CATEGORY : 展覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメールの「絵画芸術」

ウチのビデオレコーダーはちょっと抜け作なので、たまに番組を勘違いして録画している。
今日も「ギルモア・ガールズ #87」というタイトルのついた録画番組を見たら、フェルメールの特集番組だった。

どういう間違い……


ただ、この番組面白かったのでラッキー。


フェルメールは、レンブラントと並ぶ、17世紀のオランダを代表する画家。
代表作はもちろん、“北方のモナリザ”とも言われる「真珠の耳飾りの少女」。

フェルメール 真珠の耳飾りの少女


そして窓辺で○○する女性シリーズ。

フェルメール ミルクを注ぐ女フェルメール 手紙を書く婦人と召使
フェルメール 天秤を持つ女フェルメール 水差しを持つ女

左上から
「ミルクを注ぐ女」「手紙を書く婦人と召使」
「天秤を持つ女」「水差しを持つ女」。



結婚しても家が持てず義母の家で暮らし11人の子供がいたフェルメールは生涯貧困だったが、当時絵の買い手は直接画家のアトリエに絵を見に行く習慣があり、画家は見本として客に見せる絵を売らずに手元に置いておかなければいけなかった。
そんな稼ぎにはならないが自分の実力を十分にアピールする作品として彼が描いたのが「絵画美術」という題名の↓の作品。

フェルメール 絵画芸術

普段小さ目の絵が多かったフェルメールとして120×100cmの大作で、半年を費やした作品。


一時はヒトラーの手に落ちたこともあるいわくつきの絵画。

モデルの少女は「名声」を象徴するトランペット、「歴史」を象徴する本を手にし、「勝利」や「栄誉」を象徴する月桂樹をかぶっている。
これは、絵が描かれた300年後に歴史の女神クリオが身につけているものだと判明。
後ろの壁には南北に分かれる前のネーデルランド(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)の地図が描かれているが、中央の大きな折り皺が、分裂時の境にあたることが指摘されている。
そして天井のシャンデリアにはネーデルランドを支配していたハプスブルク家の紋章である双頭の鷲があらわされている。

そのため後世では、この絵には分裂前にネーデルランドを支配していたカトリックの教徒であるフェルメールが、分裂後の現状を嘆く、もしくは反感を持っていることをひそかに表した絵ではないかという解釈もされるようになる。

そんな歴史的・政治的に意味深なものがいろいろ描かれていて、
歴史的・政治的な暗示以外にも、いろいろと気になる仕掛けがたくさん。
艶っぽく美しくて、思わせぶりに伏し目がちなモデルの女性。
女性の視線の先にある、机の上のマスク。
当時の最先端のおしゃれアイテム(赤い下着や、切れ込みが粋なモードな上着など)を身につけた、顔の見えない画家。
そして画面の一番手前には、中をのぞきたくなる分厚いカーテン。
そのすぐ近くに、どうぞ座って見ていけば?というような見学にちょうどよさそうな椅子。

まるで誘い込まれているみたいな絵なのです。


そして、光と女性を描くのを得意とした彼の魅力が発揮されているモデルの女性、シャンデリアから木、ビロード、地図、石膏、大理石の床などの様々な質感が取り入れられた室内…
どれもフェルメールの技量が余すところなく発揮されていて、写真見たい。

ちなみに、当時の画家の手引きなるものに、こんなことが書かれていたらしい。
「完璧な絵とは自然の鏡。そこにないものをあると見せ、人を欺きつつも称賛を得るものだ」
がっつり欺かれちゃいます。



すごいね。

そもそも頭の良い人だったんだろうけど、売らないけど自分をアピールする一番の武器になる絵にしっかりと計画と野望を落とし込んだ執念を感じる…。



フェルメールは43歳くらいで亡くなり、彼が生涯手放さなかったこの絵は巨額の借金ゆえに強制的に競売にかけられ、その後100年間行方が分からなくなる。
再び絵の所在が分かった時には、この絵にはライバル画家のサインが入れられていた。

この時点でフェルメールは完全に忘れ去られた存在になっており、彼の絵にはほとんど値打ちがなかった。
しかし1800年代中ごろから、写真ブームで、彼の絵が実に写実的で写真に似ていることから注目を集め、やがてウィーンきっての名画となる。
ヒトラーがその絵に目を付け接収し地下倉庫に秘蔵するが、ヒトラーの死後ウィーンの美術館に収められて今に至る。

なんか浮沈がハンパでない。
そして絵に込められたいろんな思惑も。
ドラマティックな絵だ。

いつか機会が巡ってきたときに実物見てみたいな。


「名画に隠されたストーリー」 
第2回 絵画芸術 
2011年 アメリカ 106分
鑑賞:2011/10/28



スポンサーサイト

Bunkamura 「忘れえぬロシア」

5/24(日)に、渋谷のBunkamura
「忘れえぬロシア」観てきました~。

忘れえぬロシア


ロシアにある国立トレチャコフ美術館の展覧会。
その名の通り、ロシアの画家たちの絵が展示されてます。



もうすぐ会期が終わっちゃうんで、今さらで気が引けるんですが、
良かったです◎ 個人的にはおすすめ。グー


ロシアなんてマイナーじゃん!
というご説ごもっとも、否定はしません。
なので別に興味のない人にまで強要する勢いではないです。
しかし、予想していたよりも結構良かったのでご報告。

展示品は風景画と人物画です。

風景画は、ロシアといえば冬!雪雪の結晶05*Silver(白-薄い背景用) †SbWebs†という思い込みを裏切って、雪景色でないものが多かったです。
春~秋にかけての、雪がなくって嬉しいな~という喜びにあふれた、色彩のキレイな絵が多かったです。
explan_pic6.jpgexplan_pic3.jpg


一方人物画は、肖像画が多いです。
その方面で有名な画家が多かったみたいで。
これも勝手な推測ですが、モデルの雰囲気をかなり捉えた秀逸な肖像画なんじゃないかと…。
イヤ、ホントに!何で判断してんだか全く不明だけど! なんかそう感じたんです!私は。

explan_pic5.jpg explan_pic1.jpg



ちなみに、この展覧会のポスターやチケットの絵柄にもなっているこの絵↓
忘れえぬ人 クラムスコイ
クラムスコイという人が描いた「忘れえぬ人」という作品で、「ロシアのモナリザ」とも呼ばれる肖像画の傑作と言われてます。

なんだけど、実はこの絵のもともとの題名を直訳すると「見知らぬ女」なんです。
きっと、この絵の美しさや魅力に強い感銘を受けた誰かが、こっちの題名のほうが相応しかろうと「忘れえぬ人」と呼び出したんでしょうね。それが今では定着して、この絵は「忘れえぬ人」で通っているという、印象深いエピソードをもった絵でもあります。

絵の中では、女性は馬車に乗って街中を走っている様子。
美術館で壁にかけられているこの絵を見ると、
自分は道端に立っている下働きかなんかの少年で、偶然町で馬車とすれ違い、この女性と一瞬目が合った。
彼女の視線があまりにも印象的で、ずっと記憶に焼きついていたのを絵にした。
みたいな情景がフヮーーっと浮かびましたよキラキラ
ステキな絵です~パンダ照



風景画にも人物画にも共通して言えることは、
ロシアの画家さんはデッサン力をしっかり持っていて、しかもそれを惜しみなく絵に表わしてるってこと。
遠近法がおかしくない?とか、人物のデッサン狂ってるじゃん!という指摘はほとんど入れる余地がなく、モチーフを忠実に描写。
「ボク、デッサンは苦手ですけど、個性的な絵描くんでそっちでカバーしようと思うんですよ、ははは」という一見謙虚?を装う人気若手画家とか、「デッサン力は当然あるけど、敢えて現実の法則を破壊して自分の世界観を表すのが真の芸術だー!」という深淵に達してさらにまだ先を追い求める巨匠のような志向は彼らにはあんまり無いみたい。
わかりやすい絵を描いてくれるので、見る側としては大変とっつきやすい。

デッサンが忠実で写実的な絵が好きな私としては、ストライクゾーンでした。

絵も全体的にテーマが明るいし、見ていて楽しい展覧会でしたよ。



でも6/7で終わりです~!
気になった方はお急ぎくださいましさとと-汗
ちなみに、金券ショップでチケットをとっても安く売ってます。
私の発見したミニマムは480円でした(通常当日券は1400円のところ!)。
なので、そっちがおすすめ!売り切れてなければ。。。


自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«07月 | 2017年08月 | 09月»
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。