ドラマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」★★★☆ 英国初の女王の伝記ドラマ第2弾!

すんません、アップするの遅くなってしまった。。


エリザベス:ゴールデン・エイジ ポスター ケイト・ブランシェット

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」観ました。
英国の女王エリザベス一世を描いた歴史ドラマ。
前作「エリザベス」(1998年)に続き、9年ぶりの今作でもケイト・ブランシェットはアカデミー賞主演女優賞にノミネート。
(2作とも残念ながら受賞はならず。)


 あらすじ
16世紀、世界最強の国スペインがヨーロッパのすべての国を自国の信奉するカトリックにすると誓いを立て、国と結婚した“ヴァージン・クイーン”エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)が治めるプロテスタント国イギリスはスペインの脅威に晒されていた。威厳あふれるエリザベスは部下たちの信奉も厚かったが、国内の反乱分子であるカトリック信者たち、不義の子であるエリザベスを正当な女王と認めないスコットランド王女のマリアなど、様々な問題も抱えていた。
未開の土地を巡ってきた航海士ウォルター(クライヴ・オーウェン)と出会ったエリザベスは彼に心惹かれるが、もっとも信頼を置く侍女ベス(アビー・コーニッシュ)と彼が結ばれたことを知り、ヴァージン・クイーンとしての孤独に苛まれていたエリザベスは二人の裏切りにひどく傷つく。しかしスペインの巨大艦隊が目前に迫り、エリザベスは私心を捨てイギリス女王として自国を守るためスペイン軍と対決する。
エリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェット
エリザベス:ゴールデン・エイジ クライヴ・オーウェンエリザベス:ゴールデン・エイジ クライヴ・オーウェン アビー・コーニッシュ
エリザベス:ゴールデン・エイジ ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ


このシリーズ、前作観たときも思ったけど、ケイト・ブランシェットの演技は迫力あるんだけど、ストーリー自体は…まとまってる…?んん…??と思っちゃう。

それは今作も一緒でした。
…なんで?


ほかは、コスチュームもセットも美しくて迫力満点、ケイト・ブランシェットももちろんだし、脇役のジェフリー・ラッシュ(「英国王のスピーチ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」など)もリス・エヴァンス(「ハリポタ」「ノッティングヒルの恋人」「ヒューマン・ネイチュア」など)も見応えあってよいんだけどなぁ。。


「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
(ELIZABETH: THE GOLDEN AGE)
2007年 イギリス・フランス 114分
鑑賞:2011/12/5 
2011年 79本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「親切なクムジャさん」★★★★☆ 韓国の映画ってスゴイ…

親切なクムジャさん ポスター イ・ヨンエ

韓国ドラマ「チャングム」にはまったので、チャングム役のイ・ヨンエ主演の「親切なクムジャさん」観た!

心臓の弱い人、スプラッタ・エグいのが嫌いな人は見ないほうがいい!!


 あらすじ
6歳の少年を誘拐して死なせた美女クムジャ(イ・ヨンエ)は、13年の服役を終えて出所してきた。
刑務所の中で「親切なクムジャさん」と呼ばれ周りの囚人たちから慕われていたクムジャだったが、出所後の彼女は濃い赤のアイシャドウを入れ雰囲気が一変する。それには訳があった。彼女の13年越しの壮絶な復讐が始まる。
親切なクムジャさん イ・ヨンエ


イ・ヨンエ
イ・ヨンエはチャングムしか観たことなかったので、なんか現代の化粧や髪型だと新鮮。
チャングムのときは美人、なのか…?って感じだったけど、確かに美人だーー。

そしてこの役柄が全部新鮮!!


すんごい話だね。。。いやーびっくりした。
韓国の作品って、、、、残酷さに容赦がないね。
製作側にためらいってものが見られない。日本やアメリカでは無理だなさすがに…。

どれだけ残酷かは、実際に観て確かめてね。


監督・脚本は「オールド・ボーイ」パク・チャヌク
「オールド・ボーイ」で主演を務めたチェ・ミンシクが今作の悪役。クムジャを陥れた冷酷非道な殺人犯。


映像がとっても「嫌われ松子の一生」だよ。
極彩色でキッチュ。
こっちがオリジナルだろうから、中島哲也監督はこの映画の影響をもろに受けてるんだろうな、きっと。



「親切なクムジャさん」
(SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE)
2005年 韓国 114分
鑑賞:2011/12/5 
2011年 79本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「アドベンチャーランドへようこそ」★★★☆ 他愛ない青春ラブコメ(*^▽^*)

アドベンチャーランドへようこそ ポスター ジェシー・アイゼンバーグ クリステン・スチュワート ライアン・レイノルズ


「アドベンチャーランドへようこそ」 を観たよ。
日本未公開作。
今となってはチョー売れっ子の、「トワイライト」のヒロインクリステン・スチュワート「ソーシャル・ネットワーク」ジェシー・アイゼンバーグが共演の他愛もない青春ラブコメですよ。


 あらすじ
大学院進学費用を稼がなくてはいけなくなった童貞の主人公ジェイムス(ジェシー・アイゼンバーグ)が、新しく始めた遊園地のバイト仲間のエム(クリステン・スチュワート)と恋仲になるが、エムには他に関係を持つ男がいて…

アドベンチャーランドへようこそ ジェシー・アイゼンバーグ マーティン・スターアドベンチャーランドへようこそ ジェシー・アイゼンバーグ クリステン・スチュワート
アドベンチャーランドへようこそ ジェシー・アイゼンバーグ  マルガリータ・レヴィエヴァアドベンチャーランドへようこそ ライアン・レイノルズ
アドベンチャーランドへようこそ ビル・ヘイダー クリステン・ウィグアドベンチャーランドへようこそ


なんでいきなり童貞とかいう話が出てくるのか、とかまぁいろいろ微妙に話が散らかっちゃってたりするが、まぁそれも含めてユルい感じで良い。
特に書くことはないんだけど、それこそがユルさってゆーか。
そういう映画もよい。
見てみてーー!



「アドベンチャーランドへようこそ」
(ADVENTURELAND)
2009年 アメリカ 107分
鑑賞:2011/12/3 
2011年 74本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



チャングム コンプリートしたー!!

最近毎日見ていたチャングム、やっと全話観終わったよーー!!


「チャングム」見たことある?

宮廷女官 チャングムの誓い ポスター




名前は前から知ってたけど、特に興味をそそられなかったんだよね。
でも、周りで「韓国ドラマはそんなに観たことないけど、アレは面白いよ~」という人が多かったので、一応チェックしとくかって感じで見始めたのがきっかけ。

 あらすじ
宮廷で調理を任される水刺間(スラッカン)の女官ミョンイ(ヤム・ヘソン)は、権力者チェ一族出身の同僚女官の秘密を知ってしまい、ひそかに毒殺される。しかし幸運にも一命を取り留めた彼女は田舎に身を潜め娘チャングム(イ・ヨンエ)を産み育てるが、再びチェ一族の追っ手に見つかり殺されてしまう。無念の死に際で母親から「水刺間の頂点である最高尚官(チェゴサングン)になり、最高尚官だけが受け継ぐ秘密の書に自分の無念を綴ってほしい」と遺言を託された幼いチャングムは、女官見習いとして宮廷に入る。
水刺間の上級女官であるハン尚官(ハンサングン。ヤン・ミギョン)の薫陶のもと美しく優秀な女官に成長したチャングムは、代々水刺間を支配してきた権力者チェ一族出身のチェ尚官(キョン・ミリ)や、その姪である同僚女官クミョン(ホン・リナ)らからたびたび妨害を受けるが、持ち前の聡明さと誠実さ、情熱で功績を上げていく。

チェ尚官らをはじめ、富や権力、嫉妬に目がくらんだ人々の陰謀により、試験で落第しそうになったり宮廷から追放されそうになったり処刑されそうになったりといくたびも窮地に見舞われるけど、そのたびに素晴らしい閃きと頭脳で不死鳥のように蘇るチャングム。
あらゆる陰謀や人間関係のこじれ?がてんこ盛り。そこらへんはさすが韓ドラ!

全54話なんだけど、1話が長い。CMなしでも1時間10分くらいある。
なんでなんだろう… ナゾです。

キャラクター相関図はこちらで見てね。
チャングム キャラ相関図(LaLaTV)


チャングムの魅力は一言で言えば、チマチョゴリと、料理・医療のお勉強ができるところと、チャングムの超・快進撃の爽快さかな。
時間があるときに一気見がオススメ



コンプ記念らくがき。
チャングム イラスト




親切なクムジャさん ポスター200
ちなみに、チャングム役のイ・ヨンエって、 「親切なクムジャさん」の人だったんだね!!
知らなかった!!!
がぜん興味そそられた。今度見てみよー。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」★★★☆ 知能を持った猿と、人間の滅亡はここから…

いーーやーー、仕事帰りに映画久しぶりだーーー!!

猿の惑星:創世記(ジェネシス) ポスター ジェームズ・フランコ

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観てきました。


科学者の主人公(ジェームズ・フランコ)と、彼が開発したアルツハイマー病の新薬を投与されたチンパンジーの話。チンパンジーは薬の作用で知能が驚異的にアップし、自分や仲間の猿たちを蔑む人間たちに怒り、仲間とともに反撃するというストーリー。

2001年のリメイク映画「PLANET OF THE APES 猿の惑星」が記憶に残ってる方もいると思う。
原作は1968年の「猿の惑星(PLANET OF THE APES)」を起点に5作品。
70年「続・猿の惑星(BENEATH THE PLANET OF THE APES)」
71年「新・猿の惑星(ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES)」
72年「猿の惑星・征服(CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES)」
73年「最後の猿の惑星(BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES)」

3作目あたりから低予算のB級に成り下がったらしいけど、これだけ立て続けに製作されているのを観ただけでも当初の人気と話題性の高さがうかがえる。

私も68年の1作目だけ観たことがあるけど、確かにショッキングな内容。ラストで打ちひしがれるね。
(タネあかしはここではしないでおきます。)

で、今作はその原点エピソード。
なぜ猿の惑星になっちゃったか、というそもそものきっかけを描いたエピソード。

猿の惑星:創世記(ジェネシス) ジェームズ・フランコ猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) トム・フェルトン猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)猿の惑星:創世記(ジェネシス)


チンパンジーってホントに頭いいから、こんなことも起こりえちゃうかもしれないよなー。
そしたら運動能力的に人間はどーしよーもないよなーー…
と、ちょっとリアルに思える内容なだけに、考えさせられる。

人間とチンパンジーのDNAの違いは、確か2%とかだったっけ?
その違いゆえの人間のなんと傲慢なことよ。
逆に人間よりも2%優れた知能のDNAを持って生まれてくる生物がいたら、人間はどうなるのかなー。

なんてことを考えながら観てました。


ジェームズ・フランコ
あ、あと、ジェームズ・フランコがおっさんになってきたなぁって思った。
渋いおじさん。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
(RISE OF THE PLANET OF THE APES)
2011年 アメリカ 106分
鑑賞:2011/10/18 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 63本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«05月 | 2017年06月 | 07月»
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。