DATE : 2009年10月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベオウルフ/呪われし勇者」★★ CGはリアルですごいけど…

ベオウルフ/呪われし勇者 ロバート・ゼメキス


フルCG映画「ベオウルフ/呪われし勇者」観ました。

劇場版のCMをテレビで流してる頃から、
アンジェリーナ・ジョリーやアンソニー・ホプキンスまで出しておきながらなぜわざわざCG…
と、作品の大本から理解不能だったので、今まで放置しておりました…
でもまぁWOWOWで放送してたので、とりあえず観賞。

 あらすじ
「ベオウルフ(Bēowulf)」は英文学最古の文献で、英雄ベオウルフの冒険を描いた叙事詩だそうです。
デンマークを舞台に、壮年のベオウルフが村を襲う巨人グレンデルの腕をもぎ取って撃退する第1章と、王となった老年のベオウルフが、国を襲ってきたドラゴンと闘って刺し違える第2部の二部構成。
(→詳しくはWikiで)

ベオウルフ アンジェリーナ・ジョリー 映画の筋も大体そんな感じだけど、大きく違うのは
グレンデルとドラゴンが同じ母親から生まれた怪物で、映画にはこの母親が登場すること。
←その母親がアンジー
彼女が物語の鍵を握るキャラクターで、ベオウルフは彼女との関係によって、この映画ではただの英雄ではなく「過ちを犯して老年までずっと苦悩し続ける男」というキャラクターになってます。
まぁ大体想像はつくだろうけど、何が過ちなのかは映画を観て確かめてくださいまし。
 


さて、先ほども書いたけども、この映画の最大の問いかけ
それは
なぜCGにしたのか?ということ。

この映画の監督と製作を手掛けているのはロバート・ゼメキス監督。
アカデミー作品賞・監督賞にも輝いた「フォレスト・ガンプ/一期一会」の監督でもある、まぁ巨匠。
(ちなみに「フォレスト・ガンプ」で主演男優賞を獲ったトム・ハンクスとは気が合うらしく、その後もハンクスが主演の「キャスト・アウェイ」「ポーラー・エクスプレス」でも監督を務めてます。)
作風は、トム・ハンクス主演するようなヒューマン系を作ったかと思えば、パリスも出演している「蝋人形の館」「ホワット・ライズ・ビニース」、ちょっと昔だけど「永遠(とわ)に美しく…」の監督を務めたり、監督以外でも「13ゴースト」「ゴーストシップ」 「モンスター・ハウス」なんかの、B級感漂う、本格CG系ホラー作品を何本も手がけていたりもします。



で、まぁ「ベオウルフ」も後者の流れをくんでいるワケですな。
さすがはロバート・ゼメキスで、CGの完成度は非常に高い!
シーンによっては人間のCGでさえ実写と見まごうほどの出来。
これほどリアルに人間を描写できるようにまでなったか~、すげーなCG…
と諸所に嘆息ポイントが。

ベオウルフ ベオウルフ アンソニー・ホプキンス ベオウルフ ベオウルフ ベオウルフ アンジェリーナ・ジョリー

リアルな人間にこだわるあまりか、俳優本人に激似なキャラクターがチラホラ。
アンジー、アンソニー・ホプキンスはまんま本人です!!
なぜこんなに激似っていうと、モーションキャプチャーで俳優の動きをスキャンしているから。
ほら↓
ベオウルフ アンジェリーナ・ジョリー こんなにいっぱい顔にくっつけてスキャンすりゃ、そりゃそっくりだよな~………

っつか、だったら実写でよくね…??

せっかくアンジーなのに。せっかくアンソニー・ホプキンスなのに!!
CGのほうがアンジーのヌードシーン作りやすかったからか…?
でもあれだけ自分とそっくりの顔のキャラが脱いでたら、アンジー的には気分は一緒だと思うんだけどなーー。
ベオウルフ アンジェリーナ・ジョリー ←本物より若干顔が肉厚&若い。
肉厚はクリエーターの好みか…

巨人やドラゴンがでてくるからCGにうってつけの作品!なのかもしれないけど、それってあまりにもステレオタイプ。逆に面白みがない。
ファンタジーな歴史モノでCGだとゲームっぽく見えちゃうし。
巨人やドラゴンのようなクリーチャーは、実写の中に本物みたいなCGを入れるからさらにリアルさが増して「まるでファンタジーの世界に実際に入り込んだ」みたいな感動を与えるんであって、全部が作り物のCGだと逆に世界が遠のいちゃう。
人間もリアルに描けるまでにCG技術が進化したのはよくわかったから、それはゲームのムービーなんかで発揮してちょうだい。映画に使うならもうちっと捻っておくれ。


ストーリーもミョーに中途半端で(歴史的叙事詩である原作がもともとそうだったのかもしれないけどさ)、映像もストーリーもしっくり来ずで、結果失敗作かな~~…という気がしてならない。

てことで、CGの進歩はごちそうさま。
他は…まぁそうっとしておこう。。。


「Beowulf」
2007年 アメリカ 114分
鑑賞:2009/10/25 
2009年 131本目/目標150本




スポンサーサイト
自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«09月 | 2009年10月 | 11月»
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
76位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。