洋画【ら行】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラスト・ソング」★★★★ 海と家族と恋愛、さわやかしんみりドラマ

ラスト・ソング ポスター マイリー・サイラス リアム・ヘムズワース

「ラスト・ソング」
ディズニーの大人気コメディドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」のヒロインとしてティーンに大人気のマイリー・サイラスが主演のドラマ。
家族×恋愛×音楽×ネイチャーの要素が詰まってます。


 あらすじ
主人公のロニー(マイリー・サイラス)は弟(ボビー・コールマン)とともに、離婚して離れ離れに暮らしている父親のもとでひと夏を過ごすことになる。海辺の家に住む父スティーブ(グレッグ・キニア)は音楽家で、幼いロニーにピアノを教え、ロニーは幼くして演奏家として素晴らしい才能を発揮した。しかし両親の離婚後は一切ピアノに触らず、今は万引きをしたり良くない友達と付き合ったりと荒れ気味だった。父親との海辺の家での夏にはしゃぐ弟と反対に、久しぶりの父親にも、友人のいない海辺の家にも馴染もうとしないロニーだったが、海岸で出会った青年ウィル(リアム・ヘムズワース)と次第に打ち解け、惹かれあうようになる。
しかし、ウィルの実家が大変な資産家で住む世界が違うと感じたロニーは、ウィルとの関係を終わらせてしまう。
さらに、父親が子供たちを呼び寄せ一緒に過ごそうとしたのには、特別な理由があることを知り…
ラスト・ソング マイリー・サイラス リアム・ヘムズワースラスト・ソング グレッグ・キニア ボビー・コールマン
ラスト・ソング マイリー・サイラスラスト・ソング マイリー・サイラス


原作・脚本は「きみに読む物語」の原作者ニコラス・スパークス

マイリー・サイラスってそんなに可愛い? 演技上手…?
って思ってたんだけど、観てるうちに、なんか結構いいかもって思うようになってきた。

グレッグ・キニア
あとは、父親役のグレッグ・キニアが良かった~。

「恋愛小説家」「リトル・ミスサンシャイン」、最近だと珍しくアクションものの「グリーン・ゾーン」に出てた彼。
やっぱりさすがのベテラン実力派俳優
彼ぐらいの実力派をアサインしたのは大正解でしょう!
(というか、ここで父親役がイマイチだったらやばかったな。。)



海、音楽、家族、離婚、不良少女、金持ち息子、ひどい彼氏に泣かされる友達、ウミガメ、火事…
かなりたくさんの要素がてんこ盛りなの。
そりゃぁ全部の要素を掘り下げてるわけではないんだけど、全部中途半端でとっ散らかっちゃった…って感じではないのがすごい。

予想より面白かった
すでに秋…だけど、海と夏の映画なので、まだ暑いうちに早めに見るのがおすすめ!



「ラスト・ソング」
(THE LAST SONG)
2010年 アメリカ 107年
鑑賞:2011/9/18
2011年 54本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「ルーザーズ」★★★★ 劇場未公開だけど普通に面白いよ!!

ルーザーズ ポスター ジェフリー・ディーン・モーガン ゾーイ・サルダナ

「ルーザーズ」 観たっ!


 あらすじ
クレイ(ジェフリー・ディーン・モーガン)率いる特殊部隊“ルーザーズ”は、指揮官マックス(ジェイソン・パトリック)に裏切られ、ヘリの墜落によって抹殺されそうになる。しかし偶然にもそのヘリには乗らず命拾いした彼らは死んだものとして軍の記録に残り、それぞれボリビアでくすぶっていた。
ルーザーズ
ルーザーズ ジェイソン・パトリック
しかしある日謎の女アイシャ(ゾーイ・サルダナ)にマックスへの復讐を持ちかけられ、再起をかけた彼らの戦いが始まる。
ルーザーズ ジェフリー・ディーン・モーガン イドリス・エルバ
ルーザーズ イドリス・エルバ ゾーイ・サルダナ
ルーザーズ クリス・エヴァンス
ルーザーズ ジェフリー・ディーン・モーガン ゾーイ・サルダナ イドリス・エルバ


気持ちよくアクション映画!
アクセント付けに因縁の人間関係…みたいな。
そんな割合の映画。
スカッとストレス発散娯楽系だね。


普通に結構よくできてたと思うんだけど、日本ではあんまり有名な俳優さんが出てないせいか、劇場未公開だったの。
残念、面白かったのに。

出演者の中で一番活躍中なのはこの人だね。
ゾーイ・サルダナ
「アバター」「スター・トレック」などですっかり輝かしいキャリアに大躍進した
ゾーイ・サルダナ

ノット・ア・ガール ポスター200 センターステージ ポスター200
私がこの女優さんを知ったのは「センター・ステージ」
バレリーナ役をやってたんだよ~。
あと、ブリちゃんが主演の映画「ノット・ア・ガール」にも出てた!
両方とも面白いのでオススメ

あのころから考えると、ずいぶん出世したなぁ!!
「アバター」は声担当だったのがホントに残念。顔が出てれば日本でも一気に認知度上がっただろうに。。


ジェフリー・ディーン・モーガン
次に有名なのはこの人かな…?
ドラマで活躍してる
ジェフリー・ディーン・モーガン 
「スーパーナチュラル」「グレイズ・アナトミー」とかに出ている。

ハビエル・バルデム
ちなみにオスカー受賞者で、ペネロペ・クルスの旦那のハビエル・バルデムとは別人ですぞ。
私も3回に2回くらい見分けつかないけど。
横向くとわかる。バルデムは鼻筋が高くてかなり特徴的だから。ライオンみたい。
そしてライオンみたいじゃないほうがモーガン…


ジェイソン・パトリック
あとは悪役のジェイソン・パトリックが有名。
かつて「スピード2」「スリーパーズ」に出ていた彼ですよ。


設定とかがいかにもって感じで、斬新さはないにせよ馴染みがあって安心して観れる。
その分アクションやコミカルシーンを満喫できるというかね。
気楽感はあるの。
ま、とにかく頭休めてスカッとしたいときに楽しんじゃってください!!



「ルーザーズ」
(THE LOSERS)
2010年 アメリカ 97分
鑑賞:2011/6/4
2011年 33本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「ローラーガールズダイアリーズ」★★★ ドリュー・バリモア&エレン・ペイジのガールズ・スポーツムービー

ローラーガールズ・ダイアリー ポスター ドリュー・バリモア エレン・ペイジ マーシャ・ゲイ・ハーデン


先日(というか数か月前…)縮毛矯正かけに美容院に行ってきました。
施術時間が長いとDVDを見せてくれるという、私をイチコロにするサービスを展開しているナイスな美容院なの。

ラインナップはごくポピュラーどころの映画のDVDが100本あまり。
しかし前回よりラインナップが確実に増えているところがスバラシイ

映画のDVDの中になぜか数本「スベらない話」とかのお笑い系が混ざっている。
観たいけど、一人で声あげて笑っちゃうと恥ずかしいので、なかなか手を伸ばせない。

今回は 「ローラーガールズ・ダイアリー」 を選んでみた。
オフィシャルサイトはこちら


ちなみに、
「コレにします!」
と担当の男性美容師さんに言うと、私をいつも担当してくれているほんのり東北弁訛りがキュートな彼は
「これ、僕も見ましたよ。途中までそんなに面白くないかなーと思ってたけど、最後に行くとすごく盛り上がって面白かったです!」
とのこと。
映画とか観なそう(勝手な想像)なのに、わざわざこんなガールズムービー観たの!?
お店に置くからちゃんと観とかなきゃという使命感に燃えて!?
さすが、エライ!!
と勝手にまた点数を加算してしまったのでした。(余談)


 あらすじ
退屈な田舎町に住む少女ブリス(エレン・ペイジ)は、母親(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の期待に添えようと勉強やミスコンを頑張る日々を送っていたが、どうもしっくりこない違和感を抱いていた。
そんなある日、彼女は「ローラーゲーム」というスポーツに出会う。それはミニスカート姿の女子たちがローラースケートでトラックを滑走しながら敵チームを追い抜くことで得点を決める、タフでスリリングなスポーツだった。
ブリスは一瞬にしてローラーゲームの虜になり、母親に内緒でさっそく練習を始める。
ファンは多いが連戦連敗の弱小チームの一員となったブリスは、全くのど素人から猛練習を積み、やがてスピードのある滑走を身につけ才能を発揮するようになる。
果たしてブリスは弱小チームを勝利に導くことができるのか…!?



ドリュー・バリモア エレン・ペイジローラーガールズ・ダイアリー ドリュー・バリモア エレン・ペイジ

女性向けロマンスやガールズムービーが得意なドリュー・バリモアの初監督作品。
製作・出演も兼任。
主演は「ジュノ」「インセプション」エレン・ペイジ
ざ・がーるずむーびー!だね。



アメリカン・クライム キャサリン・キーナー エレン・ペイジ ジェームス・フランコ
エレン・ペイジは個人的には「ジュノ」やコレのような、ヌケ感のある少女役好きだな。

「インセプション」(→レビュー)や、まして「ハード・キャンディ」(→レビュー)は気合入りすぎていてこわい……
ペイジ作品でまだ観てないので「アメリカン・クライム」というのがあるけど、これもこわそーー……


マーシャ・ゲイ・ハーデン
最近、映画でもテレビでもたくさん見るマーシャ・ゲイ・ハーデンがママ役で出演。
私がこの人をちゃんと認識し始めたのは「モナリザ・スマイル」からだったけど、いろんなキャラクターを幅広く演じてるなぁと感心する。
さっき調べていて知ったんだけど、2000年にアカデミー賞助演女優賞を受賞してたらしい。
そうなんだ、びっくりした。


ジュリエット・ルイス
あと、隠れた見どころ(?)は久しぶりに見たジュリエット・ルイス
相変わらず美人ではない。
そして、年取ったなぁ……




ええと、はっきり言って、そんなにめっちゃ面白いわけでもないというか…
出来はまぁまぁって感じの仕上がり。
ローラースケートのシーンとか、もうちょっと白熱してもよさそうな気もしたけどね。

美容院の彼は、評価がやさしめだったかなって感じでした。

あ、でもエレン・ペイジファンは見たほうがいいかも。
ぶたさんエプロン姿は必見!!





「ローラーガールズ・ダイアリー」
(WHIP IT)
2009年 アメリカ 112分
鑑賞:2011/2/20 
2011年 12本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る




「RED/レッド」★★★★ おじーちゃんおばーちゃんたちが大暴れ!!

RED ポスター ブルース・ウィリス ヘレン・ミレン モーガン・フリーマン ジョン・マルコヴィッチ

こちらもレビュー遅くなってしまいました。。
「RED/レッド」観ましたっ!!

「RED」は「Retired Extremely Dangerrous(引退した超危険人物)」の略。
CIAを引退したおじーちゃんおばーちゃんたちがCIA相手に暴れる、お年寄りアクションコメディ 笑。
ブルース・ウィリスモーガン・フリーマンジョン・マルコヴィッチヘレン・ミレンという、とっても豪華なおじーちゃんおばーちゃんたち

オフィシャルサイトはこちら


 あらすじ
CIAの凄腕エージェントとして鳴らしたフランク(ブルース・ウィリス)は数年前に引退し現在は年金暮らしの身。役所の年金課の中年女性サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)との電話でのしゃべりに楽しみを見出す穏やかな日々を過ごしていた。
RED/レッド ブルース・ウィリスRED/レッド メアリー=ルイーズ・パーカー
しかしある夜突然CIAに家を襲撃される。武装の男たちを撃退したフランクは自分の電話が盗聴されていたことを悟り、サラに会いにゆく。いきなり現れた電話の男フランクにCIAに狙われているから逃げようと言われ状況を全く呑み込めず必死に抵抗するサラ。しかしフランクは有無を言わさずサラを連れ出し、CIAのクーパー(カール・アーバン)らの追跡の手をかわしながらかつての仲間たち、かつての戦友で今は末期癌で療養所暮らしのジョー(モーガン・フリーマン)、かつて自分の命を狙っていた変人のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)、女性工作員で殺人の腕はピカ一のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)に協力を請い、CIAが自分を狙う理由を突き止めようとする。
RED/レッド ブルース・ウィリス モーガン・フリーマン ヘレン・ミレンRED/レッド ブルース・ウィリス モーガン・フリーマン ジョン・マルコヴィッチ
RED/レッド ブルース・ウィリス カール・アーバンRED/レッド ヘレン・ミレン ジョン・マルコヴィッチ




これだけ大物が勢ぞろいしているというのに、日本での上映がこんなに少ないなんて悲しいッ
ヘレン・ミレンの機関銃ぶっ放しシーンだけでも見る価値十分じゃない!?
ジョン・マルコヴィッチのさすがの変人ぷりとかもスバラシイのよ!!
RED/レッド ヘレン・ミレンRED/レッド ジョン・マルコヴィッチ

このほかにもブライアン・コックス「X-MEN」のストライカー博士や、「ボーン・アイデンティティ」シリーズのアボットなど)やリチャード・ドレイファス「陽の当たる教室」など)も加勢して、ますますお年寄りパワー炸裂。

ただ、とってもショックだったのは
ブルース・ウィリスがおじーちゃんの括りについに仲間入りしちゃったことかな!
時の流れというものは無慈悲なものなのだね。



ええと、この映画は
普段ほとんど映画は見ないヨという方には特におすすめはしません。
もちろん普通には面白いと思うけど、おじーちゃんたちの俳優としてのすばらしいシリアス演技、ガチンコアクション演技などの今までの偉大な功績を思い出して、今回の役とのギャップを楽しみながらってのが一番楽しめると思うので。

それに個人的には、大物ベテラン陣で固めたことに安心したせいかどうか、ストーリー展開にちょっと甘いところがあった気もするので、その分映画見ないヨな人にはおすすめと言えない部分があるのです。。
(そこが逆におじーちゃんたちが目いっぱい楽しむための映画だったんだなというリラックス感(気抜け感?)があるみたい。)


ということで、私はとっても楽しめちゃったけど、皆様は独自ご判断のほどを!



「RED/レッド」
(RED)
2010年 アメリカ 111分
鑑賞:2011/2/16 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2011年 11本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「ロビン・フッド」★★★★★ 12世紀イギリスの庶民のヒーローを描いたアクションドラマ

ロビン・フッド ポスター リドリー・スコット ラッセル・クロウ

やっと~!!
「ロビン・フッド」 観てきましたーー!!
イギリスのアウトローヒーロー“ロビン・フッド”が、監督リドリー・スコット、主演ラッセル・クロウ「グラディエーター」コンビで復活。
共演はケイト・ブランシェット

内容的には、ロビン・フット・ビギンズって感じだったよ。


 あらすじ
12世紀イギリス。弓の名手ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、ひょんなことから遠征先で命を落とした田舎の農村ノッティンガムの領主ウォルター・ロクスリー(マックス・フォン・シドー)に頼まれ、領主の息子ロバート・ロクスリー(ダグラス・ホッジ)のふりをすることになる。
一方、遠征先で命を落としたリチャード王の後を継いだ弟のジョン王は税の取り立てを厳しくし、貧しい村々は圧政に耐え兼ね反乱を起こそうとしており、国は内乱寸前であった。しかしフランスがイギリス侵攻を企てており、イギリスはかつてない危機を迎えていた。
そんな中、ロビンは王に国民を圧政で縛らず自由を法律で認めることを約束させるかわりに王への忠誠を誓い、国を一つにまとめてフランスの侵攻を食い止めるため、反乱軍と国王軍を一つにまとめる。



シャーウッドの森に潜んで、たびたび村に出てきては代官や領主の圧政に苦しむノッティンガムの民衆たちを救うアウトローヒーローになるロビン。
なぜ彼がそうなったかという来歴的な内容です。


ロビン・フッド ラッセル・クロウ
ラッセル・クロウは歴史もの似合うね。
なんか現代ものよりカッコ良く見える…?


ロビン・フッド ケイト・ブランシェット
一方のケイト・ブランシェットも歴史ものが似合う。
モダンなファッションももちろん似合うんだけど、歴史ものもばっちりの顔立ちだよね、
しかもスタイルが良くて顔が小っちゃいので、立ち姿が絵のように美しい


そのほかにも、観たことあるかも…っていう方々がちらほら。

ロビン・フッド マーク・ストロング
自国を裏切りフランス軍を手引きするイギリス人ゴドフリーは
マーク・ストロング
最近、いくつかの作品で重要な役柄で見かける。
「シャーロック・ホームズ」の悪役とか「ワールド・オブ・ライズ」とか。
「ワールド~」は、髪の毛とヒゲのある役だったから雰囲気違いすぎて気づけなかった…

ロビン・フッド ウィリアム・ハート
こちらはベテランの名優
ウィリアム・ハート
国王の側近役。

ロビン・フッド ダニー・ヒューストン
こちらも全然気づけなかったダニー・ヒューストン
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」とかに出てたのに。
全く、全然、ちらっとも気づかなかった。


ロビン・フッド リドリー・スコット ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット
監督は名匠リドリー・スコット!!
大好きな監督さん
この人の撮る歴史ものはなんでこんなに重厚で壮大でかっこいいんだろう…
エンタメとしてのエキサイティングさとわかりやすさを維持しながら、品格があって映像も美しいのでミーハーにならない。

ラッセル・クロウとは「グラディエーター」(2000年)以来5本目。
ゴールデンコンビだね。



この映画は、「物足りない」と思う人もいるかもしれない。
ロマンスやコメディ要素が諸所に盛り込まれていて、戦いのシーンがそんなに充実しているわけではないから。
それにビギンズだから、いわゆる“ロビン・フッド”の、アウトローなヒーローという場面はほとんど描かれてないから。

でも、私はなんだか満足できてしまった。
なんだろう、私のツボをくすぐってくれる何かが色々散りばめられてたんだな、きっと。
ロビンとマリアンのほんわり恋愛もいい感じだったし、おじいちゃん(正確にはマリアンの義父ウォルター卿)のキャラクターもよかったし、ロビンの戦友の男たちやノッティンガムの神父のキャラクターもよかった。

この映画に激しい戦闘シーンを期待していた人には不満だろうけど、ほのぼの系の人間ドラマを観たい人にはいいんじゃないかなーって思うの。

人間ドラマ好きな人は、ぜひ見に行ってみてね!!



「ロビン・フッド」
(ROBIN HOOD)
2010年 アメリカ/イギリス 140分
鑑賞:2011/1/11 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 4本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«08月 | 2017年03月 | 09月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
91位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。