DATE : 2011年06月25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 すべての始まりはここから!

X-MEN:ファースト・ジェネレーション ポスター ジェームズ・マカヴォイ

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 観てきたーー!!!

私の大好きなシリーズの最初のエピソード。
宿敵同士のプロフェッサーXとマグニートーのなれそめを描いた作品が登場~!!




さっきも書きましたが、
私このシリーズ大好きでして!!
やーもー期待とテンションが

かつては友で同志だったのに今は宿敵になってしまったプロフェッサーとマグニートー。
シリーズの核となる彼らの出会いと決別を描いた物語。
それだけでテンションあがるでしょーー!!!
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー
プロフェッサー:ジェームズ・マカヴォイ
マグニートー:マイケル・ファスベンダー


もちろん今回も新しい仲間がいっぱい。
オリジナルシリーズからおなじみの面々との出会いも明らかになるよ~。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション ジェニファー・ローレンスX-MEN:ファースト・ジェネレーション ゾーイ・クラヴィッツX-MEN:ファースト・ジェネレーション ニコラス・ホルト
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ルーカス・ティルX-MEN:ファースト・ジェネレーション ケイレブ・ランドリー・ジョーンズX-MEN:ファースト・ジェネレーション エディ・ガテギ
左上から、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)、エンジェル(ゾーイ・クラヴィッツ)、ビースト(ニコラス・ホルト
ハボック(ルーカス・ティル)、バンシー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)、ダーウィン(エディ・ガテギ

こっちは大人(悪者)組。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ジャニュアリー・ジョーンズX-MEN:ファースト・ジェネレーション ジェイソン・フレミングX-MEN:ファースト・ジェネレーション アレックス・ゴンサレス
エマ・フロスト(ジャニュアリー・ジョーンズ)、アザゼル(ジェイソン・フレミング)、リップタイド(アレックス・ゴンサレス)。

いろんな能力を持つユニークなキャラクターたちがこのシリーズの最大の魅力だよね!

しかしキャスト豪華~~
ドラマ「マッドメン」でブレイクして今注目株のジャニュアリー・ジョーンズと、去年アカデミー賞にノミネートされたジェニファー・ローレンスを押さえてるあたりがサスガ。
ちなみに(上の写真じゃ当然わかんないけど)ビースト役のニコラス・ホルト君は、「アバウト・ア・ボーイ」のあの子だよ。ちょっと林遣都に似てない?輪郭が…?
あと、全然気づかなかったけど、エディ・ガテギって「トワイライト」の黒人バンパイアだった…びっくり。。。


そして悪の親玉はケヴィン・ベーコン
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ケヴィン・ベーコンX-MEN:ファースト・ジェネレーション ケヴィン・ベーコン
もうヒール役しか演じないんじゃないかってくらい、すっかり悪役キャラが定着した彼。
ここまで悪役いっぱい演じていると、本人も相当性格悪いんじゃないかとか心配になってしまう(苦笑)
まぁ、たしかに顔は酷薄そう(失礼)だもんね…。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション ローズ・バーン
ちなみに彼女も出てます。
ドラマ「ダメージ」とかの
ローズ・バーン
彼女は普通の人間。CIAエージェント。



さて。
今作はプロフェッサーとマグニートーのお話だけど、思った以上に二人の関係性が深く描かれててとっても満足。
老成したプロフェッサーからはうかがえないけど、若きチャールズはそれなりに世間をうまく渡っていくモテる青年って感じ。はっきり言って世間の荒波にそんなにさらされてこなかったお坊ちゃまキャラ。
対してエリック(マグニートー)は、幼いころに強制収容所に入れられ、セバスチャンに目の前で母親を殺された悲しみで力を発揮したことでセバスチャンに力を見込まれて、彼に育てられた男で、悲しみや憎しみ、絶望のなかで成長した青年。
同じミュータントとして人間からの疎外や偏見を受けてきた二人だけど、その生い立ちや考え方は正反対で、精神的に追い詰められているエリックはチャールズに「君には仲間がいる」と言われて救われたと感じるけど、結局彼らの出した結論は別々の方向に向かってしまう。

主人公はチャールズではなくてエリックだね。
彼がプロフェッサーの提唱する「人間との共存」を退けて、ミュータントが人間を支配する世界を作ろうとするマグニートーになった理由がよく描かれてるなぁ、と思う。

プロフェッサーは正義の味方で正しくて、マグニートーは悪者という単純な関係ではなくて、マグニートーとしては当然の結論が人間との敵対だったんだなぁって納得させられる。

アメコミって、時々結構深いんだよね。
スパイダーマンも予想外にストーリーがしっかりしててびっくりさせられたし。
いい仕事っぷり、さすが!



アメコミはあんあり…って人も、普通にドラマとして面白いからオススメ!
あ、まだシリーズを全然見たことない人は、最初から見てからこれ見てね!!



「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
(X-MEN: FIRST CLASS)
2011年 アメリカ 131分
鑑賞:2011/6/13 jumee☆movie1a TOHOシネマズ 錦糸町
2011年 37本目/目標100本
→allcinemaで詳しく見る



スポンサーサイト
自己紹介

まっつ

Author:まっつ
webのお仕事で食っています。
映画がないときっと死んじゃいます。その他、お絵かき、タイ料理、韓国料理が大好き。
主には鑑賞した映画の記録簿ですが、これを読んで映画をオモシロイと思ってくれる人が日本に一人でも増えたら嬉しいです。
映画仲間も増やせると嬉しいなーー!!
ブログや絵のご感想大歓迎です!



フォロー、友達歓迎です。
twitter facebook


自作でイラストを描いています
ご感想やご意見大歓迎! お気軽にコメントからどうぞ。

記事検索

カレンダー&月別で探す


«05月 | 2011年06月 | 07月»
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プルダウン 降順 昇順 年別

ケータイはこちらから!

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>

リンク

WOWOW

チケットぴあ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。