DATE : 2009年12月29日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インクレディブル・ハルク」★★★ 前のよりはもちろん良い出来

インクレディブル・ハルク エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス

「インクレディブル・ハルク」観ました。
自分が被験者になった実験の失敗で、興奮すると人では考えられない怪力を持つ緑の巨人に変身してしまうようになった科学者ブルースの話。
アメコミヒーローの一人、いわゆる"超人ハルク"の映画。


 あらすじ
科学者のブルースエドワード・ノートン)は恋人ベティリヴ・タイラー)の父親であるロス将軍ウィリアム・ハート)の指揮のもと行われていた研究の実験で被験者となった。しかし実験中に事故が起こり多量のガンマ線を浴びてしまったブルースは特殊な能力を持ってしまう。
その能力とは興奮すると身体が緑色に変化し巨大になり、怪力を持つモンスターになってしまうというものだった。モンスターになっている間は我を失い暴れてしまうブルースは、その間の出来ごとを覚えていなかった。
変身している間にやった破壊活動のために警察から追われ、またブルースの能力を軍事目的で利用しようと考えるロス将軍からも追われる身となったブルースは、彼らから逃れて潜伏する。
ブラジルで潜伏中のブルースは、なんとか治療を試みようと自分の血液を研究し続け、匿名でアメリカの科学者にも意見を求めていた。
しかしあるとき居場所がばれてしまい軍の追手が迫り、追いつめられたブルースは変身し彼らを倒す。
次の追手が来る前になんとか治療をしたいブルースは、アメリカの科学者に助力を求めようとひそかに帰国する。
そこでかつての恋人ベティと再会する。


ハルク アン・リー エリック・バナ ジェニファー・コネリー 有名で人気もあるアメコミヒーロー"超人ハルク"の映画化は2003年にやったばっか。

←2003年作「ハルク」 
主演のハルク役がエリック・バナ、恋人役はジェニファー・コネリーで、監督がアン・リー
アン・リーは基本ちょっとドロドロもありの人間ドラマが多い監督。
いくらアクション映画「グリーン・ディスティニー」も手掛けたとは言っても、アメコミはあまりにも趣が違いすぎたようで……

結果は大コケ...panda
前に観たけど、確かに面白くなかった。。

しかしこうやって間を空けずにリメイクされるところを見ると、どうやらマーベルコミックス的には相当納得行ってなかったんだね(苦笑)

で、今回は満を持してって感じなのかな。
トランスポーター ルイ・レテリエ リュック・ベッソン ジェイソン・ステイサム トランスポーター2 ルイ・レテリエ リュック・ベッソン ジェイソン・ステイサム アレッサンドロ・ガスマン ダニー・ザ・ドッグ ルイ・レテリエ ジェット・リー モーガン・フリーマン ボブ・ホスキンス

監督はルイ・レテリエ
大ヒット作「トランスポーター」シリーズの1,2や、
個人的に結構好きな映画「ダニー・ザ・ドッグ」の監督さん。


エドワード・ノートン リヴ・タイラー キャストの方は、
主演はエドワード・ノートン
恋人役はリヴ・タイラー


エリック・バナ ジェニファー・コネリー 前作のエリック・バナジェニファー・コネリーも別にそんなにマイナーな俳優さんではなく、特にジェニファー・コネリーは若い頃大ブレイクして、ここ数年でまた確実にキャリアを積んでる女優さん。

そこから比べると、また多少はランクアップのキャスティングだけど、そこまですげぇぇぇ!ってなるほどのグレードアップでもない。気がする。
ただ、日本での知名度で考えるとここら辺がセーフとアウトの境目なかんじ…



んで、出来の方は、ちゃんとアメコミらしい仕上がりになってましたよ。
アクションありーの、懊悩と葛藤のヒーローありーの、愛しのマドンナ(恋人)ありーの。
別に演技派エドワード・ノートンでなくても良かったんじゃないかって気もするけど、まぁ科学者というインテリ感を出したかったのならノートンでも悪くはない。かな。

インクレディブル・ハルク ティム・ロス 印象的だったのは、ティム・ロス
小柄なのに優秀な軍人で、だけどもうそろそろいいトシになってきたし体力的にキツイっすという中年の哀愁漂う男を演じてます。
その妙にコミックぽくないリアルさと、「おれもハルク(みたいに、体力なんか気にしないくらいパワフル)になりてぇ!」と言って大暴れする、加齢への反発の執念の強さが
コワ…


全体的な出来はまぁまぁというところかな。
同じマーベルコミックス作品の「スパーダーマン」「X-MEN」のなんかの大ヒット作品に比べると、やはり見劣りが…


映画の最後に、同じくマーベルコミックスの人気映画「アイアンマン」のキャラクタートニー・スタークロバート・ダウニー・Jr)が登場。
番宣のための外回り営業。
ロス将軍と「もしやクロスオーバーやる?」とファンを期待でやきもきさせる思わせぶりな会話を交わして終了。
ホントにクロスオーバーしたらすごいよな。。



「インクレディブル・ハルク」
(THE INCREDIBLE HULK)
2008年 アメリカ 112分
鑑賞:2009/12/3 
2009年 152本目/目標150本




スポンサーサイト
自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«11月 | 2009年12月 | 01月»
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
75位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。