DATE : 2010年02月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「つみきのいえ」★★★★☆ カールじいさんて…コレのパク○……??

つみきのいえ ポスター 加藤久仁生

もうすぐアカデミー賞!ってことで、この時期は前年の受賞作がたくさん放送される。
てことで、去年のアカデミー賞短編アニメ賞を受賞した
加藤久仁生監督の 「つみきのいえ」 観ました。

12分の短編映画。
セリフは一切なし。


 あらすじ
あるところに老人が一人で住んでいる。彼の家は海(?)の中に建っていて、家の床には地下室のように穴が開いていて、床のハッチを開けて家の中で釣りができるような状態だ。
つみきのいえ
ある朝おじいさんが目覚めると家の中が浸水していた。おじいさんは今住んでいる家の屋上に上ってレンガを積み新しい部屋を作り始める。
つみきのいえ つみきのいえ
水面は年々高くなってきて、おじいさんは床が浸水するたびに1階上に部屋を作って移り住んできており、水面の下を見ると家は細い塔のようになっている。この辺りの家はすべてそういう風にしてどんどん上に上に建て増してきた家ばかりだ。階が増すにつれて近所の家の数はだんだんと減ってゆき、昔は街だったおじいさんの家の周りも今は家がぽつりぽつりとあるだけになってしまっている。
つみきのいえ つみきのいえ
水に沈んだ部屋からひとつ上の階へ家具を運んでいる途中で、おじいさんは愛用のタバコパイプを水の中に落としてしまう。パイプは開けっ放しだった床のハッチから下の階へ沈んでいってしまう。おじいさんは近所の人にダイビングスーツを借りてパイプを探しに海に潜る。
つみきのいえ つみきのいえ
ハッチを通って下の階まで潜りパイプをみつけたおじいさん。ふと周りを見回すとそこには数年前の部屋がそのまま残されていた。そこはおじいさんが病床のおばあさんとの最後の時間を過ごした思い出の詰まった部屋だった。
不意に家族との過去を思い出したおじいさんは、そのまま床のハッチを降りて一つ一つ下の階に降りて行き、家族の思い出を遡ってゆくのだった。
つみきのいえ つみきのいえ


孤独なおじいさんを象徴するように、セリフは全くなし。
無言のまま12分間が過ぎます。
海の中に建つ家という独創的な発想と、孤独な老人、家族の思い出という普遍的なテーマをうまく組み合わせて、伝えたいことはちゃんと全部伝わってきてるのが、やっぱりさすが。


余談だけど、カールじいさんの空飛ぶ家 ポスター ピクサー  セリフなしアニメと言えば、最近のピクサー作品。
「ウォーリー」の前半部分とか「カールじいさんの空飛ぶ家」のおばあさんとの回想シーンを思い出す。

そうして思い出してみると、「カールじいさん~」の回想シーンがすごく「つみきのいえ」にリンクするんだよね。。
「つみきのいえ」の方がずっと荒削りだけど、要素としてはかなり似てるんじゃなかろうか…
ちょっと……パ○リ…………?
って思っちゃうくらい。



「つみきのいえ」
(LA MAISON EN PETITS CUBES)
2008年 日本 12分
鑑賞:2010/2/13
2009年 7本目/目標120本




スポンサーサイト
自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«01月 | 2010年02月 | 03月»
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。