったダレンは、クレスプリーの楽屋に忍び込みマダム・オクタを盗み出してしまう。
翌日、ダレンは学校で誤ってマダム・オクタを逃がしてしまい、スティーブがマダム・オクタの猛毒に刺され、命の危険にさらされる。自分のせいで親友を死なせてしまいそうなダレンが、クレスプリーに助けを請いに行くと、クレスプリーはダレンがバンパイアになり自分の奴隷として働くなら親友の命を助けると条件を出した。ダレンはその条件を飲み、人間の世界では死んだことになりハーフバンパイアとしてサーカスで暮らすことになる。
バンパイアの世界では、人間を殺して血を飲むバンパニーズと、殺さないバンパイアの二派がおり互いに長く闘ってきた。クレスプリーはバンパイア派のリーダー的存在で、バンパニーズの中でも力の強いミスター・タイニー(マイケル・セルヴェリス)の出現で闘いが再び激化する中バンパニーズとの死闘を繰り広げ、ダレンもそれに巻き込まれてしまう。
ダレン・シャン クリス・マッソグリア ジョン・C・ライリーダレン・シャン クリス・マッソグリアダレン・シャン クリス・マッソグリア ジョン・C・ライリー


観に行ったのかなり前なんだが、今さらレビュー…
だって、どうまとめて書けばいいか全然思いつかないんだもん!
変なキャラクターがわんさか出てきて、いろんな人間関係があちこちで描かれて、しかも終わり方が「次回へ続く」というよりむしろ「次回からが本編で、今回はイントロダクションでした」と言わんばかりのかなり満足のいかない終わり方…

つーかそもそも、クモマニアと吸血鬼マニアの親友同士ってなんなんスか……


かなり消化不良…

原作は大ヒットしている児童小説だけど、読めば面白いのかな…?
映画がイケてないだけ?

まぁとにかくいろんなところで中途半端で、何とコメントしてよいのか迷うの…

こんな何も書いてないレビューですんません。
とりあえず、観に行かなくてよかったなと思った。
ということだけ、ご報告。。



「ダレン・シャン」
(CIRQUE DU FREAK: THE VAMPIRE'S ASSISTANT)
2009年 アメリカ 109分
鑑賞:2010/4/1 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2010年 21本目/目標120本


「第9地区」★★★★ これがアカデミー賞作品賞にノミネートされた!? ビックリ異色作。

第9地区 ポスター ピーター・ジャクソン

いろいろと話題を集める問題作 「第9地区」 観てきました。
「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の監督ピーター・ジャクソンが製作を務めたことでも話題になった、異色のエイリアン映画で、今年のアカデミー賞作品賞にもノミネートされた1本。


 あらすじ
ある日突然、南アフリカのヨハネスブルグ上空に巨大なUFOが飛来した。UFOは故障のためこの地に漂着し、乗っていたエイリアンたちは衰弱していた。人道的理由から、政府は彼らを難民として保護する。
しかし人間より体が大きく運動神経が勝り、エイリアンのDNAでしか発動しない先進的な技術で開発された強力な武器を持ち、そして何よりも外見が醜い彼らが事故で人間を傷つける事件が起きると、世論は彼らを激しく非難し、政府は彼らを隔離した。一部のエイリアンの権利保護団体などを除く世界中の人間たちの間では、エイリアンを蔑み彼らは厄介者だという認識が広がる。
第9地区第9地区
第9地区第9地区
エイリアンが飛来して20年経った現在。エイリアン対策の組織MNUは、街中にあるエイリアン隔離地域をもっと郊外(というか何もない山の中)に移転させる計画を進行し、計画のリーダーにはMNU職員であるヴィカス(シャールト・コプリー)というちょっと間抜けの男が任命される。ヴィカスらチームの最初の仕事、は居住区移転の了承をエイリアンらからもらうためにエイリアンの家を一軒一軒回ること。エイリアンの家を捜索していたヴィカスは、一人のエイリアンが隠し持っていた正体不明の黒い液体を誤って浴びてしまう。すると、ヴィカスの身体変化が起こり始める。
ヴィカスの体はエイリアン化していった。まずは左腕そして次第に他の手足や胴体にも広がってゆく。MNUは彼を捕らえ、実験台として調べる。その中にはエイリアンのDNAでしか発動しない武器が使えるかどうかという実験もあり、ヴィカスは見事にその武器を発動させ、発射することが出来てしまう。
第9地区 シャールト・コプリー第9地区 シャールト・コプリー第9地区 シャールト・コプリー
もはや人間としての扱いは受けられず、動物のように実験台にされるつらさに絶えられず、MNUの施設を脱走したヴィカス。しかしすぐに指名手配され、追っ手から逃れるためにやむなくエイリアン居住区に逃げ込む。そこで出会った一人のエイリアンは、ヴィカスが浴びたあの黒い液体を隠し持っていたエイリアン・クリストファーであった。クリストファーに説明を求めたヴィカスは、黒い液体はヨハネスブルグの上空で20年間停止し続けている母船UFOを動かすための指示を出す小型指令船UFOの燃料であったことを告げられる。
母船に戻ればヴィカスを人間に戻すことも出来るというクリストファーの言葉に希望を持ったヴィカスは、MNUに押収された燃料を取り戻すべく、クリストファーとともに再び施設への侵入を試みる。
第9地区 シャールト・コプリー
第9地区 シャールト・コプリー第9地区第9地区 シャールト・コプリー

ふうぅぅ、説明長いっ
最後まで読んでいただいてご苦労様です。
いろいろ説明が多い映画なの。状況が状況だからね。。


これから観に行こうかなと考えている方へ。
まず最初に言っておこう。
グロいの苦手なヒトは、
絶対にやめといたほうがいい!!

・まず、言わずもがな、エイリアンの外見がキモい。
・一部の人間は、エイリアンを平気で殺す。
・エイリアンたちの武器は強力で、それで人間を撃つと人間は木っ端微塵にビチャッと飛び散る。
・そしてそのビチャッがカメラのレンズにかかる、という演出が多い…
・そしてその武器で人間がたくさん殺される。
・ヴィカスが徐々にエイリアン化していく様子がまたキモチワルいし心臓にも悪い。


観終わって、
「うわー、スゴイの観に来ちゃったなぁ
と、呆然とし、エンドロールを観ながらおうちに帰る気力を取り戻す努力を…

今年のアカデミー賞から、作品賞のノミネート数が5本から10本に倍増。
その影響で例年ならノミネートされるなんて思いもしない作品が今年は何本も入っていた。
その中でも1番驚かれたのがおそらくこの作品。
こういうゲテモノ系エイリアン(しかも暴力・差別・殺害満載!!!)映画が、まさか保守的と言われるアカデミー賞作品賞にノミネートされるとは!!


問題作は問題作だろうけど、社会的な?問題として奥が深い考えさせられる作品かどうかはよくわからん。
ただ、ちゃんとストーリー的にまとまりもあるし、パワーがあるのは認める。
あと映像も見ごたえがあった。

そのほかは観る人それぞれかなーーって……
全然まとまらなくてスンマセン。。


「第9地区」
(DISTRICT 9)
2009年 アメリカ/ニュージーランド 111分
鑑賞:2010/4/15 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2010年 19本目/目標120本






自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«10月 | 2017年11月 | 12月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
134位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。