CATEGORY : ★★★★☆…自信を持っておススメ(>▽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親切なクムジャさん」★★★★☆ 韓国の映画ってスゴイ…

親切なクムジャさん ポスター イ・ヨンエ

韓国ドラマ「チャングム」にはまったので、チャングム役のイ・ヨンエ主演の「親切なクムジャさん」観た!

心臓の弱い人、スプラッタ・エグいのが嫌いな人は見ないほうがいい!!


 あらすじ
6歳の少年を誘拐して死なせた美女クムジャ(イ・ヨンエ)は、13年の服役を終えて出所してきた。
刑務所の中で「親切なクムジャさん」と呼ばれ周りの囚人たちから慕われていたクムジャだったが、出所後の彼女は濃い赤のアイシャドウを入れ雰囲気が一変する。それには訳があった。彼女の13年越しの壮絶な復讐が始まる。
親切なクムジャさん イ・ヨンエ


イ・ヨンエ
イ・ヨンエはチャングムしか観たことなかったので、なんか現代の化粧や髪型だと新鮮。
チャングムのときは美人、なのか…?って感じだったけど、確かに美人だーー。

そしてこの役柄が全部新鮮!!


すんごい話だね。。。いやーびっくりした。
韓国の作品って、、、、残酷さに容赦がないね。
製作側にためらいってものが見られない。日本やアメリカでは無理だなさすがに…。

どれだけ残酷かは、実際に観て確かめてね。


監督・脚本は「オールド・ボーイ」パク・チャヌク
「オールド・ボーイ」で主演を務めたチェ・ミンシクが今作の悪役。クムジャを陥れた冷酷非道な殺人犯。


映像がとっても「嫌われ松子の一生」だよ。
極彩色でキッチュ。
こっちがオリジナルだろうから、中島哲也監督はこの映画の影響をもろに受けてるんだろうな、きっと。



「親切なクムジャさん」
(SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE)
2005年 韓国 114分
鑑賞:2011/12/5 
2011年 79本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 すべての始まりはここから!

X-MEN:ファースト・ジェネレーション ポスター ジェームズ・マカヴォイ

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 観てきたーー!!!

私の大好きなシリーズの最初のエピソード。
宿敵同士のプロフェッサーXとマグニートーのなれそめを描いた作品が登場~!!




さっきも書きましたが、
私このシリーズ大好きでして!!
やーもー期待とテンションが

かつては友で同志だったのに今は宿敵になってしまったプロフェッサーとマグニートー。
シリーズの核となる彼らの出会いと決別を描いた物語。
それだけでテンションあがるでしょーー!!!
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー
プロフェッサー:ジェームズ・マカヴォイ
マグニートー:マイケル・ファスベンダー


もちろん今回も新しい仲間がいっぱい。
オリジナルシリーズからおなじみの面々との出会いも明らかになるよ~。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション ジェニファー・ローレンスX-MEN:ファースト・ジェネレーション ゾーイ・クラヴィッツX-MEN:ファースト・ジェネレーション ニコラス・ホルト
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ルーカス・ティルX-MEN:ファースト・ジェネレーション ケイレブ・ランドリー・ジョーンズX-MEN:ファースト・ジェネレーション エディ・ガテギ
左上から、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)、エンジェル(ゾーイ・クラヴィッツ)、ビースト(ニコラス・ホルト
ハボック(ルーカス・ティル)、バンシー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)、ダーウィン(エディ・ガテギ

こっちは大人(悪者)組。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ジャニュアリー・ジョーンズX-MEN:ファースト・ジェネレーション ジェイソン・フレミングX-MEN:ファースト・ジェネレーション アレックス・ゴンサレス
エマ・フロスト(ジャニュアリー・ジョーンズ)、アザゼル(ジェイソン・フレミング)、リップタイド(アレックス・ゴンサレス)。

いろんな能力を持つユニークなキャラクターたちがこのシリーズの最大の魅力だよね!

しかしキャスト豪華~~
ドラマ「マッドメン」でブレイクして今注目株のジャニュアリー・ジョーンズと、去年アカデミー賞にノミネートされたジェニファー・ローレンスを押さえてるあたりがサスガ。
ちなみに(上の写真じゃ当然わかんないけど)ビースト役のニコラス・ホルト君は、「アバウト・ア・ボーイ」のあの子だよ。ちょっと林遣都に似てない?輪郭が…?
あと、全然気づかなかったけど、エディ・ガテギって「トワイライト」の黒人バンパイアだった…びっくり。。。


そして悪の親玉はケヴィン・ベーコン
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ケヴィン・ベーコンX-MEN:ファースト・ジェネレーション ケヴィン・ベーコン
もうヒール役しか演じないんじゃないかってくらい、すっかり悪役キャラが定着した彼。
ここまで悪役いっぱい演じていると、本人も相当性格悪いんじゃないかとか心配になってしまう(苦笑)
まぁ、たしかに顔は酷薄そう(失礼)だもんね…。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション ローズ・バーン
ちなみに彼女も出てます。
ドラマ「ダメージ」とかの
ローズ・バーン
彼女は普通の人間。CIAエージェント。



さて。
今作はプロフェッサーとマグニートーのお話だけど、思った以上に二人の関係性が深く描かれててとっても満足。
老成したプロフェッサーからはうかがえないけど、若きチャールズはそれなりに世間をうまく渡っていくモテる青年って感じ。はっきり言って世間の荒波にそんなにさらされてこなかったお坊ちゃまキャラ。
対してエリック(マグニートー)は、幼いころに強制収容所に入れられ、セバスチャンに目の前で母親を殺された悲しみで力を発揮したことでセバスチャンに力を見込まれて、彼に育てられた男で、悲しみや憎しみ、絶望のなかで成長した青年。
同じミュータントとして人間からの疎外や偏見を受けてきた二人だけど、その生い立ちや考え方は正反対で、精神的に追い詰められているエリックはチャールズに「君には仲間がいる」と言われて救われたと感じるけど、結局彼らの出した結論は別々の方向に向かってしまう。

主人公はチャールズではなくてエリックだね。
彼がプロフェッサーの提唱する「人間との共存」を退けて、ミュータントが人間を支配する世界を作ろうとするマグニートーになった理由がよく描かれてるなぁ、と思う。

プロフェッサーは正義の味方で正しくて、マグニートーは悪者という単純な関係ではなくて、マグニートーとしては当然の結論が人間との敵対だったんだなぁって納得させられる。

アメコミって、時々結構深いんだよね。
スパイダーマンも予想外にストーリーがしっかりしててびっくりさせられたし。
いい仕事っぷり、さすが!



アメコミはあんあり…って人も、普通にドラマとして面白いからオススメ!
あ、まだシリーズを全然見たことない人は、最初から見てからこれ見てね!!



「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
(X-MEN: FIRST CLASS)
2011年 アメリカ 131分
鑑賞:2011/6/13 jumee☆movie1a TOHOシネマズ 錦糸町
2011年 37本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」★★★★☆ 無謀な作戦とド派手アクションでストレス解消にぴったりっ

特攻野郎Aチーム THE MOVIE ポスター

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 観ました~!




Aチームの面々はこちら。
左から
司令塔のハンニバル役 リーアム・ニーソン
二枚目ナンパ男フェイス役 ブラッドリー・クーパー
喧嘩っ早い大男B.A.役クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
飛行機の天才操縦士だがイカレてるマードック役 シャールト・コプリー

リーアム・ニーソン 特攻野郎Aチーム THE MOVIEブラッドリー・クーパー 特攻野郎Aチーム THE MOVIEクイントン・“ランペイジ”・ジャクソ 特攻野郎Aチーム THE MOVIEシャールト・コプリー  特攻野郎Aチーム THE MOVIE

この映画でリーアム・ニーソンがえらい印象変わってるからびっくりした。
ついにニーソンも白髪のおじいちゃん役をやるようになったんだわ。。。

第9地区 シャールト・コプリー
ちなみにシャールト・コプリーは「第9地区」の主役の人だったーー!!
出てるんだ、メジャー作品に……
出るか、これだけ話題作品に出たら。


ジェシカ・ビールパトリック・ウィルソン
フェイスの元恋人役はジェシカ・ビール
この人好きなの~!
ヘルシーでキレイ。

悪役はパトリック・ウィルソン
すっかり悪者役が板について……



男ばっかりのばか騒ぎと派手なアクションがウリなので、内容的にはまぁ…ね。

こういう、頭使わずに楽しめる映画はやっぱいいよね。
サスペンスとか、暗いヒューマンとかは「よし見るぞ!」と思わないと観れない時があるけど、コメディとアクションはいつでも見れる。
いつでも楽しめる!ありがとう!

しかも嬉しいことに、なかなか良い出来なの。
結構ちゃんとまとまってて見応えある。
こういうのが大事だよね!
満足した~



「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」
(THE A-TEAM)
2010年 アメリカ 118分
鑑賞:2011/5/3 
2011年 22本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「英国王のスピーチ」★★★★☆ 吃音に苦しんだ実在の英国王を映画化

英国王のスピーチ ポスター コリン・ファース ヘレナ=ボナム・カーター ジェフリー・ラッシュ

アカデミー賞授賞式も終わったねぇ。
みなさま予想当たった!?
結果が分かってほっとしたような、もうちょっとお祭り気分を味わっていたかったような…

作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した今年の“優勝”作品、さっそく観てきたよー!!
「英国王のスピーチ」
オフィシャルサイトはこちら


 あらすじ
エリザベス現英国女王の父ジョージ6世の真実のストーリー。
英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男アルバート王子(コリン・ファース)は幼い頃から吃音症に悩まされており、人前で話すことを不得意としていた。大勢の医師にかかり治療を受けたが効果は見られず王子は治療を諦めかけていた。しかし妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)はある日噂を聞きつけ吃音治療を行うライオネル(ジェフリー・ラッシュ)に夫を診せることに。
英国王のスピーチ コリン・ファース英国王のスピーチ ジェフリー・ラッシュ
ライオネルは一介の町医者だが、最初は患者が王子であることに驚いたものの、治療中は堂々と王子に接し自分流の治療を始める。風変わりで一見効果があるとは思えない治療法にいったんは腹を立てた王子だったが、効果の兆しが見えた王子夫妻はライオネルと治療を続けることに。
英国王のスピーチ コリン・ファース ジェフリー・ラッシュ英国王のスピーチ コリン・ファース ヘレナ・ボナム=カーター ジェフリー・ラッシュ
その間にも王子を取り巻く状況は深刻になってくる。ジョージ5世が亡くなりその後を長男のエドワード8世(ガイ・ピアーズ)が王位を継ぐが間もなく退位。いよいよエドワード王子が王座に就く時期が迫る。一方イギリスはヒットラー率いるドイツ軍との開戦を避けられなくなっていた。
ついにエドワード王子がジョージ6世として立つ日が来る。戦争に突入するイギリス国民の心を一つにまとめるためにラジオの全国放送スピーチをしなければならない。
ジョージ6世は吃音を克服し、無事にスピーチを終えることができるのか…?
英国王のスピーチ コリン・ファース英国王のスピーチ コリン・ファース ヘレナ・ボナム=カーター ジェフリー・ラッシュ


描かれているのは、決して吃音症の治療だけじゃない。
ジョージ6世の苦難の人生が描かれてます。

吃音症のために周囲の人に責められ、軽んじられ、そのコンプレックスに悩み、それゆえに吃音症がさらに悪化し治癒しないという悪循環に嵌ってしまった彼。
責任感や正義感の強さがそのコンプレックスをさらに強めて、吃音のために自分の役目を果たせない自分に一番イライラしているのは彼自身だろうな。
そして、自分と違い吃音に悩まされず素晴らしいスピーチができるのに、無責任で自分の立場や政務を軽んじる
兄に人一倍苛立つ。
そういうジレンマがよく描かれていると思う。

普通は見えないロイヤルファミリーの影の部分や、ファミリーの各人にかかる重圧は並のものではないということに目を向けさせられる映画だった。



しかし、この映画はキャストがいいね。

英国王のスピーチ ヘレナ・ボナム=カーター
まず、エリザベス妃役によく
ヘレナ・ボナム=カーターをキャスティングしたなぁ。
癖の多い役が多かったのに、この役を任せるとはなんだかすごい勇気のような…。
でも彼女の別の一面が見れたような気もする。

英国王のスピーチ ジェフリー・ラッシュ
ジェフリー・ラッシュはライオネル役にぴったり。
というか、この雰囲気はラッシュにしか出せないでしょ。
なんとも安心感と親しみの湧くキャラクターに仕上がってます。

英国王のスピーチ コリン・ファース
主演のコリン・ファースはもちろんイイです。
ジョージ6世の苦悩がしっかり描けてるのは、彼の確かな実力と誠実さの表れだなぁと思う。

前はなんだか地味で印象に残らない俳優さんだったのに(「ブリジット・ジョーンズ」の時でさえあんまりパッとしなかった…)、今はホントに脂が乗ってる。
今後もっともっと活躍してほしい俳優さんの一人になったなぁ。


その他周りを固める俳優陣もなかなかいいところを押さえていて、もちろん抜群の安心感があり、さらにそれぞれに見応えが感じられる、素晴らしい仕上がり。


ストーリーが複雑すぎないので、メインのお題と俳優の演技をじっくり堪能できるのが最高。
じっくり考えて、味わってください。



「英国王のスピーチ」
(THE KING'S SPEECH)
2010年 アメリカ/オーストラリア 118分
鑑賞:2011/3/2 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 13本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



「メイド・イン・マンハッタン」★★★★☆ ラブコメのジェニロペはなんて可愛らしいの(*>▽<*)

メイド・イン・マンハッタン ポスター ジェニファー・ロペス レイフ・ファインズ

ムービープラスで、懐かしい映画が放送してるのを発見!
「メイド・イン・マンハッタン」 
この映画大好きなの

ホテルのメイドと議員の身分差ラブコメ。
主演はジェニロペレイフ・ファインズ
そのほか、惜しくも去年亡くなってしまったナターシャ・リチャードソン、そしてスタンリー・トゥッチボブ・ホスキンスという個人的にとってもお気に入りの名脇役が出演の、豪華な顔ぶれ。


 あらすじ
シングルマザーのマリサ(ジェニファー・ロペス)は、ニューヨークの5つ星ホテルで働く優秀なメイド。
ある日、ホテルに上院議員候補のマーシャル議員(レイフ・ファインズ)が宿泊に来る。ひょんなことからマリサを宿泊客のお金持ちの女性だと勘違いしてしまたマーシャルは、彼女を気に入ってしまう。
身分を偽ってしまったマリサは、彼に後ろめたさを感じながらも彼女も彼に惹かれてしまい、なかなか真実を打ち明けられずにいた。
メイド・イン・マンハッタン ジェニファー・ロペスメイド・イン・マンハッタン ジェニファー・ロペス ボブ・ホスキンス
メイド・イン・マンハッタン レイフ・ファインズ スタンリー・トゥッチメイド・イン・マンハッタン ジェニファー・ロペス レイフ・ファインズ


まぁ、まずツッコむべきはタイトルかな。
「メイド・イン・マンハッタン」
ダジャレ(in英語)かよ!?


ジェニファー・ロペス
ザ・セレブなジェニロペがメイドなんて…!

でもとってもハマってる
ジェニロペの演技っていいよね。
すごく親しみの湧く女性像を見せてくれるんだよ


レイフ・ファインズ
そして、お相手はレイフ・ファインズ
颯爽としてて真摯で知的で、いかにもお坊ちゃんぽい二世議院役がピッタリ


主役の二人だけでも十分号がだけど、脇を固めるヒトたちも実力派ばっかりでとっても贅沢
その中には、私の大好きなスタンリー・トゥッチボブ・ホスキンスもおります。
そして、去年惜しくも亡くなってしまったナターシャ・リチャードソンもコメディエンヌぶりを披露してます。
スタンリー・トゥッチボブ・ホスキンスナターシャ・リチャードソン

どのキャラもいい味が出ていて楽しい。

劇場公開ではボックスオフィスが振るわず「興行的に失敗」と言われているけど、個人的にはすごくスキ!!
私の周りでも評価は結構高いんだよ!

オススメ作品の1本ですよ。
機会があったらぜひ観てみてね



「メイド・イン・マンハッタン」
(MAID IN MANHATTAN)
2002年 アメリカ 105分
鑑賞:2010/10/4



自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«08月 | 2017年03月 | 09月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。