★4.5個

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「悪意」★★★★☆ “書く”とは… 

東野圭吾著 「悪意」

2010最初のレビューは、映画じゃなくて本で。
映画は今年入ってまだ1本も観てないっス!!にゃさとと-汗
とりあえず面白かったので、読書報告。。

東野圭吾の「悪意」読みました。

東野圭吾は、映画にもなった「容疑者Xの献身」を読んで大好きになってしまった作家さん。
その後何冊か読んだけど、「容疑者X~」に匹敵するインパクトを受けた作品に出会ったのはコレが1冊目だわ。


 あらすじ
人気作家の日高邦彦が殺された。日高の幼馴染であり今も親しくしている野々口修は、日高が自宅で死んでいるのを日高の妻と一緒に見つけた第一発見者であった。駆け出しの児童文学の作家である野々口は身近な人間の殺害事件を記録する意味で手記を書きはじめる。
野々口は、児童文学の作家になる前は教師であったが、その時に同じ学校で教えていた加賀恭一郎と偶然再会する。彼は教師を辞め今は刑事となっていた。そして日高邦彦殺害事件の担当であった。
野々口は事件の関係者として加賀たちから事情聴取などで話をするうち、自分が事件の手記を書いていることを打ち明ける。加賀からその手記をぜひ読ませてほしいと頼まれた野々口は警察に手記を見せた。そこには、事件当日の日高や日高の妻、野々口本人のことなどが記され、またその後の事件の展開や野々口を含む遺された者たちの様子が記されていた。
それは一見事件を克明に記録しているように見えたが、加賀刑事は手記に疑いの目を向けていた。


テーマは“書く”こと。
“書く”とはどういうことか、“書かれたもの”とはどういう危険を孕むものなのかを考えながら読みたい1作。

展開が二転三転するミステリーなので、はっきり言ってできるだけ内容はここではバラしたくない…
読んで楽しんでください。。

ちなみに、NHKで2001年にドラマ化もされたらしい。
「うむ、やっぱりされてたか」ってくらい面白い作品だったので納得。
ドラマでは加賀刑事は西原という人物に変更になっていて、演じたのは間寛平
間寛平!? すごいチョイスだ。。。
野々口は佐々木蔵之介、日高は宅麻伸だったらしい。
原作では2人は同級生という設定だったけど、ずいぶん年齢が離れたキャスティング…
→詳しくはWikiで



東野圭吾はたくさん本を出している作家だけど、ランダムに選んで順番も特に気にせず読んでいた作品の中に加賀刑事が登場する本が複数あることを発見!
特に今回の「悪意」の1コ前に読んだ「嘘をもうひとつだけ」は、加賀刑事が事件を解いていく短編集を集めた本だったので、加賀シリーズなんてものが存在するなんて知らなかった私は「悪意」を読み始めて、
あれ、こないだの刑事がまた出てる! なんで?
とびっくり。。

今回加賀シリーズについてちょっと調べて気づいたんだが、
さらにその前に読んだかなり昔の東野圭吾の小説「卒業」は、大学生の加賀が殺人事件に巻き込まれるという、加賀初登場の小説だったらしい。
偶然。なんかコワイ…
卒業 (講談社文庫)東野圭吾著「卒業」

ちなみに「卒業」はあんまり好きじゃなかった。
加賀が親しくしている同じ大学の学生7人だがのグループのなかで3人も死ぬというかなり過激な内容だったし、加賀は仲間がどんどん殺されるのに(大学生のくせに)結構冷静に事件を推理していく、ちょっと信じられない神経の持ち主というキャラで全然共感できなかったから。。。
 


→「加賀シリーズ」について、詳しくはWikiで。

加賀は、デキる刑事なんだが、暗い…
デキすぎて若干ムカつくし…
そしてしつこい。(だからきっとデキる刑事なんだけど)

まぁいいや。
加賀シリーズを知らずに3冊も続けて読んじゃってたのも何かの縁だろう。
(何の縁だ……なんかコワイ)
選択肢がいろいろあるとすごく迷っちゃう優柔不断者のわたしなので、とりあえずたくさんある東野圭吾作品は加賀シリーズから制覇していこうっと。


スポンサーサイト

映画観ました:2009年4月

鑑賞した映画の感想です。2009年4月は 14 本観ました。
年通算で53本。

5点満点は1/2コです。
目安↓
★★★★★ (5.0)…死ぬ前に必ず見ないとダメ!  ★★★★☆ (4.5)…今年のNo.1かも!?  ★★★★ (4.0)…かなりオススメ   ★★★☆ (3.5)…普通に面白い  ★★★ (3.0)…マニアでなくても楽しめるギリギリライン  ★★☆ (2.5)…映画マニアならたのしめる…かな?  ★★ (2.0)…別に見なくていい  ★☆ (1.5)…もっとがんばってください   (1.0)…こんな駄作作りよってからに   (0.5)…この世から消滅しちまえ!!

映画館で見たは「映画館で見た」印。


4/29 映画館で見た 「トワイライト~初恋~」 2008米 ★★★☆
トワイライト 話題のヴァンパイアと人間のラブ映画。気になって気になってやっと見に行ってきました!
感想はこちら→



4/27 「ミスト」 2007米 ★★★
ミスト スティーブン・キング原作×フランク・ダラボン脚本・監督作品。ヒューマンドラマの大傑作「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」を生み出したゴールデンコンビですが、今回は打って変わってホラー&モンスター映画。どうなるかな~。
感想はこちら→



4/27 「Sweet Rain 死神の精度」 2007日 ★★★
Sweet Rain 死神の精度 原作を読み終わったので観ました。愛する金城武主演は嬉しいけれど、原作のイメージからすると金城ではちょっとカッコよすぎる…。もっとふつーの地味な男性がよかったなぁ。。
映画は原作のストーリーをはしょって作られてますが、それなりにちゃんとまとまっていたので良かったです。原作には居なかった死神の連絡員みたいなワンコも登場。



4/26 「サウスバウンド」 2007日 ★★☆
サウスバウンド 元過激派の父親(トヨエツ)は、今はろくに働かず家でゴロゴロしているが、息子の学校に怒鳴り込みに行って校庭で騒いだり、「社会保険は国民の義務」と言って年金の徴収に来たおばちゃんに「国内には住むけど国民をやめるから払う必要ない!」と言ってもめてみたりとトラブルメーカー。息子はそんな父親が厄介だし、恥ずかしいと思っている。両親と兄妹の一家のお話です。
偏屈ジジイとかでいそうなタイプの人。たしかに周りにいると厄介だな~と思いながらも、自分の主張を通すには偏屈ジジイみたいなる必要もあるのかな、と思いました。



4/25 「僕の彼女はサイボーグ」 2008日 ★★★
僕の彼女はサイボーグ 綾瀬はるかも小出恵介も好きだし、話も面白そうと思って観ました。
結構面白かったです。ていうか綾瀬はるか可愛かったハート 調べてみたら、脚本・監督のクァク・ジェヨン「猟奇的な彼女」とかの監督さんでした。なるほどそう言われてみれば設定は似てるかな。彼は強い女の子が好きなんでしょうか。で、その子が時々見せる弱さにグッとくるとか。…ツンデレ?



4/19 「アフタースクール」 2008日 ★★★
アフタースクール 佐々木蔵之介大泉洋堺雅人そろい踏み。この三人の中では蔵之介がスキなのでそれ目当てで観たんですが、 観たら大泉洋がカッコよかった!大泉ファンが身近にいるんですが、彼女の気持ちにやっと共感できました(笑)
もっと普通のサスペンスなのかなと思っていたけど、思っていたほど硬派な推理モノでも軽妙なタッチでもなくて、その中間て感じ。大泉洋の飄々とした感じが映画全体のカラーを引っ張ってました。



4/18 「バッテリー」 2006日 ★★☆
バッテリー 今をときめく「おくりびと」滝田洋二郎監督作品です。
中学生天才ピッチャーが、病弱な弟ばかりに気を配る家族への反発や高い自尊心からくるとっつきにくい性格などを抱えながらも、チームの少年たちと友情を育んで成長していく物語。
中学生といってもまだ上がりたての中学一年生たちのドラマなので、青春だけどまだ子供っぽいところもあるちょっと新しい感じの青春スポーツ映画でした。



4/18 「バイオハザードIII」 2007米 ★★☆
バイオハザードIII やっと観ました。
いつものヒロイン アリス役のミラ・ジョヴォに加えて、アリ・ラーターも大活躍だと期待してたんですが、ラーターはそんなに活躍シーンが多くなくて残念。。
映画冒頭のアリスが研究室を抜け出そうとして失敗するシーンはとっても印象的でした。
なんか最後は変なモンスターまで出てきて大変なアリス。かわいそうな子…かお



4/18 「ドラゴン・キングダム」 2008米 ★★
ドラゴン・キングダム ジャッキー・チェンジェット・リー、アジアの2大アクションスターの共演です!
の割にはちょっと作りが安いかんじ…、残念。もっと脚本(というか原作選びから)頑張ってほしかった!
ちゃんと二人が戦うアクションシーンがありますので、そこをじっくり堪能してください。



4/18 「きみにしか聞こえない」 2007日 ★★☆
きみにしか聞こえない ルーキーズでスキになってしまった小出恵介が気になって観ました。
ある日突然、見ず知らずの男女がテレパシーで会話できるようになる。友達もいない孤独な少女と、障害で口が利けないことをなかなか彼女に打ち明けることが出来ない少年という取り合わせの話です。
孤独な少女役の成海璃子が良かった。



4/15 映画館で観た 「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」 2009米・中・日・台・韓 ★★★★☆
レッドクリフ PartII 観てきました~~最終決戦~~!!
良かったです!これは映画館で観ましょう!!
感想はこちら→



4/13 「いつか眠りにつく前に」 2007米・独 ★★
いつか眠りにつく前に マイナーな映画なのに、チョイ役(!)でメリル・ストリープが出ていてとってもびっくり。でも内容的には「結局何が言いたかったんだろう……」という感じの茫洋とした映画だったので、あんまりお勧めはしませんが。。



4/8 映画館で観た 「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 2008日 ★★★☆
20世紀少年 第2章 3部構成の真ん中、第2章を観てきましたよ~!
感想はこちら→



4/7 「ザ・マジックアワー」 2008日 ★★★
ザ・マジックアワー 三谷幸喜の映画はいつもキャストが豪華ですねぇ。さすがですねぇ。
「ザ・有頂天ホテル」では役所広司、今作では佐藤浩市。日本映画界の中堅年代の代表格をしっかりゲットしてますね。あとは海外進出組の渡辺謙と真田広之ですかねぇ!コメディでどたばたしている二人…想像できないけど。





映画観ました:2009年3月

鑑賞した映画の感想です。2009年3月は 14 本観ました。
年通算では39本。

5点満点は1/2コです。
目安↓
★★★★★ (5.0)…死ぬ前に必ず見ないとダメ!  ★★★★☆ (4.5)…今年のNo.1かも!?  ★★★★ (4.0)…かなりオススメ   ★★★☆ (3.5)…普通に面白い  ★★★ (3.0)…マニアでなくても楽しめるギリギリライン  ★★☆ (2.5)…映画マニアならたのしめる…かな?  ★★ (2.0)…別に見なくていい  ★☆ (1.5)…もっとがんばってください   (1.0)…こんな駄作作りよってからに   (0.5)…この世から消滅しちまえ!!


3/30 「NEXT -ネクスト-」 2007米 ★★☆
NEXT -ネクスト- 私の愛するニコラス・ケイジ主演。自分に関係する2分だけ先の未来が予知できる能力を持つ男が、FBIにテロの阻止の協力を依頼される話。
2分先を見て「このやり方じゃダメだ、じゃぁこっちは?」といろいろ自分の行動の結果をシュミレートする彼。最初は「気になる彼女にどうやって声をかけるか」なんてとっても身近な使い方をしてるけど、最後のほうは分身してるみたいなスーパーヒーローになっちゃっていてやりすぎ感が否めません…かお最後の終わり方も「え、そのオチなの?」という物足りない結末でした。sc06



3/28 「再会の街で」 2007米 ★★★★
再会の街で コメディアンであるアダム・サンドラーのこんなシリアスな演技を見れる映画。
911で妻子を亡くし、精神のバランスを崩してしまって孤独に生きているチャーリー(サンドラー)。彼と学生時代にルームメイトだったが、卒業以来付き合いの途切れてしまっていたアラン(ドン・チードル)は、街で偶然彼を見かけ声をかけた。そこから始まる二人のお話です。
911で家族や友人を亡くした人が今もあの街で大勢暮らしていて、今もチャーリーのように苦しみながら生きているのかも。



3/27 「卒業の朝」 2002米 ★★★☆
卒業の朝 由緒ある男子校で教えていた教師と、彼の教え子で久しぶりに集まった同級生たち。問題児であった生徒が今では親の後を継いで大企業のトップとなり、幼かった生徒たちはみんな立派な大人になっていた。彼らの学生時代を思い出しながら、先生は昔の挫折を改めて噛み締めて苦い気持ちになったりする。
めでたしめでたしのご都合主義ではなく、とても現実的な結末になってます。再びの挫折、無念さあり、別の部分での救いもあり。教師って仕事は大変だなぁと思う映画。



3/25 「デトロイト・メタル・シティ」 2008日 ★★★
デトロイト・メタル・シティ この作品が大好きな妹が買ったDVDを拝借しての鑑賞。
私のまわりの鑑賞者からは絶賛の声が多かったんですが、私はその波に乗れませんでした~波あ''~絵文字名を入力してください
でも捨て身とも見える松山ケンイチの両極端演技は感動しましたです!クラウザーさんは化粧濃いので「実は松山ケンイチが演じてないんだよ」と言われれば、普通に信じそうなくらい素顔がわからないかお



3/23 「大いなる陰謀」 2007米 ★★★★
大いなる陰謀 政治・社会活動に熱心なロバード・レッドフォード主演・監督らしい、硬派な社会派ドラマです。
アメリカ軍隊に属し現在戦闘真っ只中の2人の優秀な元大学生と、かつて彼らを教えていた大学教授(ロバード・レッドフォード)、元大学生らのチームを戦場に派遣した上院議員(トム・クルーズ)、上院議員にインタビューに来た新聞記者(メリル・ストリープ)。政治家の傲慢や政治的判断と、その犠牲になる兵士、それを告発できないメディアの関係を、主に彼らの会話を通して描くという大人な構成の映画。そんなところもレッドフォード。
超大物俳優俳優たちの静かな会話による競演をご堪能くださいまし。



3/20 「88ミニッツ」 2006米 ★★
88ミニッツ アル・パチーノは名優なのに、なんでときどきこういう安っぽい映画に出るんだろう。
B級サスペンスでした。無駄に美女とヌードと惨殺が多くて、オチは斬新ではない映画。
暇つぶしくらいにはいいかも。



3/20 「グッド・シェパード」 2007米 ★★☆
グッドシェパード CIAに勤める男の仕事と家庭崩壊の話。マット・デイモンアンジーデ・ニーロ他出演陣が豪華です。が、話はあんまり動きのない暗い内容だなー…と。
CIAで働いて家族にウソばっかりついていると、こんな風に家庭崩壊しますヨという、エリートなのに幸せじゃない男の人生が紹介されている映画です。わびしい…



3/20 映画館で観た 「ワルキューレ」 2008米・独 ★★★★☆
ワルキューレ トムくん主演。ヒットラー暗殺計画を進めるドイツ軍人たちの話です。歴史×スリル×ドラマ。
とってもとってもよかったですキラキラ
感想はこちら→



3/19 「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」 2007米 ★★★★
チャックとラリー おかしな偽装結婚!? アダム・サンドラーも好きなんですが、黒服のほうのケヴィン・ジェームズ「最後の恋のはじめ方」で見てから気に入りなので、見ちゃいました~。
妻を亡くした愛妻家の消防士のラリーは、自分の生命保険の受取人を子供たちに変更する事務手続きに半年もかかると言われ、早急に手続きを行うには誰かと再婚すればよいのだということを知る。そこで、親友の消防士仲間で女たらしのチャックとゲイ婚を装うことを思いつく。役所の監査官の目を欺くためゲイっぽいことをいろいろ試してみたりするというコメディです。オバカコメディではあるんだけど、最後はハートウォーミングな良い映画でした~笑。読後感、じゃなくて観後感がヨカッタので、何度も繰り返し見ちゃった。



3/18 映画館で観た 「ヤッターマン」 2008日 ★★☆
ヤッターマン 当初は見に行くつもりなかったのに、なぜだかやたらと観に行きたくなってしまって自分を抑えられませんでした。
感想はこちら→



3/14 「素晴らしき日」 1996米 ★★☆
素晴らしき日 なんとなく古いラブコメが観たくなってしまいました。 ちょうどジョージ・クルーニーがERに出始めて人気が出てきたころ?の映画です。
ソリは合わないがお互いに子供を一人持つのシングルペアレントが、仕事の都合でやむを得ず子守を代わりばんこに担当する話。これを見ると「子供って大変だなーー」と思います。特に男の子のほう…



3/8 「ブロークバック・マウンテン」 2005米 ★★★
ブロークバック・マウンテン 個の話題作をやっとやっと観ました。。制作4年も前だうおぉぉおぅ
アカデミー賞にもたくさんノミネートされ、監督賞などを獲った作品です。一言で言うと、カウボーイのゲイ恋愛の映画。こういう作品がアカデミー賞に選ばれることがスゴイ。
内容に触れると完全ネタバレになってしまうので言えない!!かなり切ないです!
ヒース・レジャーは薄幸の表情がよく似合います。それがまたいっそう涙。



3/1 映画館で観た「おくりびと」 2008日 ★★★☆
おくりびと アカデミー外国語映画賞見事受賞!!の話題の邦画を観てきましたよ。
地味ですが素朴で、人間の感情をいろいろ感じられる、描写力のある映画でした。
感想はこちら→



3/1 映画館で観た「少年メリケンサック」 2008日 ★★★
少年メリケンサック さすがはクドカン脚本・監督作品という、ハイテンションでハードで気取りのない映画でした。
音楽レーベルで働くヒロインの宮崎あおいは、ネットの動画で「少年メリケンサック」というハードなパンクバンドを発見し、彼らをデビューさせるべく彼らに会いに行ったところ、動画は20年前の映像でバンドメンバーたちはオッサンになっていた。しかしそのことが発覚した時にはすでにデビュー取りやめが出来そうもない状況になっており、仕方なく宮崎あおいはオッサンたちとデビューライブツアーを敢行することになる、という話。
「篤姫」と同一人物とは思えない宮崎あおいと、キャラの崩れた佐藤浩市もが見どころ。
キム兄がまともに演技しているのを初めて観ました。彼はまともに俳優さんなんですね。。




自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«05月 | 2017年06月 | 07月»
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。