DATE : 2009年11月06日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風が強く吹いている」★★★★☆ 箱根駅伝を熱く走り抜ける

風が強く吹いている


今週3本目の劇場観賞。
日曜日から水曜日にかけて4日間で3本映画を観に行くという暴挙を成し遂げてしまった…
映画ファン的には幸せだけど、一般人(普通の社会人?)としてはさすがどうなんだろう…タラ
反省。


さて今作は、ずーっとずーっと楽しみに待っていた 「風が強く吹いている」 アップロードファイル
原作は本屋大賞で3位をとった三浦しをんの同名小説。
すでに漫画化・ラジオドラマ化・舞台化もされてます。

ポスターをご覧の通りのスポーツ映画。
ボロい学生寮に住む(陸上初心者も含む)10人の男子が箱根駅伝に挑むというストーリー。

 あらすじ
走るために生まれてきたような、走ることへの才能と欲求をもつ蔵原走(くらはらカケル)と、彼に出会いついに箱根駅伝出場に踏み切る清瀬灰二(きよせハイジ)。
この二人を牽引役に、寛政大学のボロ寮「竹青荘」通称"あおたけ"に住むバラエティ豊かな10人の学生が箱根駅伝への出場を目指して走る毎日を送り始める。


私は三浦しをんが好き。
小説「風が強く吹いている」ももちろん大好きなんだけど、たくさん出ているエッセイも好き。
彼女はとってもオープンで面白い人物で、日々の生活や妄想を面白おかしく赤裸々に書いたエッセイはかなり楽しく読めます。
ちなみに彼女の好きなものは
読書とヴィゴ・モーテンセン「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルン)と男性の胸毛

このように作者にも原作本にも思い入れたっぷりの作品なので、純粋に映画を楽しむ態勢はすでに放棄しました。
ただただ原作の魅力を損なわない映像化だけを祈ってたんだけど、そういう意味では今回の映画はかなりヨイです

まず、カケルという天性のランナーを演じた林遣都
風が強く吹いている 林遣都 彼は今18歳(12月で19歳かな?)という若人ですが、最近どんどん映画やドラマで活躍してるのを見かける成長株です。
映画デビューの「バッテリー」や男性飛び込み競技を描いた「ダイブ!!」など、スポーツものによく出てる。体もめちゃめちゃ引き締まってて、たぶん相当運動できるなって感じの俳優さん。
カケルにぴったり。
実際に映画の中での走りも他のランナーと比べ物にならないくらい軽快。まさしくカケル。
しかも顔が幼くてまっすぐなスポーツバカっぽいところもまさしくカケル(笑)


そしてこの作品でたぶんもっとも大事なキャラクター、ハイジさんを演じる小出恵介
風が強く吹いている 小出恵介 今回のランナー役のために減量したとかで、今までと顔がちょっと違うかな?
それに今までは善良だけどちょっと弱っちい役柄が多かったけど、今回の役は新しい分野を開拓してるんでない!?
温厚で優しくて、いつも笑顔で寮のメンバーの世話を一手に引き受ける頼もしきリーダー。だけど過去には故障という大きな挫折を経験していて、羨望や諦めを抱いている。冷静沈着でのらりくらりとしているけど、走りに対するこだわりと情熱は人一倍強い、実はアツい奴。
そんな奥深いキャラクターをちょっとコメディ要素の漂う作品の中で表現していると思う。
しかも原作ではそんな設定はなかったと思うんだけど、映画ではちょっと洒落者(?)で外見がちょっとチャラい。
でも、走りに対するこだわりと情熱は人一倍!!

やー、やばい。
かっこいい、小出恵介!!
パンダ照パンダ照パンダ照 
ぜったい雰囲気変わった!
じゃなきゃ蔵之助といっしょにこんなスーツのCMには出ないでしょ!


あとこんな缶コーヒーCMにも!
 

やっぱギョーカイも小出恵介の脱皮を認めているんだわ!きらーん


映画は、コミカルな要素も取り混ぜつつ、スポーツとして、全国的に有名なイベントとしての箱根駅伝の緊張感も表現されていて、それも良い!
箱根駅伝に興味のなかった人も、来年から見る目が変わること間違いなし!

風が強く吹いている 小出恵介 林遣都


この作品を堪能するなら、ベストはやはり原作も併せてお読みいただくことでございます!
映画ではサラッとはしょられてしまった部分にも原作ではたくさんドラマが詰まっているので、あまさず堪能するなら絶対に読むべき!

観賞は、ぜひ箱根駅伝前で!!
しかも直前じゃなくてちょっと前に見て、箱根駅伝までの時間を「今頃選手たちは興奮と緊張を胸に最終の調整や追い込みに余念がないハズ…!」と自分も緊張感とワクワク感を味わってから本番を迎えるのがベストグー


「風が強く吹いている」
2009年 日本 111分
鑑賞:2009/11/4 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2009年 136本目/目標150本







スポンサーサイト

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」★★★★☆ マイケルの愛に包まれる

マイケル・ジャクソン THIS IS IT


観てきたよ~~ 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
8歳でデビューし、アメリカひいては世界の音楽業界で第一線として活躍し続け、今年6月に50歳で没した"史上最も成功したエンターテイナー"(ギネスで認定)マイケル・ジャクソン
彼の、幻となってしまった最新ライブのリハーサル映像を編集して作られた映画。

ちなみにマイケルは完璧主義者でもあったので、今までこのようなリハーサル映像が公開されることはほとんどなかったそうです。
そういう意味でもレアな映画。

てろてろちゅういこれから観に行こうと思ってる方はご注意!
2週間限りの公開ということもあって、劇場は混んでました。
席も何日か前に予約をしないと取れないかも、というくらい早めに売り切れてしまってるみたい。



お恥ずかしながら、私はマイケル・ジャクソンをそんなに知りませんでした。
事前の知識といえばスマステで偶然やっていたマケル特集を見たことと、映画なんかで使われる映像くらい…。
13 ラブ 30 ゲイリー・ウィニック ジェニファー・ガーナー マーク・ラファロ 個人的には、ジェニファー・ガーナー主演のファンタジー・ラブコメ「13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ」(アメリカではスマッシュヒットだったらしいけど、日本では劇場未公開)がとっても印象的。
13歳のヒロインの精神が突然30歳のキャリアウーマン(で性格悪い)の自分の体にタイムスリップ(?)してしまうという映画。会社のパーティが盛り上がりに欠けているのを見て、(13歳の精神の)彼女はマイケルの「スリラー」をかけて踊ったらパーティー客に大ウケで結局みんなで群舞。というシーンがあるのです。

あとは最近のゴシップをちょこちょこ耳にしている程度。


そんなマイケル初心者でも楽しめる映画。
映画というか、ライブビデオに近いかな。


冒頭はライブで踊るダンサーたちのインタビュー。
彼らはみんなマイケルに心酔するファンたちでもあり、彼らのコメントを聞きながら、こういうマイケルシンパが作り上げるちょっと閉塞的なライブかな…なんて思ってました。
"キング・オブ・ロック"と崇められるマイケル・ジャクソンと同じステージに立てるなんて!と彼らはきっと興奮と委縮の連続じゃあるまいか。
(マイケルって整形していてちょっと顔がコワイし、大物アーティストだし、変った人っぽい(勝手に想像)ので、かなり近寄りがたい…)
そんな環境で良いパフォーマンスが出来るもんかね~ムム…
と、勝手にダンサー諸君を心配。。。

でも、まずマイケルの音楽とダンスの実力を見て、ダンサーたちの尊敬を共感。
そしてライブの音楽や演出への強いこだわり、鋭くも冷静な指示出し、真摯な振る舞いを見るにつけ、最初の「こわい」とか「近寄りがたい」イメージが翻されます。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン THIS IS IT マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン

終盤の環境保護を訴える曲のシーンや、最後にライブのキャスト・スタッフで円陣を組んでの気合入れのシーンでの「観客を未知の世界に連れて行こう」というマイケルのセリフは、マイケルの観客や世界に対する愛情がすごく表れててかなり感動!

観終わって、
「あぁ、マイケルの大きな愛に包まれてるな~」
とかガラにもなく思っちゃいましたょ… むぅ・・・
本番のパフォーマンスが永遠に観れないことがすごく残念!!!
ライブのチケットを手に入れていた人は尚更だろうなぁ。


惜しい人を亡くしたけど、老後のマイケルって全然想像できない…
マイケルに老後(引退後の余生)ってあるのか? 
彼は一生音楽とダンスにかぶりついていそうだから、一生現役っぽいけど、足腰立たなくなって踊れなくなったマイケルも想像できない.....

不思議な人だ。


先ほど「ライブビデオっっぽい」と書いたけど、それはあくまで作品の造りの話であって、決して内容がホームビデオ向きと言っているわけではないです!
むしろ劇場の大きなスクリーンで見ると本物のライブを見ているような感覚が味わえるので、
劇場観賞がおすすめ!!


マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン


* * * * * * * * * * 追加 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

マイケル・ジャクソン 嬉しいお知らせが舞い込んできました!

大好評につき、
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
が上映期間延長!!

したそうです~キラキラ

詳しくはコチラ観てね~ハート 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



「THIS IS IT」
2009年 アメリカ 111分
鑑賞:2009/11/3 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2009年 135本目/目標150本




自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«10月 | 2009年11月 | 12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。