ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソーシャル・ネットワーク」★★★★★ ハーバードから始まった世界最大のSNSサイトの誕生が映画に

ソーシャル・ネットワーク ポスター

「ソーシャル・ネットワーク」 観てきましたぜい!


 あらすじ
2003年秋。ハーバード大の学生で天才的なプログラマーであるマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、彼女に振られた腹いせに学内のデータベースにハッキングし女子学生の顔写真を使った人気投票サイトを作る。そのサイトはわずか2時間で2万2千アクセスをたたき出し、ハーバード大のサーバーをダウンさせる。
低俗で良識に反するサイトを作ったとして女子学生を敵に回し学校から目をつけられる一方で、一流のプログラミング技術を買われハーバードの学内コミュニティサイトを構想していたウィンクルボス兄弟(アーミー・ハマー)から協力しないかと持ちかけられ承諾する。
しかし彼の本心は別にあった。親友でハーバード大生のエドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)とともに、ウィンクルボス兄弟よりもより革新的なアイディアでハーバード大のコミュニティサイト“サ・フェイスブック”を作る。“サ・フェイスブック”は、瞬く間に会員数を増やし爆発的な人気サイトとなり、やがてハーバード大学の枠を越え他大学へ広がってゆく。
そして、すでにネット業界で人気サイトを立ち上げて名の知れたショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)を仲間に入れ、フェイスブックは大陸をまたいだ巨大SNSサイトへと成長してゆく。
しかし盗作としてウィンクルボス兄弟から訴えられ、また親友エドゥアルドとも方向性の違いから決裂してしまうのだった。



実体のないネットの世界だからこそ、一夜にして全く新しいサイトが誕生する。
ネット上では人を惹き込む革新的なアイディアさえあれば、それはあっという間に広まってゆく。
これぞネットの世界だ。


この3人、とっても良かった。

ソーシャル・ネットワーク ジェシー・アイゼンバーグ
主人公のザッカーバーグ役
ジェシー・アイゼンバーグ
私、この人の出演作「ハンティング・パーティ」の1本しか見たことない!
まだまだキャリアの浅い彼。
なのに、こんな大作の主役に大抜擢!!

イメージがぴったりな感じ。
しゃべり方とか、プログラマーっぽい雰囲気とか。


ソーシャル・ネットワーク アンドリュー・ガーフィールドジェシー・アイゼンバーグ ジャスティン・ティンバーレイク
ザッカーバーグの親友エドゥアルド役は
アンドリュー・ガーフィールド
そしてすでにネットの世界で一旗揚げたショーン役は
ジャスティン・ティンバーレイク

なぜここにティンバーレイク…?と思ったけど、意外とよかった。
自意識過剰な若き成功者な雰囲気がなかなか良かったですよ。



デヴィッド・フィンチャー
監督は、デヴィッド・フィンチャー

先進のネット界を舞台に、つい最近起こった現実の出来事を描いた映画。

派手すぎず、でもきれいで、スマートで、臨場感たっぷり。
そんな映像作りが成功しているのは、やっぱり監督の力が大きいのかしら。
良い仕事されていらっしゃる。

ぜひ大画面で堪能してくださいね~~
特にweb業界に近い人にほどオススメですのでね!!


「ソーシャル・ネットワーク」
(THE SOCIAL NETWORK)
2010年 アメリカ 120分
鑑賞:2011/1/17 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 5本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る


スポンサーサイト

【book mark】映画関連サイト

映画レビューブログのリンク集 (敬称略)

■ あ行 ■

  • Addict allcinema
    最新映画やおすすめ映画の感想、自作映画壁紙、海外ハリウッドセレブの画像、壁紙などを更新中!!
  • 2010 映画観てきましたっ (by nao)
    自宅で ビール片手・リモコン片手で観る映画大好き♪ でも たまには映画館に 行きます。 でっかいスクリーンと、お尻に響く音に、お気に入りの俳優たち。 映画館は パラダイスY

■ か行 ■

■ さ行 ■

■ た行 ■

■ な行 ■

■ は行 ■

映画関連リンク集 (敬称略)

「ハード キャンディ」★★★★ エレン・ペイジの、恐怖の赤ずきんちゃん

ハード キャンディ ポスター デヴィッド・スレイド エレン・ペイジ パトリック・ウィルソン


「ハード・キャンディ」観ました。
赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム エレン・ペイジ主演のサスペンス・スリラー。


インセプション ポスター クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ ローラーガールズ・ダイアリー ポスター ドリュー・バリモア エレン・ペイジ マーシャ・ゲイ・ハーデン 今(2010年5月)のブログのトップ画像↑が、エレン・ペイジ主演の映画ということもあってか、なんだかペイジ熱に火が付いてしまったの。。
トップ画像の「ローラーガールズ・ダイアリー」に加えて、ディカプリオ主演の「インセプション」にも出演している。
両方気になる!
旧作は、あともう1本「アメリカン・クライム」も観たい!!



 あらすじ
ネットのチャットで知り合った14歳の少女ヘイリー(エレン・ペイジ)と青年のジェフ(パトリック・ウィルソン)は、オフラインで会うことにし、店で食事を共にし意気投合する。
ハード キャンディ エレン・ペイジ パトリック・ウィルソン ハード キャンディ エレン・ペイジ パトリック・ウィルソン ハード キャンディ エレン・ペイジ
ジェフは実はネットで少女を物色するロリコンだったが、ヘイリーは無邪気に彼の家についてゆく。ジェフの毒牙の餌食になりそうだったヘイリーだったが、事態は一変、ヘイリーはジェフに薬を盛り昏倒させる。
ジェフが目覚めると、彼は椅子に縛り付けられていた。ヘイリーはジェフに気のある無邪気な少女ではなく、ジェフの正体を知り、入念に罠を仕掛け彼の家に入り込んだのだった。彼女はジェフの偏った趣味と過去の蛮行を問い詰め、彼の性器を自分の手で切り落とそうとする。
ハード キャンディ エレン・ペイジ パトリック・ウィルソン ハード キャンディ エレン・ペイジ




かなり壮絶な映画。。。
とくに男性にとって怖い映画だと思う。
男性諸氏の感想をぜひ聞いてみたい。。観たら教えてね。


ほとんど二人芝居で、ヘイリーとジェフの会話がメイン。
会話で見せるところは「恋人までの距離(ディスタンス)」みたいな感じ。
ま、あちらは男女が出会って恋をする話、こちらは少女が変態男に壮絶な制裁を加える話ですが…

凶暴な赤ずきんちゃんヘイリー役は、「JUNO/ジュノ」でもおなじみのエレン・ペイジ
エレン・ペイジ ラブリー
しかも「JUNO/ジュノ」よりも前の作品なので、幼い!

しかし、確かな演技力が光る。
もちろん、あどけない少女から一変して、成人男性に残酷な仕打ちをするという全く違うキャラへ変身するという難しい役柄であることもそうだけど、1対1の会話で進んでゆく中での演技も見ごたえ十分。
この年で会話で見せてくれるとは…さすがホープ。


一方の、赤ずきんの罠に嵌って絶体絶命のピンチのオオカミ・ジェフは、
パトリック・ウィルソン
パトリック・ウィルソン 「オペラ座の怪人」で有名に。
舞台出身なので歌も披露。

オペラ座はまだしも、ほかの作品はなんか…なんか胡散臭い役が多い。
っていうか、似合う……
なんか目線が粘着質な気が、するような、しないような。

要するに今回の役にはぴったりだった。
(一応誉めてます。)



衝撃作であることは間違いナシ。
二人の競演も見れて、個人的には結構充実の1本でしたヨ。

エレン・ペイジを知ってる人にしか興味を持たれなさそうな作りなので、一般受けはしないかも知れないけど、興味ある方はゼヒ






「ハード キャンディ」
(HARD CANDY)
2005年 アメリカ 103分
鑑賞:2010/5/11
2010年 25本目/目標120本



やっと目覚めた仕事への勉強心…

最近「web制作の仕事をしている」と言うと、
「じゃあお願いしたらサイト1コ作ってくれる?」
と言われることがたびたびあります。

ネットの普及・拡大はホントすさまじいですなぁ。
私はもちろん、すでにネットないと生きていけないほどどっぷりでございますが、それはすでに"業界柄だから"ではないと思う。
最近は会社どころか個人でもブログなど自分で情報発信している人はいっぱいいるし、ネットを見る人、利用する人も全年代的に増えてきた気がする。

だってうちの母上でさえネットショッピングしているし。。。
(これは機械音痴のウチの母上にとっては超画期的な出来事です!!)

そんな時代だし、こんなご時世だしで今までwebサイトを持っていなかった会社や個人事業者などが「ウチも作らなきゃ」と思うのは当然の流れだと思う。
私も特殊な業種でもない限り「1社に1コwebサイト」大賛成派です。
(ただしちゃんとメンテできればだけどね)


そこである日、考えてみた。
仮に、
商用でwebサイトを1コ立ち上げようと思ったら何が必要か?
(あくまで小規模サイトの場合)



環境・システム面… ・ドメイン
・ホスト
ビジュアル面… ・デザイン
・写真
マーケティング… ・SEO
・広告
・アクセス解析

 
最低限でこんなかんじ?
で、個人的に必須のものとしてプラスしたいのが
・CMS
・ケータイサイト環境
・Flash
かな。

そしてこれを一つのプロジェクトとしてまとめるためのディレクション、クライアントの要望をかなえるためのリサーチ云々から企画書や契約書やら色々を作成できる知識。


こうやって書き出してみると、実に多くの要素が必要。
なのに、全然知らないものだらけ。
勉強不足!!
やっと痛感。
遅い。。。

でもまぁ思い立ったのでとりあえず本を読んでみた。
池谷義紀著 「図解 Webサイト 構築・運営&デザインがわかる」 「図解 Webサイト 構築・運営&デザインがわかる」
池谷 義紀 著


webサイトの全般についてまんべんなく書かれていて、わかりやすくて良かった◎


これから上に書いた必要な要素のこととか、いろいろ調べ&勉強してみようと思います。
ラッキーなのは、この調べ物を自分は結構苦とは思わなさそうなところ(現段階では)。
割と性に合っている、のではないかというような気がする。

今年は資格を1個取りたいと思っていたけど、そっちはやめました。
こっちに専念!

とりあえず一通りの段取りくらいつけられる程度の知識は身につけたいな。
一応期限をここで宣言!
今年中に全体的な基本、
来年3月までにそれなりに使い物になる程度の知識を身につける!



がんばりま~~す…





「サマーウォーズ」★★★☆ 今も昔も変わらぬ人と人のつながり

サマーウォーズ


この夏のアニメ大作の1本、 「サマーウォーズ」 を観てきましたっにゃハート

私としては宣伝などを見てめっちゃ気になっていた映画だったけど、周りで反応してくれたのは末の妹(アニメ好き)くらいでした…
サビシイ…涙 泣き
この分では映画館に観に来るのはマニアくらいであろうか…と心配しながら映画館へ。

この作品は、私のごひいき映画館の新宿ピカデリーではかかってなかったので、ちょいと足を延ばして新宿三丁目の新宿バルト9で鑑賞。

バルト9はなぜかレディースデーをやってないんだよね~、なのでなかなか行く機会がない。。
代わりにシネマチネという制度があり、昼間の時間帯(15:30~18:00に開始する回)は誰でも平日1本1200円で観れるという割引をやっているんだけど、勤め人にはなかなか利用しにくいサービス~汗

さて、久しぶりに行ったバルト9はすさまじい混みっぷり。
しかも建物の造りが悪い…
映画館のチケット売り場が9階で、~13階までに9個の劇場がある造りなんだけど、9階まで行くのに使えるのはエレベーター3台のみ。土日はそのエレベーターに乗るためにまず並びます。
そして9階に着いてチケットを買って(混んでるとここでも長蛇の列)、自分の観る作品のある階まで上がるのは横1列しかない細っこいエスカレーターのみ。。。。
(ちなみにエレベーターは9階止まりなので10~13階には降りれない)
なんて駆け込み客に優しくない作りなんだろう!!ガーン
バルトには時間に余裕を持って到着してくださいね。


なんて偉そうな忠告をしておきながら、私は駆け込んだんですけどもねタラ
私は数日前にチケットを買ってあったので大丈夫でしたが、サマーウォーズは私が駆け込んだ時点で、バルトで一番大きい劇場の429席が私の観る回とその次の回のチケットが完売していたようです。
サマーウォーズ大盛況!グー
マニアだけじゃなかった…!sc06ホッ

 あらすじ
映画の舞台はちょっと未来の日本。
仮想都市オズ(一時流行ったセカンドライフみたいな感じ?)は、今やケータイの普及率と同じくらいの会員数を誇る世界的に広く浸透したネット上のコミュニティー空間。
さまざまな企業や公共機関がオズに支店を設け、洋服や書籍はもとより車や不動産のショッピングや、公共料金の支払や役所などへの届け出など、日常生活のあらゆることが出来る空間に成長している。
そのオズのシステムが突然何者かに攻撃され、自分のアカウントが乗っ取られたりシステムが狂わされたりと大混乱に陥る。現実世界のように広く発展したオズの混乱はやがて現実世界にも被害を与え、世間はパニックになる。
この危機を果たして主人公たちは救えるか!?


その主人公の仲間たち(?)が、戦国時代から続く家柄で一族が固く結束した陣内(じんのうち)家という一族で、とにかく親戚が多くて賑やか。
そしてその陣内家を束ねるのが陣内栄(さかえ)という90歳のかくしゃくとしたおばあちゃん。

匿名性が高く、人々のつながりが希薄(というか信用が置けない)ネットの世界 VS 一族の絆や人と人とのつながりを大事にするちょっと古い価値観の人々。
この新旧の人々の関係性がどういう勝敗を導くか、ということを描いた映画。


筋はかなりシンプルだと思う。
ネットは全然知らんというおとーさんやおかーさんたちには、オズ世界のシーンで使われるコンピューター用語「アカウント」やら「アバター」やらのカタカナが笑?で最初はとっつきにくいかもしれないけど、わからないことはお子さんにレクチャーしてもらいましょう。

あとはシンプル。
対立構造がはっきりしている。

ただ、このシンプルさに物足りなさを感じさせない映像美と、栄おばあちゃんの人間的魅力があると思う。
縁側の朝顔の美しさは、実写かと思うようなリアルさで迫ってくるので本当に印象的。
オズの世界では、違う意味でのCG技術の「これでもか!」が観れるし。

途中には、美少女戦士アニメでのお約束「女の子のハデな変身シーン(オズの世界で)」も用意してあって、マニアへのおもてなしも忘れない監督の心配りが感じられます…(笑)


私の隣にいた女子の映画終わっての第一声は
「面白かった! ヱヴァより面白かったね。」
(隣の男子に向ってのセリフ)でしたよもふー
私の周りで(サマーウォーズはいないけど)ヱヴァ観に行った何人かは「予想より面白かった」という高得点感想が多かったですが、サマーウォーズはそれより面白いみたいですぜ!
(私はヱヴァ観てないんでジャッジ不可でございます)

年に一本くらいアニメ映画もいいでしょう。
そしてどうせ見るなら夏アニメが一番イキが良さそう。
今年の1本にどうですか?顔-大歓喜



「サマーウォーズ」
2009年 日本 114分
鑑賞:2009/8/8 映画館で観た 新宿バルト9
2009年 102本目/目標150本






自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«08月 | 2017年03月 | 09月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
67位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。