DATE : 2011年01月15日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロビン・フッド」★★★★★ 12世紀イギリスの庶民のヒーローを描いたアクションドラマ

ロビン・フッド ポスター リドリー・スコット ラッセル・クロウ

やっと~!!
「ロビン・フッド」 観てきましたーー!!
イギリスのアウトローヒーロー“ロビン・フッド”が、監督リドリー・スコット、主演ラッセル・クロウ「グラディエーター」コンビで復活。
共演はケイト・ブランシェット

内容的には、ロビン・フット・ビギンズって感じだったよ。


 あらすじ
12世紀イギリス。弓の名手ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、ひょんなことから遠征先で命を落とした田舎の農村ノッティンガムの領主ウォルター・ロクスリー(マックス・フォン・シドー)に頼まれ、領主の息子ロバート・ロクスリー(ダグラス・ホッジ)のふりをすることになる。
一方、遠征先で命を落としたリチャード王の後を継いだ弟のジョン王は税の取り立てを厳しくし、貧しい村々は圧政に耐え兼ね反乱を起こそうとしており、国は内乱寸前であった。しかしフランスがイギリス侵攻を企てており、イギリスはかつてない危機を迎えていた。
そんな中、ロビンは王に国民を圧政で縛らず自由を法律で認めることを約束させるかわりに王への忠誠を誓い、国を一つにまとめてフランスの侵攻を食い止めるため、反乱軍と国王軍を一つにまとめる。



シャーウッドの森に潜んで、たびたび村に出てきては代官や領主の圧政に苦しむノッティンガムの民衆たちを救うアウトローヒーローになるロビン。
なぜ彼がそうなったかという来歴的な内容です。


ロビン・フッド ラッセル・クロウ
ラッセル・クロウは歴史もの似合うね。
なんか現代ものよりカッコ良く見える…?


ロビン・フッド ケイト・ブランシェット
一方のケイト・ブランシェットも歴史ものが似合う。
モダンなファッションももちろん似合うんだけど、歴史ものもばっちりの顔立ちだよね、
しかもスタイルが良くて顔が小っちゃいので、立ち姿が絵のように美しい


そのほかにも、観たことあるかも…っていう方々がちらほら。

ロビン・フッド マーク・ストロング
自国を裏切りフランス軍を手引きするイギリス人ゴドフリーは
マーク・ストロング
最近、いくつかの作品で重要な役柄で見かける。
「シャーロック・ホームズ」の悪役とか「ワールド・オブ・ライズ」とか。
「ワールド~」は、髪の毛とヒゲのある役だったから雰囲気違いすぎて気づけなかった…

ロビン・フッド ウィリアム・ハート
こちらはベテランの名優
ウィリアム・ハート
国王の側近役。

ロビン・フッド ダニー・ヒューストン
こちらも全然気づけなかったダニー・ヒューストン
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」とかに出てたのに。
全く、全然、ちらっとも気づかなかった。


ロビン・フッド リドリー・スコット ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット
監督は名匠リドリー・スコット!!
大好きな監督さん
この人の撮る歴史ものはなんでこんなに重厚で壮大でかっこいいんだろう…
エンタメとしてのエキサイティングさとわかりやすさを維持しながら、品格があって映像も美しいのでミーハーにならない。

ラッセル・クロウとは「グラディエーター」(2000年)以来5本目。
ゴールデンコンビだね。



この映画は、「物足りない」と思う人もいるかもしれない。
ロマンスやコメディ要素が諸所に盛り込まれていて、戦いのシーンがそんなに充実しているわけではないから。
それにビギンズだから、いわゆる“ロビン・フッド”の、アウトローなヒーローという場面はほとんど描かれてないから。

でも、私はなんだか満足できてしまった。
なんだろう、私のツボをくすぐってくれる何かが色々散りばめられてたんだな、きっと。
ロビンとマリアンのほんわり恋愛もいい感じだったし、おじいちゃん(正確にはマリアンの義父ウォルター卿)のキャラクターもよかったし、ロビンの戦友の男たちやノッティンガムの神父のキャラクターもよかった。

この映画に激しい戦闘シーンを期待していた人には不満だろうけど、ほのぼの系の人間ドラマを観たい人にはいいんじゃないかなーって思うの。

人間ドラマ好きな人は、ぜひ見に行ってみてね!!



「ロビン・フッド」
(ROBIN HOOD)
2010年 アメリカ/イギリス 140分
鑑賞:2011/1/11 jumee☆movie1a TOHOシネマズ錦糸町
2011年 4本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト
自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«12月 | 2011年01月 | 02月»
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
125位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。