DATE : 2011年01月09日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的&タフ、でも昔はセクシー女優でもあったんだね。ジョディ・フォスター @ 麗しの女優紹介

2011年最初のとくしゅーは…

ジョディ・フォスター。
「アンナと王様」のレビュー書くときに彼女の画像を探したら彼女のいろんな顔を再発見できたので、ここに載せちゃう。


まさしく知的でタフな女性のイメージを代表する女優さん。


ジョディ・フォスター
ジョディ・フォスター



ジョディ・フォスター

ジョディ・フォスター

ジョディ・フォスター


ジョディ・フォスタージョディ・フォスター
ジョディ・フォスタージョディ・フォスター
若いころのほうが肉感的で妖艶なかんじ…?


ジョディ・フォスタージョディ・フォスター


ジョディ・フォスタージョディ・フォスタージョディ・フォスター
ジョディ・フォスター
こんな一面も…笑

ジョディ・フォスター ミシェル・ファイファー メグ・ライアン
スター女優そろい踏み。(左:ミシェル・ファイファー、右:メグ・ライアン


ジョディ・フォスタージョディ・フォスター 
「タクシードライバー」

告発の行方 ジョディ・フォスター告発の行方 ジョディ・フォスター
「告発の行方」

羊たちの沈黙 ジョディ・フォスター羊たちの沈黙 ジョディ・フォスター
「羊たちの沈黙」

ネル ジョディ・フォスターネル ジョディ・フォスター
「ネル」
インサイド・マン ジョディ・フォスターブレイブ・ワン ジョディ・フォスター
左:「インサイド・マン」  右:「ブレイブ・ワン」


ジョディ・フォスタージョディ・フォスター
ジョディ・フォスター



スポンサーサイト

「アンナと王様」★★★★ ジョディ・フォスターとチョウ・ユンファ、まったく立場の違う二人のロマンスドラマ

アンナと王様 ポスター ジョディー・フォスター チョウ・ユンファ

いまさらですが、「アンナと王様」 観ました。
2011年1本目~!
シャムの国王とイギリスから来た女性家庭教師の恋物語。
女性教師はジョディ・フォスター、王様はチョウ・ユンファ
1956年の「王様と私」のリメイクです。

 あらすじ
19世紀シャム王国。モンクット王(チョウ・ユンファ)は英語や近代科学を学ぶ進歩的な王で、子供たちにも西洋の学問を学ばせるため、イギリス人女性教師のアンナ(ジョディ・フォスター)を招聘する。未亡人のアンナは息子とともにシャムでの生活を始める。
モンクット王には大勢の妻と子供がおり、アンナはシャムという異国と王室という慣れぬ環境のなかで、王と衝突したり理解し合ったりしながら次第に親交を深めてゆく。
アンナと王様 ジョディー・フォスター アンナと王様 チョウ・ユンファ
アンナと王様 チョウ・ユンファアンナと王様 トム・フェルトン
アンナと王様 ジョディー・フォスター チョウ・ユンファ


監督はアンディ・テナント
調べてみたら、意外にも「エバー・アフター」「メラニーは行く!」「最後の恋のはじめ方」、最近だと「バウンティ・ハンター」など、ポップなラブコメを手掛けてる監督さんでした。
こういうシックな感じのもいけるんだね~。


シャムはタイの旧名。
モンクット王(ラーマ4世)は自由貿易の推進や仏教の改革を行った王様。
モンクット王が西洋の教育を受けさせた息子のチュラーロンコーン王(ラーマ5世)は奴隷制度廃止や教育制度の改革、軍隊の近代化などの「チャクリー改革」を推し進めた王様。
チャクリー改革は日本の明治維新とも時期が近く、比較されることもある改革なんだって。


ジョディ・フォスター
ジョディ・フォスター。いいねぇ。
やっぱりきれいだよね。
特にこの映画の頃は若いので、今はものすごい威圧感がこのころはまだそんなでもない…
気がする。

チョウ・ユンファ
チョウ・ユンファは、優しくて威厳のある王様にぴったり。
ご覧のとおり笑顔がとってもキュートなので・笑

一番最近見た彼は「パイレーツ・オブ・カリビアン」で妙な化粧をしてたけど…
あと、怖くてまだ観る気になれない「DRAGONBALL EVOLUTION」(ハリウッドの実写版ドラゴンボール)では亀仙人らしい。。。
ううう……


アンナと王様 ジョディ・フォスター トム・フェルトン
おまけでいうと、ハリポタのマルフォイことトム・フェルトン君のあどけない姿も。
かわいいです。
まさかデス・イーターの一員になっちゃうなんて信じられないッ!

あとは、中国のセクスィー女優バイ・リンも出演。
バイ・リンらしからぬ純情な役。
坊主頭を披露してます!


恋愛映画というほどラブラブはしてないんだけど、二人のストイックさとチョウ・ユンファと子供がいっぱい出てくる和やかさが、大人で穏やかなドラマに仕上げている映画だなぁって思うのです。

最後、二人の恋が成就してしまう感じになるのは、個人的にはどうなのかと思わなくもない。
立場をわきまえて最後まで成就しない恋でも良かったんじゃないかなーと思うんだけど…

まぁとにかく、二人の共演が良い感じで、ナイスキャスト。
シャムという異国の地の雰囲気がまたよい感じ。
タイ行きたくなる~~


「アンナと王様」
(ANNA AND THE KING)
1999年 アメリカ 147分
鑑賞:2011/1/1
2011年 1本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«12月 | 2011年01月 | 02月»
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
75位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。