東野圭吾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「悪意」★★★★☆ “書く”とは… 

東野圭吾著 「悪意」

2010最初のレビューは、映画じゃなくて本で。
映画は今年入ってまだ1本も観てないっス!!にゃさとと-汗
とりあえず面白かったので、読書報告。。

東野圭吾の「悪意」読みました。

東野圭吾は、映画にもなった「容疑者Xの献身」を読んで大好きになってしまった作家さん。
その後何冊か読んだけど、「容疑者X~」に匹敵するインパクトを受けた作品に出会ったのはコレが1冊目だわ。


 あらすじ
人気作家の日高邦彦が殺された。日高の幼馴染であり今も親しくしている野々口修は、日高が自宅で死んでいるのを日高の妻と一緒に見つけた第一発見者であった。駆け出しの児童文学の作家である野々口は身近な人間の殺害事件を記録する意味で手記を書きはじめる。
野々口は、児童文学の作家になる前は教師であったが、その時に同じ学校で教えていた加賀恭一郎と偶然再会する。彼は教師を辞め今は刑事となっていた。そして日高邦彦殺害事件の担当であった。
野々口は事件の関係者として加賀たちから事情聴取などで話をするうち、自分が事件の手記を書いていることを打ち明ける。加賀からその手記をぜひ読ませてほしいと頼まれた野々口は警察に手記を見せた。そこには、事件当日の日高や日高の妻、野々口本人のことなどが記され、またその後の事件の展開や野々口を含む遺された者たちの様子が記されていた。
それは一見事件を克明に記録しているように見えたが、加賀刑事は手記に疑いの目を向けていた。


テーマは“書く”こと。
“書く”とはどういうことか、“書かれたもの”とはどういう危険を孕むものなのかを考えながら読みたい1作。

展開が二転三転するミステリーなので、はっきり言ってできるだけ内容はここではバラしたくない…
読んで楽しんでください。。

ちなみに、NHKで2001年にドラマ化もされたらしい。
「うむ、やっぱりされてたか」ってくらい面白い作品だったので納得。
ドラマでは加賀刑事は西原という人物に変更になっていて、演じたのは間寛平
間寛平!? すごいチョイスだ。。。
野々口は佐々木蔵之介、日高は宅麻伸だったらしい。
原作では2人は同級生という設定だったけど、ずいぶん年齢が離れたキャスティング…
→詳しくはWikiで



東野圭吾はたくさん本を出している作家だけど、ランダムに選んで順番も特に気にせず読んでいた作品の中に加賀刑事が登場する本が複数あることを発見!
特に今回の「悪意」の1コ前に読んだ「嘘をもうひとつだけ」は、加賀刑事が事件を解いていく短編集を集めた本だったので、加賀シリーズなんてものが存在するなんて知らなかった私は「悪意」を読み始めて、
あれ、こないだの刑事がまた出てる! なんで?
とびっくり。。

今回加賀シリーズについてちょっと調べて気づいたんだが、
さらにその前に読んだかなり昔の東野圭吾の小説「卒業」は、大学生の加賀が殺人事件に巻き込まれるという、加賀初登場の小説だったらしい。
偶然。なんかコワイ…
卒業 (講談社文庫)東野圭吾著「卒業」

ちなみに「卒業」はあんまり好きじゃなかった。
加賀が親しくしている同じ大学の学生7人だがのグループのなかで3人も死ぬというかなり過激な内容だったし、加賀は仲間がどんどん殺されるのに(大学生のくせに)結構冷静に事件を推理していく、ちょっと信じられない神経の持ち主というキャラで全然共感できなかったから。。。
 


→「加賀シリーズ」について、詳しくはWikiで。

加賀は、デキる刑事なんだが、暗い…
デキすぎて若干ムカつくし…
そしてしつこい。(だからきっとデキる刑事なんだけど)

まぁいいや。
加賀シリーズを知らずに3冊も続けて読んじゃってたのも何かの縁だろう。
(何の縁だ……なんかコワイ)
選択肢がいろいろあるとすごく迷っちゃう優柔不断者のわたしなので、とりあえずたくさんある東野圭吾作品は加賀シリーズから制覇していこうっと。


スポンサーサイト

「レイクサイド マーダーケース」★★★★ かなり気に入ってしまった推理モノ

レイクサイド マーダーケース 東野圭吾 役所広司 薬師丸ひろ子 柄本明 豊川悦司


「レイクサイド マーダーケース」を観ました。

東野圭吾の小説の映画化。
東野圭吾の小説「容疑者Xの献身」が大好きなワタクシとしましては、東野原作と聞くだけで「ムムム?」とセンサーが反応してテンション上がってしまいます。

有名私立校の受験に備えるため、お受験合宿に来た3組の父母子と1人の塾講師、そして講師のスキャンダルを握るカメラマンにして一人の父親の不倫相手の女性の物語。
レイクサイド マーダーケース

 あらすじ
受験合宿としてとある湖畔の別荘に集まった親子と講師。そこにある女性カメラマンが訪れる。
彼女は受験合宿に参加する父親の一人(役所広司)の部下であり、彼の不倫相手でもあった。
その彼女が、その日の夜別荘で殺された。
「私が殺した」と受験生の父親である不倫相手(役所広司)の妻(薬師丸ひろ子)が告白。夫の不倫相手に嫉妬しての殺人だという。
有名校受験を控えた子供たちをこんなスキャンダルに関わらせるなどはもってのほかと、この事件を隠蔽しようと決めた親たちは、協力して死体の身元をわからないようにして湖に棄てる。
しかし不倫相手であった父親は疑問を持つ。
果たして殺したのは本当に妻なのか? 
どうやら彼女が塾講師(豊川悦司)のスキャンダルを握ったらしいことを知り、講師を疑う父親だったが……

レイクサイド (文春文庫) ←原作本はこちら
「レイクサイド」 東野 圭吾


不仲な夫婦、厳しい受験、不倫相手、スキャンダル、殺人、子供たちの受験のために殺人隠蔽を決める親たち、死体遺棄、「子供を有名校に合格させるために金で雇われた」塾講師、
などなど、ミステリーとして面白い要素が色々詰まった盛りだくさんのストーリーだけど、ごちゃごちゃせず、しかし静かに二転三転する複雑さはさすが東野圭吾!
受験戦争が引き起こす弊害はいろいろあるけど、それと殺人を絡ませたところが個性的で面白かった◎


「レイクサイド マーダーケース」
2004年 日本 118分
鑑賞:2009/9/11 
2009年 118本目/目標150本




自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«04月 | 2017年05月 | 06月»
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
91位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。