歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」★★★☆ 英国初の女王の伝記ドラマ第2弾!

すんません、アップするの遅くなってしまった。。


エリザベス:ゴールデン・エイジ ポスター ケイト・ブランシェット

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」観ました。
英国の女王エリザベス一世を描いた歴史ドラマ。
前作「エリザベス」(1998年)に続き、9年ぶりの今作でもケイト・ブランシェットはアカデミー賞主演女優賞にノミネート。
(2作とも残念ながら受賞はならず。)


 あらすじ
16世紀、世界最強の国スペインがヨーロッパのすべての国を自国の信奉するカトリックにすると誓いを立て、国と結婚した“ヴァージン・クイーン”エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)が治めるプロテスタント国イギリスはスペインの脅威に晒されていた。威厳あふれるエリザベスは部下たちの信奉も厚かったが、国内の反乱分子であるカトリック信者たち、不義の子であるエリザベスを正当な女王と認めないスコットランド王女のマリアなど、様々な問題も抱えていた。
未開の土地を巡ってきた航海士ウォルター(クライヴ・オーウェン)と出会ったエリザベスは彼に心惹かれるが、もっとも信頼を置く侍女ベス(アビー・コーニッシュ)と彼が結ばれたことを知り、ヴァージン・クイーンとしての孤独に苛まれていたエリザベスは二人の裏切りにひどく傷つく。しかしスペインの巨大艦隊が目前に迫り、エリザベスは私心を捨てイギリス女王として自国を守るためスペイン軍と対決する。
エリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェット
エリザベス:ゴールデン・エイジ クライヴ・オーウェンエリザベス:ゴールデン・エイジ クライヴ・オーウェン アビー・コーニッシュ
エリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ


このシリーズ、前作観たときも思ったけど、ケイト・ブランシェットの演技は迫力あるんだけど、ストーリー自体は…まとまってる…?んん…??と思っちゃう。

それは今作も一緒でした。
…なんで?


ほかは、コスチュームもセットも美しくて迫力満点、ケイト・ブランシェットももちろんだし、脇役のジェフリー・ラッシュ(「英国王のスピーチ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」など)もリス・エヴァンス(「ハリポタ」「ノッティングヒルの恋人」「ヒューマン・ネイチュア」など)も見応えあってよいんだけどなぁ。。


「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
(ELIZABETH: THE GOLDEN AGE)
2007年 イギリス・フランス 114分
鑑賞:2011/12/5 
2011年 79本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

チャングム コンプリートしたー!!

最近毎日見ていたチャングム、やっと全話観終わったよーー!!


「チャングム」見たことある?

宮廷女官 チャングムの誓い ポスター




名前は前から知ってたけど、特に興味をそそられなかったんだよね。
でも、周りで「韓国ドラマはそんなに観たことないけど、アレは面白いよ~」という人が多かったので、一応チェックしとくかって感じで見始めたのがきっかけ。

 あらすじ
宮廷で調理を任される水刺間(スラッカン)の女官ミョンイ(ヤム・ヘソン)は、権力者チェ一族出身の同僚女官の秘密を知ってしまい、ひそかに毒殺される。しかし幸運にも一命を取り留めた彼女は田舎に身を潜め娘チャングム(イ・ヨンエ)を産み育てるが、再びチェ一族の追っ手に見つかり殺されてしまう。無念の死に際で母親から「水刺間の頂点である最高尚官(チェゴサングン)になり、最高尚官だけが受け継ぐ秘密の書に自分の無念を綴ってほしい」と遺言を託された幼いチャングムは、女官見習いとして宮廷に入る。
水刺間の上級女官であるハン尚官(ハンサングン。ヤン・ミギョン)の薫陶のもと美しく優秀な女官に成長したチャングムは、代々水刺間を支配してきた権力者チェ一族出身のチェ尚官(キョン・ミリ)や、その姪である同僚女官クミョン(ホン・リナ)らからたびたび妨害を受けるが、持ち前の聡明さと誠実さ、情熱で功績を上げていく。

チェ尚官らをはじめ、富や権力、嫉妬に目がくらんだ人々の陰謀により、試験で落第しそうになったり宮廷から追放されそうになったり処刑されそうになったりといくたびも窮地に見舞われるけど、そのたびに素晴らしい閃きと頭脳で不死鳥のように蘇るチャングム。
あらゆる陰謀や人間関係のこじれ?がてんこ盛り。そこらへんはさすが韓ドラ!

全54話なんだけど、1話が長い。CMなしでも1時間10分くらいある。
なんでなんだろう… ナゾです。

キャラクター相関図はこちらで見てね。
チャングム キャラ相関図(LaLaTV)


チャングムの魅力は一言で言えば、チマチョゴリと、料理・医療のお勉強ができるところと、チャングムの超・快進撃の爽快さかな。
時間があるときに一気見がオススメ



コンプ記念らくがき。
チャングム イラスト




親切なクムジャさん ポスター200
ちなみに、チャングム役のイ・ヨンエって、 「親切なクムジャさん」の人だったんだね!!
知らなかった!!!
がぜん興味そそられた。今度見てみよー。

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」★★★★☆ 予想より面白かった!!

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ポスター ローガン・ラーマン ミラ・ジョヴォヴィッチ オーランド・ブルーム クリストフ・ヴァルツ

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 観てきました!

ド派手歴史アクション、キターー!
面白かったよ~~~!!


予算カットで銃士が解散になってしまい飲んだくれている三銃士たち、田舎から出てきて威勢だけはいいダルタニアン、若くして王座につき政略結婚だが王妃に熱い恋心を寄せるフランス王、その後見として実権を握る野心家の枢機卿、枢機卿の部下で三銃士の天敵である隊長、そしてフランスを虎視眈々と狙うイギリスとの権力者バッキンガム公爵、そしてフランスの二重スパイとしてバッキンガム公爵の元に潜入する美女ミレディ。

なんともにぎやかでスペクタクルなキャラクター配置(笑)
まさにエンタメ映画。


キャスト配置がまた違う意味でスペクタクルで、主役の三銃士とダルタニアンより、枢機卿、バッキンガム、ミレディのほうが断然大スター。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 クリストフ・ヴァルツ
若くて未熟なフランス王を陰で操る野心家の枢機卿役
クリストフ・ヴァルツ
オスカーを獲った「イングロリアス・バスターズ」の影響でかなりアクの強い悪役づいてる彼(私はかなりスキだ。)だけど、今回はかなりまろやか。
ちょっともったいない。。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ミラ・ジョヴォヴィッチ
二重スパイも辞さない悪女ミレディ役
ミラ・ジョヴォヴィッチ

「バイオハザード」の17世紀フランスコスチューム版。ゴージャスドレスですごい頑張ってる。
あのコスチュームであんなにアクションやってる映画観たことない…かも。
役どころもかなりキーキャラクターで、三銃士の一人アトスとかつて恋人同士だったがバッキンガム公爵に買収されて三銃士を裏切り、以来アトスに憎まれている女。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 オーランド・ブルーム
最後に、フランスの領地を虎視眈々と狙うイギリスの権力者バッキンガム公爵役
オーランド・ブルーム

初のヒールらしいが、やっぱり笑うとタレ目が優しい。憎めないオーリーくん。


こんなビッグスター3人を脇に配置し、メインはこの4人。
個人的にはこっちのがツボだった!!
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ローガン・ラーマン マシュー・マクファディン レイ・スティーヴンソン ルーク・エヴァンス
左から、
ポルトス役のレイ・スティーヴンソン
アトス役のマシュー・マクファディン
ダルタニアン役のローガン・ラーマン
アラミス役ルーク・エヴァンス

アトス役のマクファデンが、声が低くてかっこいいの
そしてアラミスが……!!
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 マシュー・マクファディン三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ルーク・エヴァンス



アクションハデでお祭り騒ぎでリアリティなんてそっちのけなんだけど、それなりに話もまとまってて純粋に楽しめるナイスな出来だったよ!
3Dで観る価値ありのアクションだった!


「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
(THE THREE MUSKETEERS)
2011年 フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ 111分
鑑賞:2011/10/27 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 64本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「イングロリアス・バスターズ」★★★★ ナチスを描いたタラ映画って!

イングロリアス・バスターズ ポスター ブラッド・ピット

いまさらだけど
「イングロリアス・バスターズ」観ました!
タラ作品がアカデミー賞作品賞にノミネートされるなんて!
信じらんない。。


 あらすじ
ヒトラー時代のドイツ。秘密警察で“ユダヤ・ハンター”の異名で知られるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を皆殺しにされ、自分だけ命からがら逃げ出した過去を持つ女性ショシャナ(メラニー・ロラン)は、現在は小さな映画館を営んでいた。
ある日ひょんなことから彼女の映画館にナチスの将校たちが集まり上映会を行うことになる。その中にはランダ大佐も招かれていた。この一生に一度のチャンスに、ショシャナはランダ大佐をはじめ将校たちを映画館で皆殺しにする計画を立てていた。
イングロリアス・バスターズ  クリストフ・ヴァルツイングロリアス・バスターズ メラニー・ロラン
その頃、ナチスの軍人たちを次々と血祭りに上げるアメリカ人を中心とした部隊“イングロリアス・バスターズ”が将校たちに恐れられていた。彼らもドイツ人スパイを通して上映会のことを聞きつけ、上映会に潜り込み将校たちを皆殺しにする作戦を練っていた。
イングロリアス・バスターズイングロリアス・バスターズ  ダイアン・クルーガー
しかし、鋭い洞察力を持つランダ大佐はいち早く不穏な空気を嗅ぎ付け、彼らの行動を監視し始めていた。
そして上映会当日。果たしてショシャナ、バスターズはランダ大佐の疑惑の目をかいくぐり計画を成功させることができるのか、そして彼らの行く末は…
イングロリアス・バスターズイングロリアス・バスターズ メラニー・ロラン
イングロリアス・バスターズ ブラッド・ピットイングロリアス・バスターズ クリストフ・ヴァルツ


いかにもタラ作品らしい仕上がり。
ナチスの話は、今までいろんな監督が描く際には細心の注意を払って扱ってきたデリケートな題材のはずなのに、タラったら…
こんなスプラッター映画みたいな娯楽テイストで作品作っちゃうとは、なんて恐れ知らずな。。。
これはタラにしかできないよね~~。


今回ブラッド・ピットは「別に彼じゃなくてもよかったんじゃね?」という程度の役だったような…。
客○せ……?

むしろ注目はこの3人でしょ!

メラニー・ロラン
ショシャナ役
メラニー・ロラン
この役で一挙に全国区になった彼女。
私もこの役で認識したんだけど「オーケストラ!」に出てる子だった~!
「オーケストラ!」ずっと気になってたのに行けなかった映画なの。
新作「黄色い星の子供たち」も気になる。
今後はドイツものじゃない作品でも見てみたい!

ダイアン・クルーガー
ドイツの人気女優でありながらスパイという役の
ダイアン・クルーガー
前からきれいな人だなーとは思ってたけど、あんまり印象に残らないフツーの美人役って感じだったけど…
今作は最高!!
一気に好きになっちゃった!!!
こういうなりきった演技のできる人なんだ!と見る目が変わった。
今後に期待

クリストフ・ヴァルツ
そして、アカデミー賞助演男優賞を見事受賞の
クリストフ・ヴァルツ
人を食った、アクの強いキャラクターを見事にイヤミに演じててイイ。
「うわー、こいつーー!」と思いながらなんか顔がニヤニヤしちゃう…
この作品の後の「グリーン・ホーネット」でもイッちゃってる悪役を演じててインパクト大。
次は違うタイプの役が観たいです!



ドイツやユダヤ人の人とかはどう思うのかな…と結構不安になるくらい
タラ色がしっかり出てます。
ここまでしっかり貫いてくれるとあっぱれって気になる。

出演俳優のファンかタラ好きだったらおすすめ!!



「イングロリアス・バスターズ」
(INGLOURIOUS BASTERDS)
2009年 アメリカ 152分
鑑賞:2011/4/10 
2011年 17本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「ロビン・フッド」★★★★★ 12世紀イギリスの庶民のヒーローを描いたアクションドラマ

ロビン・フッド ポスター リドリー・スコット ラッセル・クロウ

やっと~!!
「ロビン・フッド」 観てきましたーー!!
イギリスのアウトローヒーロー“ロビン・フッド”が、監督リドリー・スコット、主演ラッセル・クロウ「グラディエーター」コンビで復活。
共演はケイト・ブランシェット

内容的には、ロビン・フット・ビギンズって感じだったよ。


 あらすじ
12世紀イギリス。弓の名手ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、ひょんなことから遠征先で命を落とした田舎の農村ノッティンガムの領主ウォルター・ロクスリー(マックス・フォン・シドー)に頼まれ、領主の息子ロバート・ロクスリー(ダグラス・ホッジ)のふりをすることになる。
一方、遠征先で命を落としたリチャード王の後を継いだ弟のジョン王は税の取り立てを厳しくし、貧しい村々は圧政に耐え兼ね反乱を起こそうとしており、国は内乱寸前であった。しかしフランスがイギリス侵攻を企てており、イギリスはかつてない危機を迎えていた。
そんな中、ロビンは王に国民を圧政で縛らず自由を法律で認めることを約束させるかわりに王への忠誠を誓い、国を一つにまとめてフランスの侵攻を食い止めるため、反乱軍と国王軍を一つにまとめる。



シャーウッドの森に潜んで、たびたび村に出てきては代官や領主の圧政に苦しむノッティンガムの民衆たちを救うアウトローヒーローになるロビン。
なぜ彼がそうなったかという来歴的な内容です。


ロビン・フッド ラッセル・クロウ
ラッセル・クロウは歴史もの似合うね。
なんか現代ものよりカッコ良く見える…?


ロビン・フッド ケイト・ブランシェット
一方のケイト・ブランシェットも歴史ものが似合う。
モダンなファッションももちろん似合うんだけど、歴史ものもばっちりの顔立ちだよね、
しかもスタイルが良くて顔が小っちゃいので、立ち姿が絵のように美しい


そのほかにも、観たことあるかも…っていう方々がちらほら。

ロビン・フッド マーク・ストロング
自国を裏切りフランス軍を手引きするイギリス人ゴドフリーは
マーク・ストロング
最近、いくつかの作品で重要な役柄で見かける。
「シャーロック・ホームズ」の悪役とか「ワールド・オブ・ライズ」とか。
「ワールド~」は、髪の毛とヒゲのある役だったから雰囲気違いすぎて気づけなかった…

ロビン・フッド ウィリアム・ハート
こちらはベテランの名優
ウィリアム・ハート
国王の側近役。

ロビン・フッド ダニー・ヒューストン
こちらも全然気づけなかったダニー・ヒューストン
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」とかに出てたのに。
全く、全然、ちらっとも気づかなかった。


ロビン・フッド リドリー・スコット ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット
監督は名匠リドリー・スコット!!
大好きな監督さん
この人の撮る歴史ものはなんでこんなに重厚で壮大でかっこいいんだろう…
エンタメとしてのエキサイティングさとわかりやすさを維持しながら、品格があって映像も美しいのでミーハーにならない。

ラッセル・クロウとは「グラディエーター」(2000年)以来5本目。
ゴールデンコンビだね。



この映画は、「物足りない」と思う人もいるかもしれない。
ロマンスやコメディ要素が諸所に盛り込まれていて、戦いのシーンがそんなに充実しているわけではないから。
それにビギンズだから、いわゆる“ロビン・フッド”の、アウトローなヒーローという場面はほとんど描かれてないから。

でも、私はなんだか満足できてしまった。
なんだろう、私のツボをくすぐってくれる何かが色々散りばめられてたんだな、きっと。
ロビンとマリアンのほんわり恋愛もいい感じだったし、おじいちゃん(正確にはマリアンの義父ウォルター卿)のキャラクターもよかったし、ロビンの戦友の男たちやノッティンガムの神父のキャラクターもよかった。

この映画に激しい戦闘シーンを期待していた人には不満だろうけど、ほのぼの系の人間ドラマを観たい人にはいいんじゃないかなーって思うの。

人間ドラマ好きな人は、ぜひ見に行ってみてね!!



「ロビン・フッド」
(ROBIN HOOD)
2010年 アメリカ/イギリス 140分
鑑賞:2011/1/11 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 4本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«06月 | 2017年07月 | 08月»
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
78位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。