DATE : 2010年07月20日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「借りぐらしのアリエッティ」★★★☆ こんどのジブリの出来は…?

借りぐらしのアリエッティ ポスター 宮崎駿 ジブリ

「借りぐらしのアリエッティ」観てきました
ジブリ最新作

原作はメアリー・ノートン「床下の小人たち」
企画・脚本は宮崎駿、監督は米林宏昌


「床下の小人たち」は、向こうでは過去に何度か映像化されているみたい。
1992年作「床下の小さな住人たち」(イギリス)はテレビ映画で、イアン・ホルム(「ロード・オブ・ザ・リング」のホビットのバギンズ役など)出演の200分の長作。
もう1本の1997年作の「ボロワーズ/床下の小さな住人たち」(アメリカ・イギリス)は、ジョン・グッドマン(ハリポタのハグリット)やジム・ブロードベント(同じくハリポタのスラグホーン教授)が出演。

なんだかファンタジーな人々が勢ぞろい(笑)



 あらすじ
アリエッティ(志田未来)とその両親(三浦友和大竹しのぶ)の3人の小人は、自然のあふれた丘の上にあるある人間の家の床下でひっそりと生活しており、時々人間の家に忍び込んでは、角砂糖やティッシュなどを借りてきて暮らす“借りぐらし”をしていた。
彼らの掟は「人間に見られてはならない」。人間に存在が知れてしまったら引っ越さなければいけないのだ。
借りぐらしのアリエッティ借りぐらしのアリエッティ借りぐらしのアリエッティ
ある日アリエッティは、その家に越してきた病弱な人間の少年・翔(神木隆之介)に姿を見られてしまう。
人間との関係を絶つように親から厳しく言われたアリエッティだったが、小人に興味を持ち交流を持とうとする翔に惹かれるものを感じる。
そんな中、この家のお手伝いのハルさん(樹木希林)も、小人の存在に気づき始め、なんとか小人を捕まえようと翔の様子を窺っていた。
借りぐらしのアリエッティ借りぐらしのアリエッティ


映像はきれいだし、自然いっぱいでちょっと懐かしい日本の風景がいっぱい。
いかにもジブリで、ファンは
「あ~、この世界に戻ってきた~
って幸せになれるんじゃないかな。

ストーリーはかなりシンプルで、この上映時間ではちょっと物足りないかもな…。
小人の世界がゆったりと鮮やかに描かれているけど、どのシーンも以前のジブリ作品で見たことあるなって思わせてしまうのが残念。

今までの作品でジブリらしい世界観というのはほとんど描かれきったから、目新しい映像なんてムリだよってこと…?
そんなこと言わないで、
ファンが待ってる新しい世界をぜひ見せてほしいな!!
宮崎駿という偉大な壁を越えて、これからも観る人を飲み込むような新しい世界観を表現してほしい。

スタジオジブリ、頑張ってください!
期待して待ってるよ!! 




「借りぐらしのアリエッティ」
2010年 日本 94分
鑑賞:2010/7/18 jumee☆movie1a 新宿ピカデリー
2010年 37本目/目標120本


スポンサーサイト
自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«06月 | 2010年07月 | 08月»
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。